1961 昭和36年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 71 53 6 .569 10(1)15 13(2)11 15(1)10 18-8 15(2)9
130 72 56 2 .562 1.0 15(1)10 16-10 11(1)14 14-12 16-10
130 67 60 3 .527 5.5 11(2)13 10-16 15-11 13(1)12 18-8
130 60 67 3 .473 12.5 10(1)15 14(1)11 11-15 7(1)18 18-8
130 58 67 5 .465 13.5 8-18 12-14 12(1)13 18(1)7 8(3)15
130 50 75 5 .404 21.5 9(2)15 10-16 8-18 8-18 15(3)8
パ・リーグ順位表
試合 勝率
140 85 49 6 .629 12(3)13 11(1)16 17(1)10 22(1)5 23-5
140 83 52 5 .611 2.5 13(3)12 17(1)10 18(1)9 16-12 19-9
140 81 56 3 .589 5.5 16(1)11 10(1)17 12-16 21(1)6 22-6
140 72 66 2 .521 15.0 10(1)17 9(1)18 16-12 16-12 21-7
140 53 84 3 .389 33.5 5(1)22 12-16 6(1)21 12-16 18(1)9
140 36 103 1 .261 51.5 5-23 9-19 6-22 7-21 9(1)18
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP長嶋 茂雄(巨)野村 克也(南)
新人王権藤 博(中)徳久 利明(近)
首位打者長嶋 茂雄(巨).353張本 勲(映).336
本塁打王長嶋 茂雄(巨)28本野村 克也(南)
中田 昌宏(急)
29本
打点王桑田 武(洋)94点山内 和弘(毎)112点
盗塁王近藤 和彦(洋)35個広瀬 叔功(南)42個
最多勝権藤 博(中)35勝稲尾 和久(西)42勝
最優秀防御率権藤 博(中)1.70稲尾 和久(西)1.69
最高勝率伊藤 芳明(巨).684稲尾 和久(西).750
沢村賞権藤 博(中)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手権藤 博(中)稲尾 和久(西)
捕手森 昌彦(巨)野村 克也(南)
一塁手藤本 勝巳(神)榎本 喜八(毎)
二塁手土屋 正孝(国)森下 整鎮(南)
三塁手長嶋 茂雄(巨)中西 太(西)
遊撃手河野 旭輝(中)豊田 泰光(西)
外野手近藤 和彦(洋)張本 勲(映)
江藤 慎一(中)田宮 謙次郎(毎)
森永 勝治(広)山内 和弘(毎)
2勝0敗
全パ 3-0 全セ中日MVP 広瀬 叔功(南)唯一の得点となる3ラン
全パ 4-2 全セ甲子園MVP 田宮 謙次郎(毎)同点の2点二塁打含む2安打
4勝2敗
巨人 0-6 南海野村先制弾を含む3発とスタンカの完封で南海が快勝
巨人 6-4 南海打線復活の巨人が14安打でお返し、南海の反撃及ばず
巨人 5-4 南海宮本が3安打2打点、7回にスタンカ攻略で逆転
巨人 4-3 南海寺田の落球をきっかけに宮本が逆転サヨナラ2点打
巨人 3-6 南海広瀬3安打、野村2ランを含む3打点で打ち勝つ
巨人 3-2 南海王先制2ラン、10回表坂崎の決勝打で巨人が日本一
MVP 宮本 敏雄(巨)
首位打者 宮本 敏雄(巨)
最優秀投手 堀本 律雄(巨)
優秀選手 塩原 明(巨)
技能賞 中村 稔(巨)
敢闘賞 J.スタンカ(南)