1951 昭和26年 ←前年 翌年→

各試合ページのうち投手成績が未完成の箇所は、データが集まり次第、補完します。

セ・リーグ順位表
試合 勝率
114 79 29 6 .731 12(2)6 11-9 13(1)6 14-4 16(2)2 13(1)2
113 62 48 3 .564 18.0 6(2)12 11-9 14(1)5 6-10 12-7 13-5
116 61 52 3 .540 20.5 9-11 9-11 11(1)8 9(1)9 12(1)7 11-6
115 53 57 5 .482 27.0 6(1)13 5(1)14 8(1)11 11-9 11(1)5 12(1)5
107 46 59 2 .438 31.5 4-14 10-6 9(1)9 9-11 6-12 8(1)7
108 40 64 4 .385 37.0 2(2)16 7-12 7(1)12 5(1)11 12-6 7-7
99 32 64 3 .333 41.0 2(1)13 5-13 6-11 5(1)12 7(1)8 7-7
パ・リーグ順位表
試合 勝率
104 72 24 8 .750 12(4)2 13(1)4 10(1)3 10(1)7 15(1)3 12-5
105 53 42 10 .558 18.5 2(4)12 11(2)7 12(2)6 6(2)9 11-3 11-5
110 54 51 5 .514 22.5 4(1)13 7(2)11 10-8 12(1)6 9(1)8 12-5
101 41 52 8 .441 29.5 3(1)10 6(2)12 8-10 7-5 8(3)8 9(2)7
96 37 51 8 .420 31.0 7(1)10 9(2)6 6(1)12 5-7 5(2)9 5(2)7
102 38 56 8 .404 33.0 3(1)15 3-11 8(1)9 8(3)8 9(2)5 7(1)8
98 37 56 5 .398 33.5 5-12 5-11 5-12 7(2)9 7(2)5 8(1)7
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP川上 哲治(巨)山本 一人(南)
新人王松田 清(巨)蔭山 和夫(南)
首位打者川上 哲治(巨).377大下 弘(東急).383
本塁打王青田 昇(巨)32本大下 弘(東急)26本
打点王青田 昇(巨)105点飯田 徳治(南)87点
盗塁王土屋 五郎(国)52個木塚 忠助(南)55個
最多勝杉下 茂(名)28勝江藤 正(南)24勝
最優秀防御率松田 清(巨)2.01柚木 進(南)2.08
最高勝率松田 清(巨).885中谷 信夫(南).875
沢村賞杉下 茂(名)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手別所 毅彦(巨)江藤 正(南)
捕手野口 明(名)土井垣 武(毎)
一塁手川上 哲治(巨)飯田 徳治(南)
二塁手千葉 茂(巨)山本 一人(南)
三塁手藤村 富美男(大)蔭山 和夫(南)
遊撃手平井 正明(巨)木塚 忠助(南)
外野手金田 正泰(大)大下 弘(東急)
青田 昇(巨)別当 薫(毎)
岩本 義行(松)飯島 滋弥(大映)
2勝1敗
全セ 2-1 全パ甲子園MVP 川上 哲治(巨)先制打を含む2安打
全セ 4-2 全パ後楽園MVP 野口 明(名)同点に追いつく2点三塁打
全セ 3-4 全パ後楽園MVP 林 義一(大映)7回途中から締めて勝利投手
4勝1敗
巨人 5-0 南海千葉3打点、藤本が10安打されながらも完封勝利
巨人 7-0 南海別所6安打完封、序盤から打線が繋がり快勝
巨人 3-1 南海初回に川上2点打、松田の好投と別所の救援で逃げ切る
巨人 3-4 南海蔭山が先制2点打、3回に一挙4点の南海が逃げ切る
巨人 8-2 南海藤本完投、4発の猛打で巨人が初のシリーズ制覇
MVP 南村 不可止(巨)