1995 平成7年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 82 48 0 .631 15-11 17-9 14-12 16-10 20-6
131 74 56 1 .569 8.0 11-15 15(1)11 13-13 16-10 19-7
131 72 58 1 .554 10.0 9-17 11(1)15 16-10 16-10 20-6
130 66 64 0 .508 16.0 12-14 13-13 10-16 19-7 12-14
130 50 80 0 .385 32.0 10-16 10-16 10-16 7-19 13-13
130 46 84 0 .354 36.0 6-20 7-19 6-20 14-12 13-13
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 82 47 1 .636 12(1)13 21-5 18-8 13-13 18-8
130 69 58 3 .543 12.0 13(1)12 10(1)15 13-13 21-5 12(1)13
130 67 57 6 .540 12.5 5-21 15(1)10 15(1)10 14(3)9 18(1)7
130 59 68 3 .465 22.0 8-18 13-13 10(1)15 14(1)11 14(1)11
130 54 72 4 .429 26.5 13-13 5-21 9(3)14 11(1)14 16-10
130 49 78 3 .386 32.0 8-18 13(1)12 7(1)18 11(1)14 10-16
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVPT.オマリー(ヤ)イチロー(オ)
新人王山内 泰幸(広)平井 正史(オ)
首位打者A.パウエル(中).355イチロー(オ).342
本塁打王江藤 智(広)39本小久保 裕紀(ダ)28本
打点王江藤 智(広)106点イチロー(オ)
初芝 清(ロ)
田中 幸雄(日)
80点
勝利打点王T.オマリー(ヤ)16
盗塁王緒方 孝市(広)47個イチロー(オ)49個
最高出塁率T.オマリー(ヤ).429イチロー(オ).432
最多安打野村 謙二郎(広)173本イチロー(オ)179本
最多勝斎藤 雅樹(巨)18勝K.グロス(日)16勝
最優秀防御率T.ブロス(ヤ)2.33伊良部 秀輝(ロ)2.53
最高勝率平井 正史(オ).750
最多奪三振斎藤 雅樹(巨)187個伊良部 秀輝(ロ)239個
最優秀救援佐々木 主浩(横)39SP平井 正史(オ)42SP
最優秀投手斎藤 雅樹(巨)
沢村賞斎藤 雅樹(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手斎藤 雅樹(巨)伊良部 秀輝(ロ)
捕手古田 敦也(ヤ)中嶋 聡(オ)
一塁手T.オマリー(ヤ)J.フランコ(ロ)
二塁手R.ローズ(横)小久保 裕紀(ダ)
三塁手江藤 智(広)初芝 清(ロ)
遊撃手野村 謙二郎(広)田中 幸雄(日)
外野手A.パウエル(中)イチロー(オ)
松井 秀喜(巨)D.ジャクソン(西)
金本 知憲(広)佐々木 誠(西)
指名打者T.ニール(オ)
ゴールデングラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手斎藤 雅樹(巨)工藤 公康(ダ)
捕手古田 敦也(ヤ)伊東 勤(西)
一塁手駒田 徳広(横)J.フランコ(ロ)
二塁手立浪 和義(中)小久保 裕紀(ダ)
三塁手石井 琢朗(横)馬場 敏史(オ)
遊撃手野村 謙二郎(広)田中 幸雄(日)
外野手飯田 哲也(ヤ)イチロー(オ)
緒方 孝市(広)秋山 幸二(ダ)
音 重鎮(広)田口 壮(オ)
1勝0敗1分
全セ 4-4 全パ横浜MVP 落合 博満(巨)同点弾を含む2安打
全セ 7-6 全パナゴヤMVP 松井 秀喜(巨)決勝打を含む3安打

4勝1敗
ヤクルト 5-2 オリックス池山勝ち越し2点打、8回に代打大野の2ランで突き放す
ヤクルト 3-2 オリックス延長11回にオマリー決勝弾、山部が好リリーフ
ヤクルト 7-4 オリックス9回ミューレン同点弾、10回池山サヨナラ3ラン
ヤクルト 1-2 オリックス9回小川同点弾、小林の力投も実り12回D・Jの決勝弾
ヤクルト 3-1 オリックスブロス8回1失点、2本の犠飛で逆転しヤクルト日本一
MVP T.オマリー(ヤ)
敢闘賞 小林 宏(オ)
優秀選手 T.ブロス(ヤ)、池山 隆寛(ヤ)、高津 臣吾(ヤ)