1971 昭和46年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 70 52 8 .574 15-11 12(3)11 15(1)10 12(4)10 16-10
130 65 60 5 .520 6.5 11-15 15(1)10 12(1)13 15(1)10 12(2)12
130 61 59 10 .508 8.0 11(3)12 10(1)15 10(2)14 13(2)11 17(2)7
130 63 61 6 .508 8.0 10(1)15 13(1)12 14(2)10 11(1)14 15(1)10
130 57 64 9 .471 12.5 10(4)12 10(1)15 11(2)13 14(1)11 12(1)13
130 52 72 6 .419 19.0 10-16 12(2)12 7(2)17 10(1)15 13(1)12
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 80 39 11 .672 13-13 18(1)7 16(2)8 15(5)6 18(3)5
130 80 46 4 .635 3.5 13-13 15-11 17-9 19(3)4 16(1)9
130 65 60 5 .520 18.0 7(1)18 11-15 14(1)11 15(2)9 18(1)7
130 61 65 4 .484 22.5 8(2)16 9-17 11(1)14 16-10 17(1)8
130 44 74 12 .373 35.5 6(5)15 4(3)19 9(2)15 10-16 15(2)9
130 38 84 8 .311 43.5 5(3)18 9(1)16 7(1)18 8(1)17 9(2)15
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP長嶋 茂雄(巨)長池 徳二(急)
新人王関本 四十四(巨)皆川 康夫(映)
首位打者長嶋 茂雄(巨).320江藤 慎一(ロ).337
本塁打王王 貞治(巨)39本大杉 勝男(映)41本
打点王王 貞治(巨)101点門田 博光(南)120点
盗塁王高田 繁(巨)38個福本 豊(急)67個
最高出塁率(数)王 貞治(巨)246江藤 慎一(ロ).414
最多勝平松 政次(洋)17勝木樽 正明(ロ)24勝
最優秀防御率藤本 和宏(広)1.71山田 久志(急)2.37
最高勝率坂井 勝二(洋).692山田 久志(急).786
最優秀投手平松 政次(洋)
沢村賞該当者なし
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手平松 政次(洋)山田 久志(急)
捕手木俣 達彦(中)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)大杉 勝男(映)
二塁手国貞 泰汎(広)山崎 裕之(ロ)
三塁手長嶋 茂雄(巨)有藤 通世(ロ)
遊撃手藤田 平(神)阪本 敏三(急)
外野手柴田 勲(巨)長池 徳二(急)
高田 繁(巨)G.アルトマン(ロ)
水谷 実雄(広)門田 博光(南)
2勝1敗
全パ 0-5 全セ西宮MVP 江夏 豊(神)9連続奪三振と3ラン
全パ 4-0 全セ中日MVP 長池 徳二(急)先制打とダメ押し3ラン
全パ 3-2 全セ後楽園MVP 加藤 秀司(急)先制の適時内野安打
4勝1敗
巨人 2-1 阪急長嶋先制打と末次勝ち越し打、堀内が粘りの完投勝利
巨人 6-8 阪急激しい打撃戦は8回に森本・岡村の適時打で突き放す
巨人 3-1 阪急王が9回二死から逆転サヨナラ3ランで山田を砕く
巨人 7-4 阪急末次が先制満塁弾、堀内が完投で2勝目
巨人 6-1 阪急黒江が連続適時打、高橋一が好投し巨人がV7を達成
MVP 末次 民夫(巨)
打撃賞 末次 民夫(巨)
最優秀投手 堀内 恒夫(巨)
優秀選手 黒江 透修(巨)
技能賞 王 貞治(巨)
敢闘賞 山田 久志(急)