1952 昭和27年 ←前年 翌年→

各試合ページのうち投手成績が未完成の箇所は、データが集まり次第、補完します。

セ・リーグ順位表
試合 勝率
120 83 37 0 .692 12-8 11-9 12-8 15-5 17-3 16-4
120 79 40 1 .664 3.5 8-12 10(1)9 15-5 16-4 16-4 14-6
120 75 43 2 .636 7.0 9-11 9(1)10 12-8 13-7 15(1)4 17-3
120 58 62 0 .483 25.0 8-12 5-15 8-12 11-9 15-5 11-9
120 50 70 0 .417 33.0 5-15 4-16 7-13 9-11 12-8 13-7
120 37 80 3 .316 44.5 3-17 4-16 4(1)15 5-15 8-12 13(2)5
120 34 84 2 .288 48.0 4-16 6-14 3-17 9-11 7-13 5(2)13
パ・リーグ順位表
試合 勝率
121 76 44 1 .633 14-8 15-7 15(1)7 9-9 9-9 14-4
120 75 45 0 .625 1.0 8-14 12-10 17-5 13-5 10-8 15-3
120 67 52 1 .563 8.5 7-15 10-12 14-8 11(1)6 12-6 13-5
121 55 65 1 .458 21.0 7(1)15 5-17 8-14 11-7 12-6 12-6
108 49 58 1 .458 20.5 9-9 5-13 6(1)11 7-11 10-8 12-6
108 49 59 0 .454 21.0 9-9 8-10 6-12 6-12 8-10 12-6
108 30 78 0 .278 40.0 4-14 3-15 5-13 6-12 6-12 6-12
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP別所 毅彦(巨)柚木 進(南)
新人王佐藤 孝夫(国)中西 太(西)
首位打者西沢 道夫(名).353飯島 滋弥(大映).336
本塁打王杉山 悟(名)27本深見 安博(西・東急)25本
打点王西沢 道夫(名)98点飯田 徳治(南)86点
盗塁王金山 次郎(松)63個木塚 忠助(南)55個
最多勝別所 毅彦(巨)33勝野口 正明(西)23勝
最優秀防御率梶岡 忠義(大阪)1.71柚木 進(南)1.91
最高勝率藤村 隆男(大阪).806柚木 進(南).731
沢村賞杉下 茂(名)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手別所 毅彦(巨)柚木 進(南)
捕手野口 明(名)土井垣 武(毎)
一塁手西沢 道夫(名)飯田 徳治(南)
二塁手千葉 茂(巨)岡本 伊三美(南)
三塁手藤村 富美男(大)蔭山 和夫(南)
遊撃手平井 正明(巨)木塚 忠助(南)
外野手与那嶺 要(巨)大下 弘(西)
杉山 悟(名)別当 薫(毎)
南村 不可止(巨)飯島 滋弥(大映)
1勝0敗1分
全パ 2-2 全セ西宮MVP 表彰なし
全パ 8-1 全セ後楽園MVP 飯島 滋弥(大映)3ランを含む3安打
4勝2敗
巨人 6-3 南海川上2ラン、前半の長打攻勢で南海投手陣をKO
巨人 11-0 南海藤本4安打完封と一発、12安打の巨人が完勝
巨人 0-4 南海堀井3打点、柚木が6安打完封で意地を見せる
巨人 6-2 南海中軸と下位打線が繋がり巨人が快勝、別所が完投勝利
巨人 1-4 南海守備のミスを突き南海逆転、江藤が粘りの完投
巨人 3-2 南海暴投で決勝点、別所好リリーフで巨人が連続日本一
MVP 別所 毅彦(巨)
最高打撃賞 与那嶺 要(巨)