1950 昭和25年 ←前年 翌年→

各試合ページのうち投手成績が未完成の箇所は、データが集まり次第、補完します。

パ・リーグ順位表
試合 勝率
120 81 34 5 .704 11(1)8 13(1)6 14(1)5 16(1)3 12-8 15(1)4
120 66 49 5 .574 15.0 8(1)11 7(1)12 14-6 12-8 13-7 12(3)5
120 62 54 4 .534 19.5 6(1)13 12(1)7 6(1)13 10(1)9 14-6 14-6
120 54 64 2 .458 28.5 5(1)14 6-14 13(1)6 11-9 8-12 11-9
120 51 67 2 .432 31.5 3(1)16 8-12 9(1)10 9-11 12-8 10-10
120 51 69 0 .425 32.5 8-12 7-13 6-14 12-8 8-12 10-10
120 44 72 4 .379 37.5 4(1)15 5(3)12 6-14 9-11 10-10 10-10
セ・リーグ順位表
試合 勝率
137 98 35 4 .737 13(1)6 12(1)7 12-8 12(2)6 16-2 18-1 15-5
137 89 44 4 .669 9.0 6(1)13 11(1)8 14-6 13-7 14(1)3 17(1)2 14-5
140 82 54 4 .603 17.5 7(1)12 8(1)11 12(1)7 12-8 15-5 16(1)3 12-8
140 70 67 3 .511 30.0 8-12 6-14 7(1)12 11-9 11(2)7 13-7 14-6
140 69 68 3 .504 31.0 6(2)12 7-13 8-12 9-11 11-9 13-7 15(1)4
136 50 83 3 .376 48.0 2-16 3(1)14 5-15 7(2)11 9-11 11-9 13-7
138 42 94 2 .309 57.5 1-18 2(1)17 3(1)16 7-13 7-13 9-11 13-6
138 41 96 1 .299 59.0 5-15 5-14 8-12 6-14 4(1)15 7-13 6-13
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP別当 薫(毎)小鶴 誠(松)
新人王荒巻 淳(毎)大島 信雄(松)
首位打者大下 弘(東急).339藤村 富美男(大阪).362
本塁打王別当 薫(毎)43本小鶴 誠(松)51本
打点王別当 薫(毎)105点小鶴 誠(松)161点
盗塁王木塚 忠助(南)78個金山 次郎(松)74個
最多勝荒巻 淳(毎)26勝真田 重男(松)39勝
最優秀防御率荒巻 淳(毎)2.06大島 信雄(松)2.03
最高勝率野村 武史(毎).818大島 信雄(松).833
沢村賞真田 重男(松)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手荒巻 淳(毎)真田 重男(松)
捕手土井垣 武(毎)荒川 昇治(松)
一塁手飯田 徳治(南)西沢 道夫(中)
二塁手本堂 保次(毎)千葉 茂(巨)
三塁手中谷 順次(阪急)藤村 富美男(大)
遊撃手木塚 忠助(南)白石 勝巳(広)
外野手別当 薫(毎)小鶴 誠(松)
大下 弘(東急)青田 昇(巨)
飯島 滋弥(大映)岩本 義行(松)
4勝2敗
毎日 3-2 松竹初の日本シリーズは12回伊藤の2点打で毎日が先勝
毎日 5-1 松竹野村武が完投、13安打の毎日が序盤から加点し連勝
毎日 6-7 松竹三村が逆転サヨナラ打、9回に2点差をひっくり返す
毎日 3-5 松竹岩本が勝ち越し2ラン、大島が好投し逃げ切る
毎日 3-2 松竹9回に失策で決勝点、野村武が5安打完投
毎日 8-7 松竹打撃戦は延長11回サヨナラで毎日が初代日本一
シリーズ個人成績
MVP 別当 薫(毎)