1983 昭和58年 ←前年 翌年→

【パ・リーグ概況】
一期制に戻り、西武が大独走V2
序盤は西武とロッテが首位を争ったものの、5月にはロッテが急降下。投打に戦力が充実した西武が独走体勢となった。球宴時には2位に14ゲーム差をつけると、後半もそのまま貯金を増やし、西武が大独走で2連覇を達成した。
開催期間4月9日〜10月24日
試合制度26回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP東尾 修(西武) 18勝で最多勝と防御率のタイトルを獲得
備 考前後期制を廃止し、通常の一期制。ただし1位と2位が5ゲーム差以内の場合は5試合まで延長する変則プレーオフ制

【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 86 40 4 .683 16-10 17-9 19(2)5 13(2)11 21-5
130 67 55 8 .549 17.0 10-16 13(2)11 15(2)9 17(1)8 12(3)11
130 64 59 7 .520 20.5 9-17 11(2)13 15(3)8 13(1)12 16(1)9
130 52 65 13 .444 29.5 5(2)19 9(2)15 8(3)15 14(2)10 16(4)6
130 52 69 9 .430 31.5 11(2)13 8(1)17 12(1)13 10(2)14 11(3)12
130 43 76 11 .361 39.5 5-21 11(3)12 9(1)16 6(4)16 12(3)11
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
130499843337001204201261822003685582810734466165849210083.2779
13048644228632114817732157186059620083923846716375248798.2715
130491943065811182181101531842554124481014242415464589679.2745
130489642715811121177191341738559139399243444164466989110.2625
13048404332548116017320128175752487491142932726385028494.2678
13047774295525113415821128171850578439725324133460010299.2640
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
130371014864038-1151.147134231100812433130560624404093.197
13054312675520-1136.048874308118215037448537925925254.159
13021112645937-1138.1485642481113133418456071605404833.819
13046615526519-1129.0481342911167160361395101106265634.488
1304159526920-1132.0491243581221152390394501946595984.754
1302431437613-1119.2511343291258163578565812107106375.120
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【セ・リーグ概況】
投打に安定した巨人が2年ぶりV
巨人が序盤の11連勝などで独走態勢を作るが、6月以降は停滞。広島が猛追し、球宴時には首位が入れ替わった。しかし後半は長打や機動力、安定した投手力を発揮した巨人が抜け出した。再び独走となった巨人が2年ぶりのV。
開催期間4月9日〜10月24日
試合制度26回戦制
延長規定開始から3時間20分まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP原 辰徳(巨人) 主に四番として3割を打ち、打点王を獲得
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 72 50 8 .590 14(2)10 11(2)13 14(2)10 16(1)9 17(1)8
130 65 55 10 .542 6.0 10(2)14 14(3)9 12-14 15(2)9 14(3)9
130 61 61 8 .500 11.0 13(2)11 9(3)14 11(1)14 12(1)13 16(1)9
130 62 63 5 .496 11.5 10(2)14 14-12 14(1)11 13(1)12 11(1)14
130 54 69 7 .439 18.5 9(1)16 9(2)15 13(1)12 12(1)13 11(2)13
130 53 69 8 .434 19.0 8(1)17 9(3)14 9(1)16 14(1)11 13(2)11
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13050084438622121918724156192259113437893941532276848185.2747
130498844006101184190221641910594165641163639731367255792.2691
13049444354561118621518137184853978511023542740266799783.2724
1304913434359811881869169189957386511103239535336009291.2735
13049404369563114819212160184454863479028423463070692121.2628
13048414378557116617718149182653190351092829231346198778.2663
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13037911725025-1159.049234391115913936930721835424853.766
13049810655513-1162.1489743041101143411366881135274713.647
1302585616127-1146.0498643711188167451286931976315764.524
1302299626321-1144.0492643871211159356375932566045364.217
13026712546919-1155.1495544721248154337247141326035274.105
1303257536915-1144.0494743571184173425316041636045744.516
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP東尾 修(西)原 辰徳(巨)
新人王二村 忠美(日)槙原 寛己(巨)
首位打者落合 博満(ロ).332真弓 明信(神).353
本塁打王門田 博光(南)40本山本 浩二(広)
大島 康徳(中)
36本
打点王水谷 実雄(急)114点原 辰徳(巨)103点
勝利打点王スティーブ.O(西)16原 辰徳(巨)20
盗塁王大石 大二郎(近)60個松本 匡史(巨)76個
最高出塁率(数)スティーブ.O(西).423山本 浩二(広)234
最多勝東尾 修(西)
山内 和宏(南)
18勝遠藤 一彦(洋)18勝
最優秀防御率東尾 修(西)2.92福間 納(神)2.62
最高勝率高橋 直樹(西).813
最優秀救援森 繁和(西)39SP斉藤 明夫(洋)32SP
最優秀投手遠藤 一彦(洋)
沢村賞遠藤 一彦(洋)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手東尾 修(西)遠藤 一彦(洋)
捕手香川 伸行(南)山倉 和博(巨)
一塁手落合 博満(ロ)谷沢 健一(中)
二塁手大石 大二郎(近)真弓 明信(神)
三塁手スティーブ.O(西)原 辰徳(巨)
遊撃手石毛 宏典(西)高橋 慶彦(広)
外野手簑田 浩二(急)山本 浩二(広)
テリー.W(西)松本 匡史(巨)
島田 誠(日)田尾 安志(中)
指名打者門田 博光(南)
ダイヤモンドグラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手東尾 修(西)西本 聖(巨)
捕手梨田 昌崇(近)山倉 和博(巨)
一塁手片平 晋作(西)中畑 清(巨)
二塁手大石 大二郎(近)高木 豊(洋)
三塁手古屋 英夫(日)掛布 雅之(神)
遊撃手石毛 宏典(西)山下 大輔(洋)
外野手簑田 浩二(急)北村 照文(神)
島田 誠(日)長嶋 清幸(広)
福本 豊(急)松本 匡史(巨)
3勝0敗
第1戦神宮MVP門田 博光(南)3打数2安打3打点 先制2ランを含む2発
第2戦西宮MVP梨田 昌崇(近)1打数1安打1打点 代打で決勝の適時打
第3戦広島MVP落合 博満(ロ)4打数2安打3打点 先制弾を含む2発3打点
ファン投票結果
4勝3敗
第1戦田淵3ラン、江川2回6失点でKO
第2戦原が初回に先制2ラン、西本聖が無四球完封
第3戦9回二死からスミス、中畑の適時打でサヨナラ
第4戦立花逆転2ラン、17安打で打ち勝つ
第5戦クルーズがサヨナラ3ラン、西本聖完投
第6戦リリーフ江川から金森がサヨナラ打
第7戦テリー満塁一掃の二塁打で逆転、西武が日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP大田 卓司(西).429 1本 第1戦の先制打など両軍最多の12安打
敢闘選手西本 聖(巨)2勝1敗 2完投勝利、うち1完封
優秀選手田淵 幸一(西)
テリー.W(西)
中畑 清(巨)
.364 2本 チーム最多の6打点
.308 1本 第7戦で逆転打
.259 0本 第3戦でサヨナラ打