1998 平成10年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
136 79 56 1 .585 14(1)13 15-12 16-11 15-12 19-8
136 75 60 1 .556 4.0 13(1)14 15-12 16-11 14-13 17-10
135 73 62 0 .541 6.0 12-15 12-15 16-11 16-11 17-10
135 66 69 0 .489 13.0 11-16 11-16 11-16 16-11 17-10
135 60 75 0 .444 19.0 12-15 13-14 11-16 11-16 13-14
135 52 83 0 .385 27.0 8-19 10-17 10-17 10-17 14-13
パ・リーグ順位表
試合 勝率
135 70 61 4 .534 14(1)12 12(1)14 16(1)10 15-12 13(1)13
135 67 65 3 .508 3.5 12(1)14 14(2)11 12-15 14-13 15-12
135 66 66 3 .500 4.5 14(1)12 11(2)14 15-12 14-13 12-15
135 67 67 1 .500 4.5 10(1)16 15-12 12-15 14-13 16-11
135 66 67 2 .496 5.0 12-15 13-14 13-14 13-14 15(2)10
135 61 71 3 .462 9.5 13(1)13 12-15 15-12 11-16 10(2)15
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP佐々木 主浩(横)松井 稼頭央(西)
新人王川上 憲伸(中)小関 竜也(西)
首位打者鈴木 尚典(横).337イチロー(オ).358
本塁打王松井 秀喜(巨)34本N.ウィルソン(日)33本
打点王松井 秀喜(巨)100点N.ウィルソン(日)124点
勝利打点王山崎 武司(中)16
盗塁王石井 琢朗(横)39個松井 稼頭央(西)
小坂 誠(ロ)
43個
最高出塁率松井 秀喜(巨).421片岡 篤史(日).435
最多安打石井 琢朗(横)174本イチロー(オ)181本
最多勝川崎 憲次郎(ヤ)17勝西口 文也(西)
武田 一浩(ダ)
黒木 知宏(ロ)
13勝
最優秀防御率野口 茂樹(中)2.34金村 暁(日)2.73
最高勝率黒木 知宏(ロ).591
最多奪三振石井 一久(ヤ)241個西口 文也(西)148個
最優秀救援佐々木 主浩(横)46SP大塚 晶文(近)38SP
最優秀中継ぎ落合 英二(中)19.70RP吉田 修司(ダ)21H
最優秀投手佐々木 主浩(横)
沢村賞川崎 憲次郎(ヤ)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手佐々木 主浩(横)西口 文也(西)
捕手谷繁 元信(横)伊東 勤(西)
一塁手駒田 徳広(横)P.クラーク(近)
二塁手R.ローズ(横)J.フランコ(ロ)
三塁手江藤 智(広)片岡 篤史(日)
遊撃手石井 琢朗(横)松井 稼頭央(西)
外野手松井 秀喜(巨)イチロー(オ)
鈴木 尚典(横)大村 直之(近)
前田 智徳(広)柴原 洋(ダ)
指名打者N.ウィルソン(日)
ゴールデングラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手桑田 真澄(巨)西口 文也(西)
捕手谷繁 元信(横)伊東 勤(西)
一塁手駒田 徳広(横)高木 大成(西)
二塁手R.ローズ(横)金子 誠(日)
三塁手進藤 達哉(横)片岡 篤史(日)
遊撃手石井 琢朗(横)松井 稼頭央(西)
外野手高橋 由伸(巨)イチロー(オ)
緒方 孝市(広)大村 直之(近)
新庄 剛志(神)大友 進(西)
1勝0敗1分
全セ 4-1 全パナゴヤドームMVP 川上 憲伸(中)3回無失点で勝利投手
全セ 3-3 全パ千葉マリンMVP 松井 秀喜(巨)先制2ラン含む2安打

4勝2敗
横浜 9-4 西武横浜が14安打、西口を序盤でKO
横浜 4-0 西武斎藤隆3安打完封、鈴木尚が4安打2打点
横浜 2-7 西武横浜投手陣11四球の乱調、潮崎が粘って勝利
横浜 2-4 西武マルティネス決勝2ラン、石井が好投
横浜 17-5 西武横浜打線が20安打の爆発で記録的大勝
横浜 2-1 西武駒田が先制の2点二塁打、佐々木が締めて横浜が日本一
MVP 鈴木 尚典(横)
敢闘賞 大塚 光二(西)
優秀選手 斎藤 隆(横)、石井 琢朗(横)、駒田 徳広(横)