1953 昭和28年 ←前年 翌年→

パ・リーグ各試合ページのうち、投手の対戦打者数、自責点はデータが集まり次第補完します。

セ・リーグ順位表
試合 勝率
125 87 37 1 .702 16-10 17(1)8 17-9 22-4 15-6
130 74 56 0 .569 16.0 10-16 13-13 16-10 18-8 17-9
130 70 57 3 .551 18.5 8(1)17 13-13 15(1)10 15(1)10 19-7
130 53 75 2 .414 36.0 9-17 10-16 10(1)15 7-19 17(1)8
130 52 77 1 .403 37.5 4-22 8-18 10(1)15 19-7 11-15
125 45 79 1 .363 42.0 6-15 9-17 7-19 8(1)17 15-11
パ・リーグ順位表
試合 勝率
120 71 48 1 .597 11-9 9(1)10 9-11 15-5 13-7 14-6
120 67 52 1 .563 4.0 9-11 12-8 11-9 14-6 10-10 11(1)8
120 63 53 4 .543 6.5 10(1)9 8-12 12-8 9(1)10 12(1)7 12(1)7
120 57 61 2 .483 13.5 11-9 9-11 8-12 12-8 10(1)9 7(1)12
120 56 62 2 .475 14.5 5-15 6-14 10(1)9 8-12 11(1)8 16-4
120 50 67 3 .427 20.0 7-13 10-10 7(1)12 9(1)10 8(1)11 9-11
120 48 69 3 .410 22.0 6-14 8(1)11 7(1)12 12(1)7 4-16 11-9
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP大友 工(巨)岡本 伊三美(南)
新人王権藤 正利(洋)豊田 泰光(西)
首位打者川上 哲治(巨).347岡本 伊三美(南).318
本塁打王藤村 富美男(大阪)27本中西 太(西)36本
打点王藤村 富美男(大阪)98点中西 太(西)86点
盗塁王金山 次郎(広)58個レインズ(急)61個
最多勝大友 工(巨)27勝川崎 徳次(西)24勝
最優秀防御率大友 工(巨)1.85川崎 徳次(西)1.98
最高勝率大友 工(巨)
石川 克彦(中)
.818大神 武俊(南).704
最優秀投手川崎 徳次(西)
沢村賞大友 工(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手大友 工(巨)川崎 徳次(西)
捕手広田 順(巨)松井 淳(南)
一塁手川上 哲治(巨)飯田 徳治(南)
二塁手千葉 茂(巨)岡本 伊三美(南)
三塁手与儀 真助(大)中西 太(西)
遊撃手平井 三郎(巨)木塚 忠助(南)
外野手金田 正泰(大)堀井 数男(南)
与那嶺 要(巨)別当 薫(毎)
南村 不可止(巨)大下 弘(西)
2勝1敗
全パ 2-0 全セ後楽園MVP 別当 薫(毎)2安打と先制に繋げる四球
全パ 0-2 全セ甲子園MVP 平井 三郎(巨)決勝の2点適時打
全パ 3-0 全セ中日MVP 堀井 数男(南)先制2点二塁打
4勝2敗1分
巨人 3-4 南海延長12回の熱戦は代打村上のサヨナラ打で決着
巨人 5-3 南海与那嶺、千葉、南村の三者連続弾で豪快に逆転
巨人 2-2 南海雨中での互角の攻防は8回コールド引き分け
巨人 3-0 南海岩本の先制打と川上2点打、大友が5安打完封
巨人 5-0 南海11安打の巨人が効果的に得点、入谷5安打完封
巨人 0-2 南海簑原が決勝2点打、大神が粘りの9安打完封
巨人 4-2 南海7回に4安打集中で逆転、巨人が3年連続の日本一
MVP 川上 哲治(巨)
首位打者 川上 哲治(巨)
最優秀投手 大友 工(巨)
技能賞 与那嶺 要(巨)
敢闘賞 簑原 宏(南)