1949 昭和24年 ←前年 翌年→

【概況】
本塁打ブームの中で巨人が独走V
打高傾向が進み本塁打が激増する中、安定した先発投手陣を持ち投打のバランスの取れた巨人が開幕から首位を走った。7月の10連勝などでさらに差を広げると、追い上げるチームも無く、独走で6年ぶりのVを決めた。
開催期間4月2日〜11月29日
試合制度20回戦制
MVP藤村 富美男(大阪) チームは6位ながら本塁打と打点の二冠を獲得
球団の変遷金星スターズ→大映スターズ
急映フライヤーズ→東急フライヤーズ
備 考10月に日米球団が開催されている間はリーグが中断し、最終的に各球団とも数試合が打ち切られた
【順位表】
試合 勝率
134 85 48 1 .639 8-11 11(1)7 13-7 13-7 12-7 14-6 14-3
136 69 64 3 .519 16.0 11-8 7(1)11 11-9 11(1)8 10(1)9 9-9 10-10
134 67 65 2 .508 17.5 7(1)11 11(1)7 8-12 10-9 10-8 11-9 10-9
135 67 67 1 .500 18.5 7-13 9-11 12-8 9-9 10(1)9 12-8 8-9
137 66 68 3 .493 19.5 7-13 8(1)11 9-10 9-9 9(1)10 9(1)10 15-5
137 65 69 3 .485 20.5 7-12 9(1)10 8-10 9(1)10 10(1)9 8-12 14-6
138 64 73 1 .467 23.0 6-14 9-9 9-11 8-12 10(1)9 12-8 10-10
133 52 81 0 .391 33.0 3-14 10-10 9-10 9-8 5-15 6-14 10-10
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
1345196467370612752034212519376441125755-446-20406-160.2728
136531748356221281197506717795691858457-407-17418-181.2649
134524247437021292225371301981658744134-449-16577-161.2724
135522447306611279202549018595971996635-444-15439-214.2704
1375248484962813002283513620065881116245-330-23418-186.2681
1375372489073513842424514121396851286853-408-21420-216.2830
138515246415601126193459316885061155637-453-19513-202.2426
13351264695603124219742921799542714735-373-23478-220.2645
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
134921378548--1202.24994456411228736620582824974213.150
1366111176964--1241.051714826126511030312374915855013.633
134731186765--1187.1516946001230124485244401556535484.152
13555646767--1207.252624739124999454225641176705303.949
137738116668--1228.05301478113069145524399936425143.767
13765986569--1232.2542249171374121430214601067256124.467
138777176473--1234.053254908129412336316454687005734.179
13358645281--1169.252334721133911945415396667455974.592
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
MVP藤村 富美男(大阪)
首位打者小鶴 誠(大映).361
本塁打王藤村 富美男(大阪)46本
打点王藤村 富美男(大阪)142点
盗塁王木塚 忠助(南)59個
最多勝V.スタルヒン(大映)27勝
最優秀防御率藤本 英雄(巨)1.94
最高勝率藤本 英雄(巨).774
沢村賞藤本 英雄(巨)
ベストナイン
投手藤本 英雄(巨)
捕手土井垣 武(大阪)
一塁手川上 哲治(巨)
二塁手千葉 茂(巨)
三塁手藤村 富美男(大阪)
遊撃手木塚 忠助(南)
外野手小鶴 誠(大映)
別当 薫(大阪)
大下 弘(東急)