1960 昭和35年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 70 56 4 .554 14(1)11 12(1)13 14(1)11 15-11 15(1)10
130 66 61 3 .519 4.5 11(1)14 16(1)9 8(1)17 15-11 16-10
130 64 62 4 .508 6.0 13(1)12 9(1)16 12(2)12 13-13 17-9
130 62 61 7 .504 6.5 11(1)14 17(1)8 12(2)12 12-14 10(3)13
130 63 67 0 .485 9.0 11-15 11-15 13-13 14-12 14-12
130 54 72 4 .431 16.0 10(1)15 10-16 9-17 13(3)10 12-14
パ・リーグ順位表
試合 勝率
133 82 48 3 .631 14-12 17(1)9 16(2)10 16-10 19-7
136 78 52 6 .600 4.0 12-14 16(4)10 17(2)9 14-12 19-7
136 70 60 6 .538 12.0 9(1)17 10(4)16 15(1)11 21-5 15-11
136 65 65 6 .500 17.0 10(2)16 9(2)17 11(1)15 18(1)8 17-9
132 52 78 2 .400 30.0 10-16 12-14 5-21 8(1)18 17(1)9
131 43 87 1 .331 39.0 7-19 7-19 11-15 9-17 9(1)17
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP秋山 登(洋)山内 和弘(毎)
新人王堀本 律雄(巨)該当者なし
首位打者長嶋 茂雄(巨).334榎本 喜八(毎).344
本塁打王藤本 勝巳(大阪)22本山内 和弘(毎)32本
打点王藤本 勝巳(大阪)76点山内 和弘(毎)103点
盗塁王中 利夫(中)50個バルボン(急)32個
最多勝堀本 律雄(巨)29勝小野 正一(毎)33勝
最優秀防御率秋山 登(洋)1.75小野 正一(毎)1.98
最高勝率秋山 登(洋).677小野 正一(毎)0.75
沢村賞堀本 律雄(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手秋山 登(洋)小野 正一(毎)
捕手土井 淳(洋)野村 克也(南)
一塁手近藤 和彦(洋)榎本 喜八(毎)
二塁手井上 登(中)仰木 彬(西)
三塁手長嶋 茂雄(巨)小玉 明利(近)
遊撃手吉田 義男(大)豊田 泰光(西)
外野手並木 輝男(大)山内 和弘(毎)
中 利夫(中)田宮 謙次郎(毎)
森 徹(中)張本 勲(映)
2勝1敗
全パ 3-1 全セ川崎MVP 森下 整鎮(南)先制の適時二塁打
全パ 4-5 全セ後楽園MVP 金田 正一(国)8回から締め決勝打も
全パ 6-5 全セ後楽園MVP 張本 勲(映)2ランを含む3打点
4勝0敗
大洋 1-0 大毎金光決勝弾、初回に救援の秋山が無失点で投げ切る
大洋 3-2 大毎7回鈴木武が決勝打、8回のピンチに秋山が好救援
大洋 6-5 大毎5点差を追いつかれるも9回近藤昭が決勝弾
大洋 1-0 大毎近藤昭の先制打、島田源−秋山のリレーで大洋が日本一
シリーズ個人成績
MVP 近藤 昭仁(洋)
首位打者 金光 秀憲(洋)
最優秀投手 秋山 登(洋)
優秀選手 近藤 和彦(洋)
技能賞 鈴木 武(洋)
敢闘賞 田宮 謙次郎(毎)