1975 昭和50年 ←前年 翌年→

【パ・リーグ概況】
前期優勝の阪急が3年ぶり奪還V
前期は阪急と太平洋が5月まで首位争いをするが、阪急が一気に抜け出し前期V。後期は6球団がダンゴ状態となっていたが、8月から突っ走った近鉄が独走となり、後期V。POは3勝1敗で阪急が3年ぶりのV。
開催期間前期:4月5日〜7月1日、後期:7月8日〜10月10日
試合制度各期13回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP加藤 秀司(阪急) 三番として3割を打ち打点王を獲得
備 考指名打者制度を導入
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率 前期 後期
130 64 59 7 .520 12(3)11 8(1)17 16-10 15(1)10 13(2)11 1位 6位
130 71 50 9 .587 -8.0 11(3)12 12(2)12 14(1)11 18(2)6 16(1)9 3位 1位
130 58 62 10 .483 4.5 17(1)8 12(2)12 10(2)14 8(1)17 11(4)11 2位 4位
130 59 65 6 .476 5.5 10-16 11(1)14 14(2)10 12(1)13 12(2)12 6位 2位
130 57 65 8 .467 6.5 10(1)15 6(2)18 17(1)8 13(1)12 11(3)12 5位 3位
130 55 63 12 .466 6.5 11(2)13 9(1)16 11(4)11 12(2)12 12(3)11 4位 4位
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
130481943045411105163191431735513174794928401153762194106.2567
13048514269498105013719115157048380468838416194053982105.2460
130491443675301139156141351728504956190303701357451101126.2608
130477143445141124154321081666479130648128279123950282122.2587
130487643715241074149271021583500140494636381204150593125.2457
1304798434345811191391410015864268151104332921825465106119.2577
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13071111164595-1147.2481543131085141372395361105064453.489
13058151571509-1159.1471042961041120290404611404483983.091
1305381358629-1164.1491944251192114320345231225634823.727
13037106596520-1139.1474842311015121373366011544944223.335
1305514957657-1165.048594359113485358274701004783862.982
1302876556314-1154.1497843741144122426634921945764993.892
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts

【セ・リーグ概況】
混戦を抜け出し広島が26年目の初V
4月は阪神と大洋、5月以降はヤクルト、広島、阪神、中日が首位を争い、球宴明けには0.5ゲーム差に4球団が接近する展開となった。後半は広島、阪神、中日の争いとなったが、最後まで好調を維持した広島が球団26年目の初V。
開催期間4月5日〜10月21日
試合制度26回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP山本 浩二(広島) 首位打者と30本塁打で初優勝に貢献
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 72 47 11 .605 13(3)10 13(3)10 17(2)7 15(2)9 14(1)11
130 69 53 8 .566 4.5 10(3)13 13(1)12 11(2)13 17(1)8 18(1)7
130 68 55 7 .553 6.0 10(3)13 12(1)13 15(2)9 15-11 16(1)9
130 57 64 9 .471 16.0 7(2)17 13(2)11 9(2)15 13(3)10 15-11
130 51 69 10 .425 21.5 9(2)15 8(1)17 11-15 10(3)13 13(4)9
130 47 76 7 .382 27.0 11(1)14 7(1)18 9(1)16 11-15 9(4)13
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
130472342815101096159151311678489124534630330333653710185.2560
13048094324521117317617133178251176607226345364262510686.2713
13048334273477107615131128167346531356727417444865811576.2518
1304808431743710571521610115444076954862633634436629977.2448
1304774435048410841461913716794677848801729822296559684.2492
130478541914739871261811715004536338752943942516948792.2355
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13039139724717-1150.2474442561002109357406701514213782.956
130241013695328-1152.247004268103513928753636824664083.185
13029917685522-1156.0479643481120115314346021304874293.340
130241210576416-1168.148184341109312234323645534704303.313
1302080516912-1147.1491543021140138480506721625485013.931
1302910747768-1130.2475942211083124384496061825104433.525
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP加藤 秀司(急)山本 浩二(広)
新人王山口 高志(急)該当者なし
首位打者白 仁天(太).319山本 浩二(広).319
本塁打王土井 正博(太)34本田淵 幸一(神)43本
打点王加藤 秀司(急)97点王 貞治(巨)96点
盗塁王福本 豊(急)63個大下 剛史(広)44個
最高出塁率
最多出塁数
小川 亨(近).394王 貞治(巨)236
最多勝東尾 修(太)23勝外木場 義郎(広)20勝
最優秀防御率村田 兆治(ロ)2.20安仁屋 宗八(神)1.91
最高勝率鈴木 啓示(近)
野村 収(日)
.786
最多セーブ村田 兆治(ロ)13S鈴木 孝政(中)21S
最優秀投手外木場 義郎(広)
沢村賞外木場 義郎(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手鈴木 啓示(近)外木場 義郎(広)
捕手野村 克也(南)田淵 幸一(神)
一塁手加藤 秀司(急)王 貞治(巨)
二塁手B.マルカーノ(急)大下 剛史(広)
三塁手有藤 道世(ロ)衣笠 祥雄(広)
遊撃手大橋 穣(急)三村 敏之(広)
外野手佐々木 恭介(近)山本 浩二(広)
白 仁天(太)井上 弘昭(中)
弘田 澄男(ロ)ロジャー.R(ヤ)
指名打者長池 徳二(急)
ダイヤモンドグラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手足立 光宏(急)堀内 恒夫(巨)
捕手有田 修三(近)大矢 明彦(ヤ)
一塁手加藤 秀司(急)王 貞治(巨)
二塁手B.マルカーノ(急)大下 剛史(広)
三塁手有藤 道世(ロ)島谷 金二(中)
遊撃手大橋 穣(急)藤田 平(神)
外野手弘田 澄男(ロ)山本 浩二(広)
福本 豊(急)高田 繁(巨)
島野 育夫(南)ローン.W(中)
2勝1敗
第1戦甲子園MVP山本 浩二(広)4打数3安打5打点 2打席連発で5打点
第2戦中日MVP松原 誠(洋)1打数1安打2打点 代打で逆転2ラン
第3戦神宮MVP土井 正博(太)3打数2安打3打点 2安打でチームの全打点
ファン投票結果
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝1敗
第1戦 11 - 7 伊勢満塁弾、近鉄が6回大量点で打ち勝つ
第2戦 5 - 4 阪急が一発攻勢で逆転、山口粘りの完投勝利
第3戦 3 - 0 森本先制打と長池2ラン、足立が3安打完封
第4戦 5 - 3 9回福本と加藤の本塁打で決着、阪急がリーグ制覇
4勝0敗2分
第1戦両軍投手陣が踏ん張り延長11回引き分け
第2戦長池先制打、山田が復活の3安打完投
第3戦9回中沢・大橋の連続弾で勝ち越し、山口完投
第4戦延長13回の激戦は引き分け、外木場は200球完投
第5戦大橋が勝ち越しスクイズ、福本の美技でリード守り抜く
第6戦4回一気に逆転、山口好リリーフで阪急が初の日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP山口 高志(急)1勝0敗2S 5試合登板、1完投勝利
打撃賞大橋 穣(急).368 1本 両軍の中で打率トップ
最優秀投手山田 久志(急)2勝0敗 先発で2勝、うち1完投
優秀選手中沢 伸二(急)
外木場 義郎(広)
.300 2本 第3戦で決勝2ラン
0勝0敗 第4戦で13回完投引き分け
技能賞福本 豊(急).179 0本 センターの好守でピンチを救う
敢闘賞山本 浩二(広).333 2本 チーム三冠王