1993 平成5年 ←前年 翌年→

【セ・リーグ概況】
10月に走ったヤクルトが逃げ切りV2
4月は広島が首位に立ったが長く続かず、5月には混戦模様。6月からヤクルトが徐々に抜け出した。8月には中日が急浮上し、9月はヤクルトと中日による接戦を展開。最後は9月末から10月にかけて11連勝したヤクルトが抜け出し、2連覇を達成した。
開催期間4月10日〜10月22日
試合制度26回戦制(引き分け再試合)
延長規定15回まで
MVP古田 敦也(ヤクルト) 正捕手として全試合出場、三番を打って攻守に貢献
球団の変遷横浜大洋ホエールズ→横浜ベイスターズ
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
132 80 50 2 .615 11(1)15 12-14 17(1)9 22-4 18-8
132 73 57 2 .562 7.0 15(1)11 15-11 10(1)16 14-12 19-7
131 64 66 1 .492 16.0 14-12 11-15 14-12 10-16 15(1)11
132 63 67 2 .485 17.0 9(1)17 16(1)10 12-14 13-13 13-13
130 57 73 0 .438 23.0 4-22 12-14 16-10 13-13 12-14
131 53 77 1 .408 27.0 8-18 7-19 11(1)15 13-13 14-12
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13251514512622118618518140182759371289040477343290410268.2629
132507444185381133168111581797512293110223493313697010666.2565
1314845426244610141601110515114233934922743113338859957.2379
1324974436847811051762286158344844371222743827189409360.2530
1304895429247710681872787157046169551071943730408748966.2488
1314964440753011151771115517795085929872440519419138573.2530
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13230128805027-1206.0505145021101122402329404214754293.201
13231144735726-1192.0492943721033125427319302604534133.118
13121115646635-1167.14852428810391034043310063724654173.215
1321353636739-1171.1505544031172114466358813215425053.880
13015131577330-1157.1494242761075119495359043435444933.834
1311874537727-1156.2507444181201148487348253216125514.287
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
僅差の争いを逃げ切り西武がV4
5月までのダンゴ状態から西武が抜け出したが、7月には日本ハムが猛追し、後半は西武と日本ハムによる接戦が続いた。最後は9月下旬からの勝負どころで貯金を増やした西武が逃げ切り、リーグ4連覇を達成。
開催期間4月10日〜10月19日
試合制度26回戦制
延長規定12回または開始から4時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP工藤 公康(西武) 15勝3敗と高い勝率を残して防御率のタイトルも獲得
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 74 53 3 .583 13(1)12 16-10 13(1)12 17-9 15(1)10
130 71 52 7 .577 1.0 12(1)13 12-14 15(2)9 16(2)8 16(2)8
130 70 56 4 .556 3.5 10-16 14-12 12(2)12 19-7 15(2)9
130 66 59 5 .528 7.0 12(1)13 9(2)15 12(2)12 17-9 16-10
130 51 77 2 .398 23.5 9-17 8(2)16 7-19 9-17 18-8
130 45 80 5 .360 28.0 10(1)15 8(2)16 9(2)15 10-16 8-18
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13049644276512111118426114168948190461422848711317979950.2598
13049414315558111720218106167352713075832948320318618255.2589
13049804343516110019216125169949383419331489172485610869.2533
1304883433856211181812914517925301245994303919309087990.2577
130486142964871078219299516404657538993440314297868073.2509
1304884434943410711903375155241495466323426152384210072.2463
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13033137745329-1173.0481443001012109373289273714213862.962
13039169715223-1160.2489942691076106457317624504784353.373
13048127705627-1174.148934382109482383138992724714233.242
13030104665931-1164.0500543581108123520269273825204683.619
1303436517719-1142.1494742851147118485378704315835184.081
1303338458016-1150.2495543231158122461336653015965404.224
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP古田 敦也(ヤ)工藤 公康(西)
新人王伊藤 智仁(ヤ)杉山 賢人(西)
首位打者T.オマリー(神).329辻 発彦(西).319
本塁打王江藤 智(広)34本R.ブライアント(近)42本
打点王広沢 克己(ヤ)
R.ローズ(横)
94点R.ブライアント(近)107点
勝利打点王落合 博満(中)15
盗塁王緒方 耕一(巨)
石井 琢朗(横)
24個大石 大二郎(近)31個
最高出塁率T.オマリー(神).427辻 発彦(西).395
最多勝山本 昌広(中)
今中 慎二(中)
野村 弘樹(横)
17勝野茂 英雄(近)
野田 浩司(オ)
17勝
最優秀防御率山本 昌広(中)2.05工藤 公康(西)2.06
最高勝率工藤 公康(西).833
最多奪三振今中 慎二(中)247個野茂 英雄(近)276個
最優秀救援石毛 博史(巨)36SP赤堀 元之(近)32SP
最優秀投手今中 慎二(中)
沢村賞今中 慎二(中)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手今中 慎二(中)工藤 公康(西)
捕手古田 敦也(ヤ)田村 藤夫(日)
一塁手広沢 克己(ヤ)石井 浩郎(近)
二塁手R.ローズ(横)辻 発彦(西)
三塁手江藤 智(広)石毛 宏典(西)
遊撃手池山 隆寛(ヤ)広瀬 哲朗(日)
外野手前田 智徳(広)秋山 幸二(西)
A.パウエル(中)佐々木 誠(ダ)
新庄 剛志(神)藤井 康雄(オ)
指名打者R.ブライアント(近)
ゴールデングラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手今中 慎二(中)
桑田 真澄(巨)
野田 浩司(オ)
捕手古田 敦也(ヤ)田村 藤夫(日)
一塁手駒田 徳広(巨)清原 和博(西)
二塁手和田 豊(神)辻 発彦(西)
三塁手石井 琢朗(横)石毛 宏典(西)
遊撃手川相 昌弘(巨)広瀬 哲朗(日)
外野手前田 智徳(広)秋山 幸二(西)
新庄 剛志(神)佐々木 誠(ダ)
飯田 哲也(ヤ)平野 謙(西)
1勝1敗
第1戦東京ドMVP清原 和博(西)4打数4安打3打点 一発を含む4安打3打点
第2戦神戸MVPT.オマリー(神)5打数4安打2打点 2ランを含む4安打
ファン投票結果

4勝3敗
第1戦ハウエル先制3ラン、序盤からの打ち合いをヤクルトが制する
第2戦秦逆転打、郭3回途中KOでヤクルトが連勝
第3戦3回に田辺の3ランなどで一挙6点、渡辺久が好投
第4戦川崎8回無失点の好投、4回池山の犠飛が決勝点
第5戦投手戦も9回鈴木健の満塁弾で一気に突き放す
第6戦秋山満塁弾で先制、郭6回無失点と継投で逃げ切る
第7戦広沢克が初回先制3ラン、西武は清原2ランも及ばずヤクルト日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP川崎 憲次郎(ヤ)2勝0敗 先発で2勝
敢闘選手清原 和博(西).310 2本 両軍最多の9安打
優秀選手飯田 哲也(ヤ)
高津 臣吾(ヤ)
潮崎 哲也(西)
.400 0本 8安打7四死球
0勝0敗3S 3登板で無失点
0勝0敗2S 第3戦から5連投