1975 昭和50年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 64 59 7 .520 12(3)11 8(1)17 16-10 15(1)10 13(2)11 1位 6位
130 71 50 9 .587 -8.0 11(3)12 12(2)12 14(1)11 18(2)6 16(1)9 3位 1位
130 58 62 10 .483 4.5 17(1)8 12(2)12 10(2)14 8(1)17 11(4)11 2位 4位
130 59 65 6 .476 5.5 10-16 11(1)14 14(2)10 12(1)13 12(2)12 6位 2位
130 57 65 8 .467 6.5 10(1)15 6(2)18 17(1)8 13(1)12 11(3)12 5位 3位
130 55 63 12 .466 6.5 11(2)13 9(1)16 11(4)11 12(2)12 12(3)11 4位 4位
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 72 47 11 .605 13(3)10 13(3)10 17(2)7 15(2)9 14(1)11
130 69 53 8 .566 4.5 10(3)13 13(1)12 11(2)13 17(1)8 18(1)7
130 68 55 7 .553 6.0 10(3)13 12(1)13 15(2)9 15-11 16(1)9
130 57 64 9 .471 16.0 7(2)17 13(2)11 9(2)15 13(3)10 15-11
130 51 69 10 .425 21.5 9(2)15 8(1)17 11-15 10(3)13 13(4)9
130 47 76 7 .382 27.0 11(1)14 7(1)18 9(1)16 11-15 9(4)13
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP加藤 秀司(急)山本 浩二(広)
新人王山口 高志(急)該当者なし
首位打者白 仁天(太).319山本 浩二(広).319
本塁打王土井 正博(太)34本田淵 幸一(神)43本
打点王加藤 秀司(急)97点王 貞治(巨)96点
盗塁王福本 豊(急)63個大下 剛史(広)44個
最高出塁率
最多出塁数
小川 亨(近).394王 貞治(巨)236
最多勝東尾 修(太)23勝外木場 義郎(広)20勝
最優秀防御率村田 兆治(ロ)2.20安仁屋 宗八(神)1.91
最高勝率鈴木 啓示(近)
野村 収(日)
.786
最多セーブ村田 兆治(ロ)13S鈴木 孝政(中)21S
最優秀投手外木場 義郎(広)
沢村賞外木場 義郎(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手鈴木 啓示(近)外木場 義郎(広)
捕手野村 克也(南)田淵 幸一(神)
一塁手加藤 秀司(急)王 貞治(巨)
二塁手B.マルカーノ(急)大下 剛史(広)
三塁手有藤 道世(ロ)衣笠 祥雄(広)
遊撃手大橋 穣(急)三村 敏之(広)
外野手佐々木 恭介(近)山本 浩二(広)
白 仁天(太)井上 弘昭(中)
弘田 澄男(ロ)ロジャー.R(ヤ)
指名打者長池 徳二(急)
ダイヤモンドグラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手足立 光宏(急)堀内 恒夫(巨)
捕手有田 修三(近)大矢 明彦(ヤ)
一塁手加藤 秀司(急)王 貞治(巨)
二塁手B.マルカーノ(急)大下 剛史(広)
三塁手有藤 道世(ロ)島谷 金二(中)
遊撃手大橋 穣(急)藤田 平(神)
外野手弘田 澄男(ロ)山本 浩二(広)
福本 豊(急)高田 繁(巨)
島野 育夫(南)ローン.W(中)
2勝1敗
全セ 8-0 全パ甲子園MVP 山本 浩二(広)2打席連発で5打点
全セ 4-3 全パ中日MVP 松原 誠(洋)代打で逆転2ラン
全セ 0-3 全パ神宮MVP 土井 正博(太)2安打で3打点
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝1敗
阪急 7-11 近鉄伊勢満塁弾、近鉄が6回大量点で打ち勝つ
阪急 5-4 近鉄阪急が一発攻勢で逆転、山口粘りの完投勝利
阪急 3-0 近鉄森本先制打と長池2ラン、足立が3安打完封
阪急 5-3 近鉄9回に福本・加藤の本塁打で決着、阪急が優勝
4勝0敗2分
阪急 3-3 広島両軍投手陣が踏ん張り延長11回引き分け
阪急 5-1 広島長池先制打、山田が復活の3安打完投
阪急 7-4 広島9回中沢・大橋の連続弾で勝ち越し、山口完投
阪急 4-4 広島延長13回の激戦は引き分け、外木場は200球完投
阪急 2-1 広島大橋が勝ち越しスクイズ、福本の美技でリード守り抜く
阪急 7-3 広島4回一気に逆転、山口好リリーフで阪急が初の日本一
MVP 山口 高志(急)
打撃賞 大橋 穣(急)
最優秀投手 山田 久志(急)
優秀選手 中沢 伸二(急)、外木場 義郎(広)
技能賞 福本 豊(急)
敢闘賞 山本 浩二(広)