1943 昭和18年 ←前年 翌年→

【概況】
要所で強みを見せた巨人が5連覇
春期は名古屋が首位を走ったが、巨人が最後の10連勝で逆転優勝。夏期も同様に名古屋が首位に立ったものの、巨人が最後の13連勝で逆転優勝。秋期は中盤に勝ち進んだ西鉄が逃げ切り優勝。総合では巨人が5年連続の年度Vを達成。
開催期間春期:4月3日〜6月1日、夏期:6月18日〜8月18日、秋期:9月11日〜11月7日
試合制度各期4回戦制
MVP呉 昌征(巨) 一番打者として首位打者と出塁率1位
球団の変遷大洋軍→西鉄軍
備 考審判のコールなど全ての用語で英語を使わず、日本語に統一された
【順位表】
試合 勝率
84 54 27 3 .667 7-5 5(1)6 7-5 8(1)3 7(1)4 10-2 10-2
84 48 29 7 .623 4.0 5-7 3(1)8 5(1)6 8(2)2 7(2)3 9(1)2 11-1
84 41 36 7 .532 11.0 6(1)5 8(1)3 4(2)6 2(1)9 5(2)5 9-3 7-5
84 41 36 7 .532 11.0 5-7 6(1)5 6(2)4 3(2)7 7(1)4 5(1)6 9-3
84 39 37 8 .513 12.5 3(1)8 2(2)8 9(1)2 7(2)3 5-7 8-4 5(2)5
84 35 43 6 .449 17.5 4(1)7 3(2)7 5(2)5 4(1)7 7-5 7-5 5-7
84 31 51 2 .378 23.5 2-10 2(1)9 3-9 6(1)5 4-8 5-7 9-3
84 26 56 2 .317 28.5 2-10 1-11 5-7 3-9 5(2)5 7-5 3-9
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
84318427442635726626127262361453734-395-11262-125.2085
8431402771217550661018690186563855-309-5234-123.1985
8431482675225539691912682205825975-391-7262-148.2015
843143278023258662255713192964851-307-5273-105.2108
843245280427655470247693234482129-405-7273-101.1976
843124271320348769179617173963143-359-4295-130.1795
8430412606175481441745711461284348-375-12310-124.1846
843070268417849562136601153603177-299-9242-99.1844
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
84572535427--763.130652655448735664091401691171.378
84581734829--779.1310027084751332512222701721221.408
84541344136--769.23193277554333649262412211541.800
84672384136--771.23084273051742976297301851401.632
84581373937--766.031492763555193435258212361882.209
84511133543--771.13217278559893626187402632072.413
84521143151--742.230892721578123204204602571862.253
84541202656--758.131982640550647312312682662092.478
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
MVP呉 昌征(巨)
首位打者呉 昌征(巨).300
本塁打王古川 清蔵(名)
加藤 正二(名)
岩本 章(名)
4本
打点王野口 明(西)
青田 昇(巨)
42点
盗塁王山田 伝(急)56個
最高出塁率呉 昌征(巨).457
最多勝藤本 英雄(巨)34勝
最優秀防御率藤本 英雄(巨)0.73
最高勝率藤本 英雄(巨).756