2010 平成22年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
144 76 63 5 .547 10-14 15-9 10-14 12(3)9 16(1)7 2-2 1(1)2 3-1 3-1 2-2 2-2
144 78 65 1 .545 0.0 14-10 11-13 10-14 14-10 15(1)8 3-1 3-1 1-3 3-1 1-3 3-1
144 75 67 2 .528 2.5 9-15 13-11 13(1)10 16-8 11-13 2-2 1-3 2-2 3-1 1(1)2 4-0
144 74 67 3 .525 3.0 14-10 14-10 10(1)13 12(1)11 12-12 3-1 2-2 2-2 1-3 1(1)2 3-1
144 69 71 4 .493 7.5 9(3)12 10-14 8-16 11(1)12 15-9 1-3 3-1 2-2 3-1 3-1 4-0
144 62 79 3 .440 15.0 7(1)16 8(1)15 13-11 12-12 9-15 2-2 2-2 2-2 1(1)2 4-0 2-2
セ・リーグ順位表
試合 勝率
144 79 62 3 .560 13(2)9 15-9 8(1)15 16-8 16-8 2-2 1-3 2-2 1-3 3-1 2-2
144 78 63 3 .553 1.0 9(2)13 12-12 15-9 15-9 16-8 2(1)1 1-3 3-1 2-2 1-3 2-2
144 79 64 1 .552 1.0 9-15 12-12 12(1)11 18-6 16-8 1-3 3-1 2-2 2-2 2-2 2-2
144 72 68 4 .514 6.5 15(1)8 9-15 11(1)12 14-10 14(1)9 1-3 1-3 1-3 3-1 1-3 2(1)1
144 58 84 2 .408 21.5 8-16 9-15 6-18 10-14 15-9 2-2 3-1 2(1)1 2(1)1 1-3 0-4
144 48 95 1 .336 32.0 8-16 8-16 8-16 9(1)14 9-15 2-2 1-3 0-4 1-3 0-4 2-2
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP和田 毅(ソ)和田 一浩(中)
新人王榊原 諒(日)長野 久義(巨)
首位打者西岡 剛(ロ).346青木 宣親(ヤ).358
本塁打王T-岡田(オ)33本A.ラミレス(巨)49本
打点王小谷野 栄一(日)109点A.ラミレス(巨)129点
盗塁王本多 雄一(ソ)
片岡 易之(西)
59個梵 英心(広)43個
最高出塁率A.カブレラ(オ).428和田 一浩(中).437
最多安打西岡 剛(ロ)206本M.マートン(神)214本
最多勝和田 毅(ソ)
金子 千尋(オ)
17勝前田 健太(広)15勝
最優秀防御率ダルビッシュ 有(日)1.78前田 健太(広)2.21
最多奪三振ダルビッシュ 有(日)222個前田 健太(広)174個
最多セーブB.シコースキー(西)33S岩瀬 仁紀(中)42S
最優秀中継ぎ攝津 正(ソ)
ファルケンボーグ(ソ)
38HP浅尾 拓也(中)59HP
最優秀投手杉内 俊哉(ソ)前田 健太(広)
沢村賞前田 健太(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手和田 毅(ソ)前田 健太(広)
捕手嶋 基宏(楽)阿部 慎之助(巨)
一塁手A.カブレラ(オ)C.ブラゼル(神)
二塁手田中 賢介(日)平野 恵一(神)
三塁手小谷野 栄一(日)森野 将彦(中)
遊撃手西岡 剛(ロ)鳥谷 敬(神)
外野手多村 仁志(ソ)M.マートン(神)
T-岡田(オ)青木 宣親(ヤ)
栗山 巧(西)和田 一浩(中)
指名打者福浦 和也(ロ)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手涌井 秀章(西)前田 健太(広)
捕手嶋 基宏(楽)城島 健司(神)
一塁手小久保 裕紀(ソ)該当者なし
二塁手田中 賢介(日)平野 恵一(神)
三塁手小谷野 栄一(日)宮本 慎也(ヤ)
遊撃手西岡 剛(ロ)梵 英心(広)
外野手糸井 嘉男(日)青木 宣親(ヤ)
坂口 智隆(オ)廣瀬 純(広)
栗山 巧(西)赤松 真人(広)
1勝0敗1分
全セ 4-1 全パ福岡ドームMVP 阿部 慎之助(巨)先制打を含む2安打2打点
全セ 5-5 全パ新潟MVP 片岡 易之(西)4安打1盗塁
クライマックス・パ
ファーストステージ(3試合制)
2勝0敗
ロッテ 6-5 西武9回に4点差を追い付き、11回福浦が決勝弾
ロッテ 5-4 西武9回里崎の同点弾と11回井口決勝打で連日の逆転
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝3敗
●ロッテ --- ソフトバンク○(アドバンテージ)
ロッテ 3-1 ソフトバンク大松3ラン、成瀬が4安打完投
ロッテ 1-3 ソフトバンク和田13奪三振で完投、山崎逆転2点打
ロッテ 0-1 ソフトバンク初回マーフィーの暴投による1点を継投で守り抜く
ロッテ 4-2 ソフトバンク今岡先制弾、渡辺俊が8回まで無失点の好投
ロッテ 5-2 ソフトバンク福浦決勝打、清田2ランで最終決戦へ
ロッテ 7-0 ソフトバンク杉内が連続押し出しで自滅、成瀬完封でロッテが進出
クライマックス・セ
ファーストステージ(3試合制)
2勝0敗
巨人 3-1 阪神坂本同点弾と小笠原2本の適時打で逆転
巨人 7-6 阪神高橋反撃の2ラン、藤川球児からラミレス逆転2点打
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝1敗
○中日 --- 巨人●(アドバンテージ)
中日 5-0 巨人中日が初回に5安打で4点、チェン好投
中日 2-0 巨人吉見好投、自ら先制打も放ち中日がシリーズ進出に王手
中日 2-3 巨人9回に阿部が決勝弾、山口が最後を締める
中日 4-3 巨人巨人が9回に2点差を追いつくも、和田のサヨナラ打で決着
4勝2敗1分
ロッテ 5-2 中日清田同点弾と今江決勝打、好継投でロッテ先勝
ロッテ 1-12 中日3回までに10得点の中日が大勝、チェン好投
ロッテ 7-1 中日清田の満塁一掃三塁打で勝ち越し、渡辺俊が完投
ロッテ 3-4 中日11回に大島決勝の三塁打、岩瀬が締める
ロッテ 10-4 中日中田賢一9失点、15安打のロッテが快勝で王手
ロッテ 2-2 中日延長15回の白熱戦は両軍譲らず引き分け
ロッテ 8-7 中日連日の延長戦は12回に岡田の決勝三塁打でロッテ日本一
シリーズ個人成績
MVP 今江 敏晃(ロ)
敢闘選手 和田 一浩(中)
優秀選手 清田 育宏(ロ)、内 竜也(ロ)、大島 洋平(中)