1954 昭和29年 ←前年 翌年→

パ・リーグ各試合ページのうち、投手の対戦打者数、自責点はデータが集まり次第補完します。

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 86 40 4 .683 14-12 15-11 17(2)7 19(1)6 21(1)4
130 82 47 1 .636 5.5 12-14 16-10 20-6 14-12 20(1)5
130 71 57 2 .555 16.0 11-15 10-16 14(2)10 17-9 19-7
130 56 69 5 .448 29.5 7(2)17 6-20 10(2)14 16(1)9 17-9
130 55 73 2 .430 32.0 6(1)19 12-14 9-17 9(1)16 19-7
130 32 96 2 .250 55.0 4(1)21 5(1)20 7-19 9-17 7-19
パ・リーグ順位表
試合 勝率
140 90 47 3 .657 10-10 12(2)6 12-8 13-7 14(1)5 14-6 15-5
140 91 49 0 .650 0.5 10-10 9-11 10-10 12-8 16-4 16-4 18-2
140 79 57 4 .581 10.5 6(2)12 11-9 11(1)8 14-6 13-7 14-6 10(1)9
140 74 63 3 .540 16.0 8-12 10-10 8(1)11 11(1)8 11(1)8 11-9 15-5
140 66 70 4 .485 23.5 7-13 8-12 6-14 8(1)11 10(1)9 14-6 13(2)5
140 53 84 3 .387 37.0 5(1)14 4-16 7-13 8(1)11 9(1)10 8-12 12-8
140 52 86 2 .377 38.5 6-14 4-16 6-14 9-11 6-14 12-8 9(2)9
140 43 92 5 .319 46.0 5-15 2-18 9(1)10 5-15 5(2)13 8-12 9(2)9
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP杉下 茂(中)大下 弘(西)
新人王広岡 達朗(巨)宅和 本司(南)
首位打者与那嶺 要(巨).361L.レインズ(急).337
本塁打王青田 昇(洋)31本中西 太(西)31本
打点王渡辺 博之(大阪)
杉山 悟(中)
91点山内 和弘(毎)97点
盗塁王吉田 義男(大阪)51個鈴木 武(近)71個
最多勝杉下 茂(中)32勝田中 文雄(近)
宅和 本司(南)
26勝
最優秀防御率杉下 茂(中)1.39宅和 本司(南)1.58
最高勝率杉下 茂(中).727西村 貞朗(西).815
最優秀投手西村 貞朗(西)
沢村賞杉下 茂(中)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手杉下 茂(中)西村 貞朗(西)
捕手広田 順(巨)C.ルイス(毎)
一塁手西沢 道夫(中)川合 幸三(急)
二塁手箱田 弘志(国)森下 正弘(南)
三塁手宇野 光雄(国)中西 太(西)
遊撃手広岡 達朗(巨)L.レインズ(急)
外野手与那嶺 要(巨)大下 弘(西)
渡辺 博之(大)山内 和弘(毎)
杉山 悟(中)関口 清治(西)
2勝0敗
全パ 5-2 全セ西宮MVP 中西 太(西)決勝2ラン含む2安打
全パ 2-1 全セ後楽園MVP 山内 和弘(毎)サヨナラ打含む4安打
4勝3敗
中日 5-1 西鉄8回児玉が勝ち越し2ラン、杉下12奪三振完投
中日 5-0 西鉄西沢先制2ラン、石川克−杉下の好継投で完封
中日 0-5 西鉄西鉄が打順を組み替え11安打、河村2安打完封
中日 0-3 西鉄仰木が先制の2点打、川崎が3安打完封
中日 3-2 西鉄緊迫のしのぎ合いは中日が終盤に勝ち越し、杉下完投
中日 1-4 西鉄6回集中打で逆転、豊田が勝ち越しの2点打
中日 1-0 西鉄杉下3安打完封、井上決勝三塁打で中日が日本一
シリーズ個人成績
MVP 杉下 茂(中)
首位打者 日比野 武(西)
最優秀投手 杉下 茂(中)
技能賞 本多 逸郎(中)
敢闘賞 大下 弘(西)
本塁打王賞 日比野 武(西)
打点王賞 西沢 道夫(中)