1999 平成11年 ←前年 翌年→

【パ・リーグ概況】
戦力の揃ったダイエーが26年ぶりV
5月までダイエー、日本ハムが首位争いをするもののダンゴ状態に近い展開。6月に入ってダイエーが一気に抜け出した。後半は西武が追いかけて一時は0.5差に迫ったものの、勝負どころの9月後半に7連勝するなどでダイエーが逃げ切り、26年ぶりのV。
開催期間4月3日〜10月12日
試合制度27回戦制
延長規定12回まで
MVP工藤 公康(ダイエー) 2度目 11勝を挙げ奪三振と防御率のタイトルを獲得
球団の変遷近鉄バファローズ →大阪近鉄バファローズ
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
135 78 54 3 .591 12-15 17-10 14(1)12 18(1)8 17(1)9
135 75 59 1 .560 4.0 15-12 12-15 16-11 17-10 15(1)11
135 68 65 2 .511 10.5 10-17 15-12 12-15 15-12 16(2)9
135 63 70 2 .474 15.5 12(1)14 11-16 15-12 11(1)15 14-13
135 60 73 2 .451 18.5 8(1)18 10-17 12-15 15(1)11 15-12
135 54 77 4 .412 23.5 9(1)17 11(1)15 9(2)16 13-14 12-15
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13551924511563116119926140183254280471272448027509128781.2574
13551644438535114417024891629510136481304252017327369778.2578
135528545746201205205151121776597692611430523344484692105.2634
1355118446754111472383497174451564471442444822358129687.2568
13551724559614118422326148190358767388126457164894210069.2597
135516144975951157224151511864573733513828459193976211365.2573
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13516129785436-1220.05168454611731044313187836115534953.652
135221710755938-1213.15101449110981104234197628125134823.575
1352188686522-1205.0518644701143108510387822975774873.637
13518119637030-1197.25057445911181304323185143135384853.645
1352082607328-1197.0524145321228151499467613576255774.338
1351261547723-1202.2533945481238134592617624396626074.542
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【セ・リーグ概況】
開幕ダッシュの中日が11年ぶりV
開幕11連勝で中日が抜け出すものの、その後は調子が上がらず6月にはダンゴ状態になった。7月に入ると、安定した投手力を持つ中日が復調して再び抜け出した。巨人が一時は1.5差に迫ったものの、9月下旬に8連勝した中日が逃げ切り11年ぶりのV。
開催期間4月2日〜10月15日
試合制度27回戦制(引き分け再試合)
延長規定15回まで
MVP野口 茂樹(中日) チームトップの19勝を挙げて投手陣を牽引
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
135 81 54 0 .600 15-12 16-11 18-9 13-14 19-8
135 75 60 0 .556 6.0 12-15 14-13 15-12 17-10 17-10
135 71 64 0 .526 10.0 11-16 13-14 12-15 16-11 19-8
135 66 69 0 .489 15.0 9-18 12-15 15-12 16-11 14-13
135 57 78 0 .422 24.0 14-13 10-17 11-16 11-16 11-16
135 55 80 0 .407 26.0 8-19 10-17 8-19 13-14 16-11
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13550994446598116821025120178857878381153747031318508575.2627
1355178455161812051809182194959551291013344921439218361.2648
13553454788711140824620140211468874295737423254086010777.2941
13551604552584120320715141186356380251392939632428418360.2643
135514745425861180200191521874561763310322439214183591110.2598
13550554504490116719424971700459635310816387234088912767.2591
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
135181312815436-1203.1509945431180115386358453224884533.388
13521810756031-1201.2508645471158137389398993465535133.842
135151217716431-1199.0513946151276165358288683626395914.436
13515127666934-1206.1523445711214131492379094536105674.230
13526115577824-1187.1527745931269162501428694737126314.783
135564558023-1193.15149451412341224385680626105855364.042
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP工藤 公康(ダ)野口 茂樹(中)
新人王松坂 大輔(西)上原 浩治(巨)
首位打者イチロー(オ).343R.ローズ(横).369
本塁打王T.ローズ(近)40本R.ペタジーニ(ヤ)44本
打点王T.ローズ(近)101点R.ローズ(横)153点
勝利打点王R.ペタジーニ(ヤ)17
盗塁王松井 稼頭央(西)32個石井 琢朗(横)39個
最高出塁率イチロー(オ).412R.ペタジーニ(ヤ).469
最多安打松井 稼頭央(西)178本R.ローズ(横)192本
最多勝松坂 大輔(西)16勝上原 浩治(巨)20勝
最優秀防御率工藤 公康(ダ)2.38上原 浩治(巨)2.09
最高勝率篠原 貴行(ダ).933
最多奪三振工藤 公康(ダ)196個上原 浩治(巨)179個
最優秀救援B.ウォーレン(ロ)31SP高津 臣吾(ヤ)31SP
最優秀中継ぎ藤井 将雄(ダ)26H岩瀬 仁紀(中)28.15RP
最優秀投手上原 浩治(巨)
沢村賞上原 浩治(巨)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手松坂 大輔(西)上原 浩治(巨)
捕手城島 健司(ダ)古田 敦也(ヤ)
一塁手小笠原 道大(日)R.ペタジーニ(ヤ)
二塁手金子 誠(日)R.ローズ(横)
三塁手中村 紀洋(近)L.ゴメス(中)
遊撃手松井 稼頭央(西)石井 琢朗(横)
外野手イチロー(オ)松井 秀喜(巨)
T.ローズ(近)関川 浩一(中)
谷 佳知(オ)高橋 由伸(巨)
指名打者P.クラーク(近)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手松坂 大輔(西)上原 浩治(巨)
捕手城島 健司(ダ)古田 敦也(ヤ)
一塁手小笠原 道大(日)駒田 徳広(横)
二塁手金子 誠(日)仁志 敏久(巨)
三塁手中村 紀洋(近)進藤 達哉(横)
遊撃手小坂 誠(ロ)宮本 慎也(ヤ)
外野手イチロー(オ)高橋 由伸(巨)
秋山 幸二(ダ)緒方 孝市(広)
大友 進(西)新庄 剛志(神)
3勝0敗
第1戦西武ドMVP松井 秀喜(巨)4打数1安打2打点 6回に貴重な2ラン
第2戦甲子園MVPR.ローズ(横)3打数3安打6打点 一発を含む6打点
第3戦倉敷MVP新庄 剛志(神)4打数2安打2打点 先制打と一発で2打点
ファン投票結果
4勝1敗
第1戦秋山が先制ソロ、工藤13奪三振で完封
第2戦立浪先制2点打、ゴメス4打点で快勝
第3戦城島先制2ラン、永井が6回を無安打の好投
第4戦小久保2打点、星野が好投し継投も成功
第5戦守備の乱れを突いて一挙6点、ダイエーが日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP秋山 幸二(ダ).300 2本 第1戦と第4戦で先制打、チーム最多の6安打
敢闘選手川上 憲伸(中)1勝0敗 第2戦に先発で好投
優秀選手工藤 公康(ダ)
永井 智浩(ダ)
城島 健司(ダ)
1勝0敗 第1戦で完封勝利
1勝0敗 第3戦で6回無安打の好投
.278 1本 第3戦と第5戦で決勝打