1970 昭和45年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 79 47 4 .627 12(1)13 11(1)14 18(1)7 17(1)8 21-5
130 77 49 4 .611 2.0 13(1)12 15-11 12(2)12 16(1)9 21-5
130 69 57 4 .548 10.0 14(1)11 11-15 11(1)14 15(1)10 18(1)7
130 62 60 8 .508 15.0 7(1)18 12(2)12 14(1)11 12(1)13 17(3)6
130 55 70 5 .440 23.5 8(1)17 9(1)16 10(1)15 13(1)12 15(1)10
130 33 92 5 .264 45.5 5-21 5-21 7(1)18 6(3)17 10(1)15
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 80 47 3 .630 15(1)10 16(1)9 16(1)9 15-11 18-8
130 69 57 4 .548 10.5 10(1)15 14(1)11 16-10 14-12 15(2)9
130 65 59 6 .524 13.5 9(1)16 11(1)14 12(1)13 16(1)9 17(2)7
130 64 64 2 .500 16.5 9(1)16 10-16 13(1)12 15-11 17-9
130 54 70 6 .435 24.5 11-15 12-14 9(1)16 11-15 11(5)10
130 43 78 9 .355 34.0 8-18 9(2)15 7(2)17 9-17 10(5)11
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP王 貞治(巨)木樽 正明(ロ)
新人王谷沢 健一(中)佐藤 道郎(南)
首位打者王 貞治(巨).325張本 勲(映).383
本塁打王王 貞治(巨)47本大杉 勝男(映)44本
打点王長嶋 茂雄(巨)105点大杉 勝男(映)129点
盗塁王東条 文博(ヤ)28個福本 豊(急)75個
最高出塁率(数)王 貞治(巨)263張本 勲(映).467
最多勝平松 政次(洋)25勝成田 文男(ロ)25勝
最優秀防御率村山 実(神)0.98佐藤 道郎(南)2.05
最高勝率村山 実(神).824佐々木 宏一郎(近).773
最優秀投手平松 政次(洋)
沢村賞平松 政次(洋)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手平松 政次(洋)木樽 正明(ロ)
捕手木俣 達彦(中)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)大杉 勝男(映)
二塁手安藤 統夫(神)山崎 裕之(ロ)
三塁手長嶋 茂雄(巨)有藤 通世(ロ)
遊撃手藤田 平(神)阪本 敏三(急)
外野手高田 繁(巨)張本 勲(映)
江尻 亮(洋)G.アルトマン(ロ)
中 暁生(中)長池 徳二(急)
2勝1敗
全セ 9-13 全パ神宮MVP 長池 徳二(急)一発を含む4安打
全セ 4-1 全パ大阪MVP 江夏 豊(神)3回8奪三振で勝利投手
全セ 8-6 全パ広島MVP 遠井 吾郎(神)ランニング3ランと逆転2点打
4勝1敗
巨人 1-0 ロッテ堀内と木樽の投手戦、11回に黒江のサヨナラ弾で決着
巨人 6-3 ロッテ12安打の巨人が集中打で成田をKOして連勝
巨人 5-3 ロッテロッテが終盤に粘るものの11回長嶋が決勝の2ラン
巨人 5-6 ロッテ序盤に点の取り合い、ロッテ救援陣が好投して逃げ切る
巨人 6-2 ロッテ黒江3打点、高橋一が3安打完投で巨人V6
MVP 長嶋 茂雄(巨)
打撃賞 長嶋 茂雄(巨)
最優秀投手 堀内 恒夫(巨)
優秀選手 黒江 透修(巨)
技能賞 王 貞治(巨)
敢闘賞 井石 礼司(ロ)