1938春 昭和13年春期 ←前年 秋期↓ 翌年→

【概況】
9球団となりタイガースが圧倒V
タイガースが開幕から7連勝、その後も順調に貯金を増やした。後半は巨人が追い上げて首位に接近したものの、投打に充実したタイガースが最後まで連敗知らずのまま差を広げ、2期連覇となる春期優勝。
開催期間4月29日〜7月17日
試合制度5回戦制
MVP苅田 久徳(セ) チームは5位ながら監督兼任として攻守に活躍
球団の変遷南海軍が新加入(オープン戦のみ参加)
備 考兵役に出る選手が出始め、試合開催も土日が中心となった
【順位表】
試合 勝率
35 29 6 0 .829 3-2 3-2 4-1 5-0 5-0 4-1 5-0
35 24 11 0 .686 5.0 2-3 1-4 4-1 3-2 4-1 5-0 5-0
35 21 13 1 .618 7.5 2-3 4-1 2(1)2 4-1 2-3 3-2 4-1
35 18 15 2 .545 10.0 1-4 1-4 2(1)2 4(1)0 4-1 3-2 3-2
35 13 21 1 .382 15.5 0-5 2-3 1-4 0(1)4 3-2 4-1 3-2
35 13 22 0 .371 16.0 0-5 1-4 3-2 1-4 2-3 2-3 4-1
35 11 24 0 .314 18.0 1-4 0-5 2-3 2-3 1-4 3-2 2-3
35 9 26 0 .257 20.0 0-5 0-5 1-4 2-3 2-3 1-4 3-2
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
351414119421232046141243017736-11-203-6106-50.2680
35138911511702883417737715038-21-207-10122-48.2502
3514261202153271259733511932-39-175-9103-55.2255
35131011481172633141133510425-23-134-5102-46.2291
3513161139135247414731711227-19-157-1139-71.2169
35132311051472352611429512150-27-182-9156-82.2127
3513371119122242246529310829-18-199-1146-86.2163
3513051149105242271083138825-20-133-3130-79.2106
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
351640296--312.0132911632696144613741109712.048
3519632411--315.01320115324011137914620118942.686
3519612113--313.01289111621991464966097742.128
3521801815--307.2130410792093204118262109842.455
3516001321--306.2136511742998160678401741223.577
3516101322--308.1144012032991121261181002001474.282
3516001124--302.01365114827851795114901691173.487
352220926--302.21408117129582087133501851253.713
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
MVP苅田 久徳(セ)
首位打者中島 治康(巨).345
本塁打王B.ハリス(イ)6本
打点王景浦 将(タ)31点
盗塁王江口 行男(鯱)14個
最高出塁率桝 嘉一(名).493
最多勝V.スタルヒン(巨)14勝
最優秀防御率西村 幸生(タ)1.52
最高勝率御園生 崇男(タ).909

1938秋 昭和13年秋期 ←前年 春期↑ 翌年→

【概況】
巨人が秋期V、年間はタイガースV2
阪急、タイガース、巨人が首位を奪い合う混戦模様だったが、投打に安定した巨人が徐々に抜け出し、逃げ切って3期ぶりとなる秋期優勝。年度優勝決定戦ではタイガースが4連勝し、2年連続の年度Vを達成した。
開催期間8月27日〜11月17日
試合制度5回戦制
MVP中島 治康(巨) 史上初の2桁本塁打で三冠王獲得
球団の変遷南海軍が公式戦に登場
備 考春期と同様、土日を中心に開催
【順位表】
試合 勝率
40 30 9 1 .769 3-2 4-1 4-1 4-1 2-3 4(1)0 5-0 4-1
40 27 13 0 .675 3.5 2-3 3-2 5-0 4-1 4-1 3-2 3-2 3-2
40 21 17 2 .553 8.5 1-4 2-3 2-3 2-3 3-2 2(1)2 4(1)0 5-0
40 19 18 3 .514 10.0 1-4 0-5 3-2 2(1)2 4-1 3(1)1 2(1)2 4-1
40 19 20 1 .487 11.0 1-4 1-4 3-2 2(1)2 1-4 3-2 3-2 5-0
40 19 20 1 .487 11.0 3-2 1-4 2-3 1-4 4-1 1(1)3 3-2 4-1
40 15 20 5 .429 13.0 0(1)4 2-3 2(1)2 1(1)3 2-3 3(1)1 3(1)1 2-3
40 11 26 3 .297 18.0 0-5 2-3 0(1)4 2(1)2 2-3 2-3 1(1)3 2-3
40 11 29 0 .275 19.5 1-4 2-3 0-5 1-4 0-5 1-4 3-2 3-2
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
401615137221133148132247118739-16-220-6179-72.2413
401647140022235660121147320532-26-209-12128-75.2543
401563135217831539201644215050-31-175-2144-60.2330
40155513131452773691236713060-22-216-4213-98.2110
40151313061662904891640414540-29-171-7158-74.2221
40157713131642842711936013930-28-226-10143-85.2163
40147913051172352991332110225-27-137-10133-67.1801
401472127011025633753189154-34-167-1178-76.2016
401504130111927237563379762-21-172-10195-81.2091
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
402683309--362.01450130223613123521112110822.039
4024302713--366.0156513563021117191521021311002.459
4024212117--356.21500128927691698129411571243.126
4019611918--356.015941377325201856155631831323.337
4020711920--354.0159813663342219610122121991573.992
4026401920--360.11559131125182174202601461052.618
4030211520--364.01559131926711213422551142932.299
4027201126--350.215361291294720511133521641102.821
4019101129--347.01564132133192145142312001443.735
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
MVP中島 治康(巨)
首位打者中島 治康(巨).361
本塁打王中島 治康(巨)10本
打点王中島 治康(巨)38点
盗塁王佐々木 常助(鯱)20個
最高出塁率中島 治康(巨).428
最多勝V.スタルヒン(巨)19勝
最優秀防御率V.スタルヒン(巨)1.05
最高勝率V.スタルヒン(巨).905
4勝0敗
第1戦延長10回藤井の押し出しでサヨナラ、西村が完投
第2戦序盤から点の取り合いは藤村3打点、本堂が決勝打
第3戦巨人の8失策で終盤に逆転、西村が粘りの投球と決勝打
第4戦松木、景浦の一発も出てタイガースが4連勝で年度優勝