1962 昭和37年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
133 78 52 3 .600 13(1)13 16(1)10 15(1)11 16-10 18-8
133 73 57 3 .562 5.0 13(1)13 17(2)9 13-13 16-10 14-12
136 62 68 6 .477 16.0 10(1)16 9(2)17 13(1)13 16(1)10 14(1)12
132 60 70 2 .462 18.0 11(1)15 13-13 13(1)13 10-16 13-13
131 60 70 1 .462 18.0 10-16 10-16 10(1)16 16-10 14-12
131 57 73 1 .438 21.0 8-18 12-14 12(1)14 13-13 12-14
セ・リーグ順位表
試合 勝率
133 75 55 3 .577 14-12 15(1)11 14(2)12 16-10 16-10
134 71 59 4 .546 4.0 12-14 15(1)11 13-13 14(1)12 17(2)9
133 70 60 3 .538 5.0 11(1)15 11(1)15 13-13 19(1)7 16-10
134 67 63 4 .515 8.0 12(2)14 13-13 13-13 12(1)14 17(1)9
134 56 74 4 .431 19.0 10-16 12(1)14 7(1)19 14(1)12 13(1)13
134 51 79 4 .392 24.0 10-16 9(2)17 10-16 9(1)17 13(1)13
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP張本 勲(映)村山 実(神)
新人王尾崎 行雄(映)城之内 邦雄(巨)
首位打者J.ブルーム(近).374森永 勝治(広).307
本塁打王野村 克也(南)44本王 貞治(巨)38本
打点王野村 克也(南)104点王 貞治(巨)85点
盗塁王広瀬 叔功(南)50個河野 旭輝(中)26個
最高出塁率張本 勲(映).440
最多勝久保 征弘(近)28勝権藤 博(中)30勝
最優秀防御率久保田 治(映)2.12村山 実(神)1.20
最高勝率皆川 睦男(南).826小山 正明(神).711
沢村賞小山 正明(神)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手稲尾 和久(西)村山 実(神)
捕手野村 克也(南)森 昌彦(巨)
一塁手榎本 喜八(毎)王 貞治(巨)
二塁手J.ブルーム(近)小坂 佳隆(広)
三塁手小玉 明利(近)長嶋 茂雄(巨)
遊撃手豊田 泰光(西)吉田 義男(神)
外野手張本 勲(映)森永 勝治(広)
山内 一弘(毎)近藤 和彦(洋)
吉田 勝豊(映)並木 輝男(神)
2勝0敗
全パ 7-0 全セ平和台MVP J.ブルーム(近)先頭打者弾を含む3安打
全パ 5-4 全セ広島MVP 張本 勲(映)9回逆転2ラン含む4打点
4勝2敗1分
東映 5-6 阪神序盤は点の取り合い、中盤投手戦となり10回吉田がサヨナラ打
東映 0-5 阪神村山8回一死まで完全投球で完封、藤本ダメ押し3ランで快勝
東映 2-2 阪神両軍ともに粘りの継投、14回日没引き分け
東映 3-1 阪神岩下同点打と種茂の2点打で逆転、安藤元が完投勝利
東映 6-4 阪神初回から本塁打の応酬、11回岩下がサヨナラ2ラン
東映 7-4 阪神効果的な攻撃で村山をKO、土橋が好救援で反撃かわす
東映 2-1 阪神白熱の投手戦は12回西園寺の一発で東映が初の日本一
シリーズ個人成績
MVP 土橋 正幸(映)、種茂 雅之(映)
首位打者 吉田 義男(神)
最優秀投手 安藤 元博(映)
優秀選手 岩下 光一(映)
技能賞 張本 勲(映)
敢闘賞 吉田 義男(神)