1951 昭和26年 ←前年 翌年→

各試合ページのうち投手成績が未完成の箇所は、データが集まり次第、補完します。

【セ・リーグ概況】
混戦を抜け出した巨人が一気に独走
本塁打ブームは収まり長打が減少。5月までは国鉄、巨人、松竹などが首位を奪い合う大混戦。6月には巨人が抜け出し名古屋が追ったものの、球宴後の15連勝などで独走した巨人がそのまま突っ走り、2年ぶりのV。
開催期間3月29日〜10月9日
試合制度20回戦制
延長規定デーゲーム12回、ナイター9回(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP川上 哲治(巨人) 2度目 四番として高打率を維持して首位打者を獲得
球団の変遷西日本パイレーツが脱退、パ・リーグへ
中日ドラゴンズ→名古屋ドラゴンズ
備 考日米野球の開催のため、多くの試合を残しながらペナント打ち切り
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
114 79 29 6 .731 12(2)6 11-9 13(1)6 14-4 16(2)2 13(1)2
113 62 48 3 .564 18.0 6(2)12 11-9 14(1)5 6-10 12-7 13-5
116 61 52 3 .540 20.5 9-11 9-11 11(1)8 9(1)9 12(1)7 11-6
115 53 57 5 .482 27.0 6(1)13 5(1)14 8(1)11 11-9 11(1)5 12(1)5
107 46 59 2 .438 31.5 4-14 10-6 9(1)9 9-11 6-12 8(1)7
108 40 64 4 .385 37.0 2(2)16 7-12 7(1)12 5(1)11 12-6 7-7
99 32 64 3 .333 41.0 2(1)13 5-13 6-11 5(1)12 7(1)8 7-7
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
114449939507021151191349216866321927073-457-1932090138.2914
113432638255261039164336714704741617592-384-25317102185.2716
11644663980545106917034781541502683482-380-24312113128.2686
1154545406260910871472910516075561204258-407-1845085151.2676
10739033537389868111163611193491424681-274-11290113169.2454
1084132372750294314117861376451664136-356-1237785147.2530
993780339340283115428421167362613777-291-1929976151.2449
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
114631287929--1033.2417438018924729514436883813012.620
11348826248--1020.044063930101170364193511145233933.468
11647846152--1032.143263910100281325242941544653743.258
11540845357--1021.0444939841081963731730716125985004.407
10735704659--945.24172356587568507204982345334163.958
10838374064--943.24209378411318833921239876205084.843
9943173264--875.13915350099656346132401035554504.623
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
投手力と機動力の南海が独走のV
長打が激減傾向となる中で、強力な先発投手陣と機動力を持つ南海が安定した戦いを見せて首位を走った。追い上げるチームもなく差が開く一方となり、記録的な勝率を残した南海が1リーグ時代以来3年ぶりのV。
開催期間3月31日〜10月7日
試合制度20回戦制
延長規定デーゲーム12回、ナイター9回(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP山本 一人(南海) 3度目 監督兼任ながら四番に据わり3割をマーク
球団の変遷西鉄クリッパース・西日本パイレーツ(合併)→西鉄ライオンズ
備 考各球団の主力選手の一部がハワイ遠征のため、開幕から約1週間遅れて参戦
日米野球の開催のため、多くの試合を残しながらペナント打ち切り
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
104 72 24 8 .750 12(4)2 13(1)4 10(1)3 10(1)7 15(1)3 12-5
105 53 42 10 .558 18.5 2(4)12 11(2)7 12(2)6 6(2)9 11-3 11-5
110 54 51 5 .514 22.5 4(1)13 7(2)11 10-8 12(1)6 9(1)8 12-5
101 41 52 8 .441 29.5 3(1)10 6(2)12 8-10 7-5 8(3)8 9(2)7
96 37 51 8 .420 31.0 7(1)10 9(2)6 6(1)12 5-7 5(2)9 5(2)7
102 38 56 8 .404 33.0 3(1)15 3-11 8(1)9 8(3)8 9(2)5 7(1)8
98 37 56 5 .398 33.5 5-12 5-11 5-12 7(2)9 7(2)5 8(1)7
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
104398036604961010152454813964411915146-260-1429274143.2760
1053982355542986014126631242393925689-321-1635969135.2419
11040603694482953155315913474241338851-303-1032672185.2580
1013781348137683114222461155338593753-225-2133162138.2387
9635643278367796123304511143321355938-226-2229664144.2428
1023776343735582911532711221324904571-248-1843655160.2412
98355132013197131002337970299815748-288-1332861151.2227
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
104361377224--944.2382234747694928913376673222522.400
105358105342--956.2390635808414825316351533672922.746
1103712105451--961.24057372097161261153108114633473.246
10154494152--909.03819341984861317193485144223363.327
96348113751--859.0368133508615225918328464043173.321
10242693856--896.138183491901492591631810174593633.642
9849763756--864.23591327280149233173375153873013.132
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP川上 哲治(巨)山本 一人(南)
新人王松田 清(巨)蔭山 和夫(南)
首位打者川上 哲治(巨).377大下 弘(東急).383
本塁打王青田 昇(巨)32本大下 弘(東急)26本
打点王青田 昇(巨)105点飯田 徳治(南)87点
盗塁王土屋 五郎(国)52個木塚 忠助(南)55個
最多勝杉下 茂(名)28勝江藤 正(南)24勝
最優秀防御率松田 清(巨)2.01柚木 進(南)2.08
最高勝率松田 清(巨).885中谷 信夫(南).875
沢村賞杉下 茂(名)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手別所 毅彦(巨)江藤 正(南)
捕手野口 明(名)土井垣 武(毎)
一塁手川上 哲治(巨)飯田 徳治(南)
二塁手千葉 茂(巨)山本 一人(南)
三塁手藤村 富美男(大)蔭山 和夫(南)
遊撃手平井 正明(巨)木塚 忠助(南)
外野手金田 正泰(大)大下 弘(東急)
青田 昇(巨)別当 薫(毎)
岩本 義行(松)飯島 滋弥(大映)
2勝1敗
第1戦甲子園MVP川上 哲治(巨)4打数2安打1打点 先制打を含む2安打
第2戦後楽園MVP野口 明(名)2打数1安打2打点 同点に追いつく2点三塁打
第3戦後楽園MVP林 義一(大映)2.1回 自責0 7回途中から締めて勝利投手
ファン投票結果
4勝1敗
第1戦千葉3打点、藤本が10安打されながらも完封勝利
第2戦別所6安打完封、序盤から打線が繋がり快勝
第3戦初回に川上2点打、松田の好投と別所の救援で逃げ切る
第4戦蔭山が先制2点打、3回に一挙4点の南海が逃げ切る
第5戦藤本完投、4発の猛打で巨人が初のシリーズ制覇
シリーズ個人成績(打・投)
MVP南村 不可止(巨).563 0本 第1戦の先制打など両軍最多の9安打