1959 昭和34年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
134 88 42 4 .677 14-12 17(1)9 16(2)10 21(1)5 20-6
136 82 48 6 .631 6.0 12-14 14-12 19(5)7 17(1)9 20-6
135 67 63 5 .515 21.0 9(1)17 12-14 14(3)12 16(1)10 16-10
144 66 64 14 .508 22.0 10(2)16 7(5)19 12(3)14 17(1)9 20(3)6
134 48 82 4 .369 40.0 5(1)21 9(1)17 10(1)16 9(1)17 15-11
133 39 91 3 .300 49.0 6-20 6-20 10-16 6(3)20 11-15
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 77 48 5 .612 13(3)10 17(1)8 18-8 16-10 13(1)12
130 62 59 9 .512 13.0 10(3)13 12(2)12 14-12 11(4)11 15-11
130 64 61 5 .512 13.0 8(1)17 12(2)12 15-11 12(2)12 17-9
130 63 65 2 .492 15.5 8-18 12-14 11-15 17-9 15(2)9
130 59 64 7 .481 17.0 10-16 11(4)11 12(2)12 9-17 17(1)8
130 49 77 4 .392 28.5 12(1)13 11-15 9-17 9(2)15 8(1)17
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP杉浦 忠(南)藤田 元司(巨)
新人王張本 勲(映)桑田 武(洋)
首位打者杉山 光平(南).323長嶋 茂雄(巨).334
本塁打王山内 和弘(毎)25本桑田 武(洋)
森 徹(中)
31本
打点王葛城 隆雄(毎)95点森 徹(中)87点
盗塁王バルボン(急)38個岡嶋 博治(中)41個
最多勝杉浦 忠(南)38勝藤田 元司(巨)27勝
最優秀防御率杉浦 忠(南)1.40村山 実(大阪)1.19
最高勝率杉浦 忠(南).905藤田 元司(巨).711
最優秀投手杉浦 忠(南)
沢村賞村山 実(大阪)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手杉浦 忠(南)藤田 元司(巨)
捕手野村 克也(南)藤尾 茂(巨)
一塁手榎本 喜八(毎)藤本 勝巳(大)
二塁手岡本 伊三美(南)土屋 正孝(巨)
三塁手葛城 隆雄(毎)長嶋 茂雄(巨)
遊撃手豊田 泰光(西)吉田 義男(大)
外野手山内 和弘(毎)森 徹(中)
杉山 光平(南)坂崎 一彦(巨)
高倉 照幸(西)大和田 明(広)
指名打者
1勝1敗
全パ 9-0 全セ西宮MVP 山内 和弘(毎)先制2ラン含む3打点
全パ 4-6 全セ大阪MVP 中 利夫(中)先制3ランを含む2安打
4勝0敗
南海 10-7 巨人初回5点で義原をKO、19安打の南海が先勝
南海 6-3 巨人長嶋2ランで先制も南海が中盤に逆転、杉浦が好救援
南海 3-2 巨人10回寺田が決勝の二塁打、杉浦完投勝利
南海 3-0 巨人杉山先制打と杉浦完封で4連勝、南海が日本一
シリーズ個人成績
MVP 杉浦 忠(南)
首位打者 寺田 陽介(南)
最優秀投手 杉浦 忠(南)
優秀選手 杉山 光平(南)
技能賞 岡本 伊三美(南)
敢闘賞 土屋 正孝(巨)