1958 昭和33年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 78 47 5 .619 13(2)11 17-9 14(1)11 12(1)13 22(1)3
130 77 48 5 .612 1.0 11(2)13 13(1)12 13(1)12 19-7 21(1)4
130 73 51 6 .585 4.5 9-17 12(1)13 16(2)8 18(2)6 18(1)7
130 62 63 5 .496 16.0 11(1)14 12(1)13 8(2)16 12-14 19(1)6
130 57 70 3 .450 22.0 13(1)12 7-19 6(2)18 14-12 17-9
130 29 97 4 .238 49.5 3(1)22 4(1)21 7(1)18 6(1)19 9-17
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 77 52 1 .596 13-13 18(1)7 13-13 16-10 17-9
130 72 58 0 .554 5.5 13-13 13-13 16-10 15-11 15-11
130 66 59 5 .527 9.0 7(1)18 13-13 18-8 13(2)11 15(2)9
130 58 68 4 .462 17.5 13-13 10-16 8-18 13(3)10 14(1)11
130 54 68 8 .446 19.5 10-16 11-15 11(2)13 10(3)13 12(3)11
130 51 73 6 .415 23.5 9-17 11-15 9(2)15 11(1)14 11(3)12
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP稲尾 和久(西)藤田 元司(巨)
新人王杉浦 忠(南)長嶋 茂雄(巨)
首位打者中西 太(西).314田宮 謙次郎(大阪).320
本塁打王中西 太(西)23本長嶋 茂雄(巨)29本
打点王葛城 隆雄(毎)85点長嶋 茂雄(巨)92点
盗塁王C.バルボン(急)38個岡嶋 博治(中)47個
最多勝稲尾 和久(西)33勝金田 正一(国)31勝
最優秀防御率稲尾 和久(西)1.42金田 正一(国)1.30
最高勝率秋本 祐作(急).778藤田 元司(巨).690
最優秀投手稲尾 和久(西)
沢村賞金田 正一(国)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手稲尾 和久(西)金田 正一(国)
捕手野村 克也(南)藤尾 茂(巨)
一塁手スタンレー橋本(映)川上 哲治(巨)
二塁手C.バルボン(急)井上 登(中)
三塁手中西 太(西)長嶋 茂雄(巨)
遊撃手葛城 隆雄(毎)吉田 義男(大)
外野手毒島 章一(映)田宮 謙次郎(大)
関口 清治(西)与那嶺 要(巨)
杉山 光平(南)森 徹(中)
1勝1敗
全パ 2-5 全セ平和台MVP 宮本 敏雄(巨)先制打を含む2安打
全パ 8-3 全セ広島MVP 中西 太(西)代打で貴重な3ラン
4勝3敗
西鉄 2-9 巨人16安打で序盤から加点した巨人が先勝
西鉄 3-7 巨人初回無死で7得点の巨人が逃げ切る
西鉄 0-1 巨人広岡が先制の三塁打、藤田4安打完封
西鉄 6-4 巨人3点差を挽回し豊田の2発などで逆転
西鉄 4-3 巨人9回二死から関口同点打、10回稲尾がサヨナラ弾
西鉄 2-0 巨人初回に中西2ラン、稲尾3安打完封で守りきる
西鉄 6-1 巨人また初回に中西先制3ラン、稲尾完投で西鉄3連覇
MVP 稲尾 和久(西)
首位打者 豊田 泰光(西)
最優秀投手 稲尾 和久(西)
優秀選手 中西 太(西)
技能賞 川上 哲治(巨)
敢闘賞 藤田 元司(巨)