1956 昭和31年 ←前年 翌年→

パ・リーグ各試合ページのうち、投手の対戦打者数、自責点はデータが集まり次第補完します。

パ・リーグ順位表
試合 勝率
154 96 51 7 .646 10(1)11 9(1)12 13(1)8 15(2)5 18(1)3 15-7 16(1)5
154 96 52 6 .643 0.5 11(1)10 13(1)8 11(2)9 17-5 16(1)5 14-8 14(1)7
154 88 64 2 .578 10.5 12(1)9 8(1)13 14-8 11-11 10-12 17-5 16-6
154 84 66 4 .558 13.5 8(1)13 9(2)11 8-14 11-11 18-4 15(1)6 15-7
154 68 82 4 .455 29.5 5(2)15 5-17 11-11 11-11 10(2)10 15-7 11-11
154 58 92 4 .390 39.5 3(1)18 5(1)16 12-10 4-18 10(2)10 11-11 13-9
154 57 94 3 .380 41.0 7-15 8-14 5-17 6(1)15 7-15 11-11 13(2)7
154 52 98 4 .351 45.5 5(1)16 7(1)14 6-16 7-15 11-11 9-13 7(2)13
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 82 44 4 .646 14(1)11 14-12 13(2)11 19(1)6 22-4
130 79 50 1 .612 4.5 11(1)14 15-11 17-9 18-8 18-8
130 74 56 0 .569 10.0 12-14 11-15 16-10 19-7 16-10
130 61 65 4 .485 21.0 11(2)13 9-17 10-16 15(2)9 16-10
130 45 82 3 .358 37.5 6(1)19 8-18 7-19 9(2)15 15-11
130 43 87 0 .331 41.0 4-22 8-18 10-16 10-16 11-15
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP中西 太(西)別所 毅彦(巨)
新人王稲尾 和久(西)秋山 登(洋)
首位打者豊田 泰光(西).325与那嶺 要(巨).338
本塁打王中西 太(西)29本青田 昇(洋)25本
打点王中西 太(西)95点宮本 敏雄(巨)69点
盗塁王河野 旭輝(急)85個吉田 義男(大阪)50個
最多勝三浦 方義(大映)29勝別所 毅彦(巨)27勝
最優秀防御率稲尾 和久(西)1.06渡辺 省三(大阪)1.45
最高勝率植村 義信(毎).792堀内 庄(巨).778
最優秀投手島原 幸雄(西)
沢村賞金田 正一(国)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手梶本 隆夫(急)別所 毅彦(巨)
捕手野村 克也(南)藤尾 茂(巨)
一塁手榎本 喜八(毎)川上 哲治(巨)
二塁手佐々木 信也(高)井上 登(中)
三塁手中西 太(西)児玉 利一(中)
遊撃手豊田 泰光(西)吉田 義男(大)
外野手山内 和弘(毎)与那嶺 要(巨)
杉山 光平(南)田宮 謙次郎(大)
戸倉 勝城(急)青田 昇(洋)
1勝1敗
全パ 8-0 全セ後楽園MVP 森下 正夫(南)2安打2打点1盗塁
全パ 0-2 全セ後楽園MVP 吉田 義男(大阪)先制打を含む2安打
4勝2敗
西鉄 0-4 巨人序盤に連打で4点先制、大友が4安打完封
西鉄 6-3 巨人関口勝ち越し2ラン、12安打の西鉄が打ち勝つ
西鉄 5-4 巨人豊田追い上げの2ラン、8回に3点差をひっくり返す
西鉄 4-0 巨人河野2点打と中西2ラン、稲尾が好救援で完封リレー
西鉄 7-12 巨人15安打同士の打ち合いは巨人が集中打で意地の逆転
西鉄 5-1 巨人稲尾完投、初回に6安打で4点の西鉄が日本一
MVP 豊田 泰光(西)
首位打者 豊田 泰光(西)
最優秀投手 稲尾 和久(西)
技能賞 関口 清治(西)
敢闘賞 稲尾 和久(西)