2000 平成12年 ←前年 翌年→

【セ・リーグ概況】
長打力の揃った巨人が4年ぶりV
序盤は抜け出すチームがなく、横浜、巨人、広島など首位が入れ替わる展開。長打力と安定した投手陣を持つ巨人が6月後半に抜け出すと、7月には調子を上げてさらに差を広げた。後半も追い上げるチームがほとんどなく、そのまま巨人が4年ぶりのV。
ペナントレース期間3月31日〜10月11日
試合制度27回戦制(引き分け再試合)
延長規定15回まで
MVP松井 秀喜(巨人) 2度目 四番として本塁打と打点の二冠を獲得
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
135 78 57 0 .578 18-9 16-11 11-16 15-12 18-9
135 70 65 0 .519 8.0 9-18 15-12 17-10 13-14 16-11
136 69 66 1 .511 9.0 11-16 12-15 16(1)11 14-13 16-11
136 66 69 1 .489 12.0 16-11 10-17 11(1)16 13-14 16-11
136 65 70 1 .481 13.0 12-15 14-13 13-14 14-13 12(1)15
136 57 78 1 .422 21.0 9-18 11-16 11-16 11-16 15(1)12
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
135516445526891199208720320306595046963643824419717073.2634
135512045155441201220201111794521574712530412303784810772.2660
13652944751576131621319103187655765296128420353491411758.2770
13652084612581121721624137189255171291332340437369108146.2639
136513046005911178182111501832562114509830362214096079107.2561
136508345344731107147241141644447534710724380323697098101.2442
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
135171413785727-1207.25008453211251263113110394124974483.339
13512147706537-1212.2520646081188135448369324016175644.186
136111014696633-1215.2506045911206152324228973765595303.924
1367128666932-1213.1509745191144137417429785455154883.620
1361746657030-1215.1534846681300146491368443866756054.480
1369134577831-1217.0528046461255122425578834145915283.905
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
混戦から抜け出したダイエーがV2
序盤はオリックスと西武が首位を争ったものの抜け出すことは出来ず、6月下旬にはダイエーも加わり三つ巴となった。球宴時には0.5差に3チームが接近したが、後半はダイエーと西武が首位を争った。9月の9連勝で首位に立ったダイエーが逃げ切り、2連覇を達成。
ペナントレース期間4月1日〜10月16日
試合制度27回戦制
延長規定12回まで
MVP松中 信彦(ダイエー) 主に五番として3割30本塁打100打点を達成
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
135 73 60 2 .549 11(1)15 15-12 16-11 12-15 19(1)7
135 69 61 5 .531 2.5 15(1)11 14-13 13(2)12 13(2)12 14-13
135 69 65 1 .515 4.5 12-15 13-14 10-17 20(1)6 14-13
135 64 67 4 .489 8.0 11-16 12(2)13 17-10 12(2)13 12-15
135 62 67 6 .481 9.0 15-12 12(2)13 6(1)20 13(2)12 16(1)10
135 58 75 2 .436 15.0 7(1)19 13-14 13-14 15-12 10(1)16
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13552044525630121221727129187061057361063849314428499768.2678
1355247450461411482142697170558485381244253922388249788.2549
13553544627771128522531177210373510740944055320408159171.2777
13552574517638117621218116177261072301084155926318448681.2603
13552504528622117522024109177058788261103554420337919899.2595
13551754496612117620034125181958368451223348121437829068.2616
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13512113736038-1199.0513744961143117464317924755845374.031
13514165696127-1215.2520145301136108491299092465724973.679
1352652696524-1193.1525045171205140551477933376646234.699
1352386646720-1192.25241453412261445143480641106726154.641
1351265626730-1200.2533245941272121540387975717086314.730
1352081587526-1190.1532645261190123609488084066876164.658
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP松井 秀喜(巨)松中 信彦(ダ)
新人王金城 龍彦(横)該当者なし
首位打者金城 龍彦(横).346イチロー(オ).387
本塁打王松井 秀喜(巨)42本中村 紀洋(近)39本
打点王松井 秀喜(巨)108点中村 紀洋(近)110点
勝利打点王鈴木 尚典(横)
江藤 智(巨)
14
盗塁王石井 琢朗(横)35個小坂 誠(ロ)33個
最高出塁率松井 秀喜(巨).438イチロー(オ).460
最多安打R.ローズ(横)168本小笠原 道大(日)182本
最多勝M.バンチ(中)14勝松坂 大輔(西)14勝
最優秀防御率石井 一久(ヤ)2.61戎 信行(オ)3.27
最高勝率小野 晋吾(ロ).722
最多奪三振石井 一久(ヤ)210個松坂 大輔(西)144個
最優秀救援E.ギャラード(中)36SPR.ペドラザ(ダ)38SP
最優秀中継ぎ岩瀬 仁紀(中)26.20RP藤田 宗一(ロ)19H
最優秀投手工藤 公康(巨)
沢村賞該当者なし
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手工藤 公康(巨)松坂 大輔(西)
捕手古田 敦也(ヤ)城島 健司(ダ)
一塁手R.ペタジーニ(ヤ)松中 信彦(ダ)
二塁手R.ローズ(横)大島 公一(オ)
三塁手江藤 智(巨)中村 紀洋(近)
遊撃手石井 琢朗(横)松井 稼頭央(西)
外野手松井 秀喜(巨)イチロー(オ)
金本 知憲(広)柴原 洋(ダ)
新庄 剛志(神)S.オバンドー(日)
指名打者N.ウィルソン(日)
ゴールデングラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手工藤 公康(巨)松坂 大輔(西)
捕手古田 敦也(ヤ)城島 健司(ダ)
一塁手R.ペタジーニ(ヤ)小笠原 道大(日)
二塁手仁志 敏久(巨)大島 公一(オ)
三塁手岩村 明憲(ヤ)中村 紀洋(近)
遊撃手宮本 慎也(ヤ)小坂 誠(ロ)
外野手新庄 剛志(神)イチロー(オ)
高橋 由伸(巨)田口 壮(オ)
松井 秀喜(巨)柴原 洋(ダ)
3勝0敗
第1戦東京ドMVPR.ペタジーニ(ヤ)4打数2安打2打点 同点弾を含む2発
第2戦神戸MVP山崎 武司(中)4打数3安打2打点 先制2点打を含む3安打
第3戦長崎MVP清原 和博(巨)4打数2安打3打点 先制弾を含む3打点
ファン投票結果
4勝2敗
第1戦松中同点2ラン、9回ニエベス決勝弾で逆転勝ち
第2戦5回に連打で一挙6点、得意の継投も決まる
第3戦二岡、村田真の連打で勝ち越し、上原が粘りの投球
第4戦2回江藤のソロで勝ち越し、斎藤雅−岡島で守りきる
第5戦高橋尚が12奪三振で完封、巨人3発で快勝
第6戦松井が効果的な4打点、集中打で巨人が日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP松井 秀喜(巨).381 3本 両軍最多の8打点
敢闘選手城島 健司(ダ).348 4本 両軍最多の4本塁打
優秀選手仁志 敏久(巨)
村田 真一(巨)
高橋 尚成(巨)
.360 0本 両軍最多の9安打
.286 1本 松井に次ぐ7打点
1勝0敗 第5戦で完封勝利