1974 昭和49年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 69 50 11 .580 11(3)12 13(3)10 13(2)11 14(3)9 18-8 2位 1位
130 69 51 10 .575 0.5 12(3)11 12(4)10 12(2)12 15-11 18(1)7 1位 3位
130 59 55 16 .518 7.5 10(3)13 10(4)12 13(2)11 11(4)11 15(3)8 4位 2位
130 59 64 7 .480 12.0 11(2)13 12(2)12 11(2)13 13-13 12(1)13 3位 4位
130 56 66 8 .459 14.5 9(3)14 11-15 11(4)11 13-13 12(1)13 5位 4位
130 49 75 6 .395 22.5 8-18 7(1)18 8(3)15 13(1)12 13(1)12 6位 6位
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 70 49 11 .588 8(4)14 16(2)8 17(1)8 14(3)9 15(1)10
130 71 50 9 .587 0.0 14(4)8 13(1)12 16(2)8 13(1)12 15(1)10
130 60 63 7 .488 12.0 8(2)16 12(1)13 12(3)11 15-11 13(1)12
130 57 64 9 .471 14.0 8(1)17 8(2)16 11(3)12 15(2)9 15(1)10
130 55 69 6 .444 17.5 9(3)14 12(1)13 11-15 9(2)15 14-12
130 54 72 4 .429 19.5 10(1)15 10(1)15 12(1)13 10(1)15 12-14
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP金田 留広(ロ)王 貞治(巨)
新人王三井 雅晴(ロ)藤波 行雄(中)
首位打者張本 勲(日).340王 貞治(巨).332
本塁打王C.ジョーンズ(近)38本王 貞治(巨)49本
打点王長池 徳二(急)96点王 貞治(巨)107点
盗塁王福本 豊(急)94個中塚 政幸(洋)28個
最高出塁率
最多出塁数
張本 勲(日).452王 貞治(巨)294
最多勝金田 留広(ロ)16勝松本 幸行(中)
金城 基泰(広)
20勝
最優秀防御率佐藤 道郎(南)1.91関本 四十四(巨)2.28
最高勝率竹村 一義(急).750
最多セーブ佐藤 道郎(南)13S星野 仙一(中)10S
最優秀投手堀内 恒夫(巨)
沢村賞星野 仙一(中)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手金田 留広(ロ)堀内 恒夫(巨)
捕手村上 公康(ロ)田淵 幸一(神)
一塁手C.ジョーンズ(近)王 貞治(巨)
二塁手山崎 裕之(ロ)高木 守道(中)
三塁手有藤 通世(ロ)長嶋 茂雄(巨)
遊撃手大橋 穣(急)藤田 平(神)
外野手福本 豊(急)若松 勉(ヤ)
張本 勲(日)末次 利光(巨)
D.ビュフォード(太)G.マーチン(中)
ダイヤモンドグラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手足立 光宏(急)堀内 恒夫(巨)
捕手村上 公康(ロ)田淵 幸一(神)
一塁手W.パーカー(南)王 貞治(巨)
二塁手桜井 輝秀(南)高木 守道(中)
三塁手有藤 通世(ロ)C.ボイヤー(洋)
遊撃手大橋 穣(急)河埜 和正(巨)
外野手福本 豊(急)高田 繁(巨)
弘田 澄男(ロ)山本 浩司(広)
島野 育夫(南)柴田 勲(巨)
3勝0敗
全パ 3-2 全セ後楽園MVP 高井 保弘(急)代打逆転サヨナラ2ラン
全パ 6-3 全セ西宮MVP 福本 豊(急)超美技と一発含む4出塁
全パ 1-0 全セ広島MVP 張本 勲(日)2安打とゴロで決勝の1打点
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝0敗
ロッテ 3-2 阪急得津先制打と有藤2打点、好継投で阪急の反撃かわす
ロッテ 8-3 阪急ロッテが初回から5連打の猛攻で5点
ロッテ 4-0 阪急得津2ラン、村田3安打完封でロッテがリーグ制覇
4勝2敗
ロッテ 4-5 中日9回勝ち越されるも高木守が逆転サヨナラ二塁打
ロッテ 8-5 中日得津が勝ち越し2点打、8回に大逆転
ロッテ 4-5 中日谷沢2発4打点、鈴木孝の救援で逃げ切る
ロッテ 6-3 中日弘田・有藤の連続弾で勝ち越し、村田好リリーフ
ロッテ 2-0 中日得津先制打、木樽が2安打完封
ロッテ 3-2 中日10回弘田が決勝打、村田完投でロッテが日本一
シリーズ個人成績
MVP 弘田 澄男(ロ)
打撃賞 有藤 通世(ロ)
最優秀投手 村田 兆治(ロ)
優秀選手 山崎 裕之(ロ)
技能賞 有藤 通世(ロ)
敢闘賞 高木 守道(中)