1963 昭和38年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
140 83 55 2 .601 13(1)14 21-7 12-16 18(1)9 19-9
140 80 57 3 .584 2.5 14(1)13 16-12 18(2)8 17-11 15-13
140 69 70 1 .496 14.5 7-21 12-16 17-11 14-14 19(1)8
140 65 73 2 .471 18.0 16-12 8(2)18 11-17 12-16 18-10
140 59 79 2 .428 24.0 9(1)18 11-17 14-14 16-12 9(1)18
140 58 80 2 .420 25.0 9-19 13-15 8(1)19 10-18 18(1)9
パ・リーグ順位表
試合 勝率
150 86 60 4 .589 20(1)9 14(1)15 18(1)11 18-12 16(1)13
150 85 61 4 .582 1.0 9(1)20 18(1)11 18(1)11 20(1)9 20-10
150 76 71 3 .517 10.5 15(1)14 11(1)18 13(1)16 18-12 19-11
150 74 73 3 .503 12.5 11(1)18 11(1)18 16(1)13 16-14 20-10
150 64 85 1 .430 23.5 12-18 9(1)20 12-18 14-16 17-13
150 57 92 1 .383 30.5 13(1)16 10-20 11-19 10-20 13-17
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP長嶋 茂雄(巨)野村 克也(南)
新人王該当者なし該当者なし
首位打者長嶋 茂雄(巨).341J.ブルーム(近).335
本塁打王王 貞治(巨)40本野村 克也(南)52本
打点王長嶋 茂雄(巨)112点野村 克也(南)135点
盗塁王高木 守道(中)50個広瀬 叔功(南)45個
最高出塁率J.ブルーム(近).397
最多勝金田 正一(国)30勝稲尾 和久(西)28勝
最優秀防御率柿本 実(中)1.70久保 征弘(近)2.36
最高勝率山中 巽(中).714田中 勉(西)
森中 千香良(南)
.680
沢村賞伊藤 芳明(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手金田 正一(国)稲尾 和久(西)
捕手森 昌彦(巨)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)榎本 喜八(毎)
二塁手高木 守道(中)J.ブルーム(近)
三塁手長嶋 茂雄(巨)小玉 明利(近)
遊撃手古葉 毅(広)小池 兼司(南)
外野手近藤 和彦(洋)広瀬 叔功(南)
江藤 慎一(中)山内 一弘(毎)
藤井 栄治(神)張本 勲(映)
3勝0敗
全セ 6-4 全パ後楽園MVP 近藤 和彦(洋)サヨナラ2ラン含む2安打
全セ 11-9 全パ東京MVP 王 貞治(巨)先制打とダメ押しの一発
全セ 8-5 全パ神宮MVP 古葉 毅(広)延長で決勝の適時二塁打
4勝3敗
巨人 1-6 西鉄和田先制2ラン、稲尾が完封寸前の好投で先勝
巨人 9-6 西鉄王が先制弾、前半で敵失に乗じて大量点の巨人が逃げ切る
巨人 8-2 西鉄5回に一挙5点で稲尾KO、長嶋が先制2ランと決勝打
巨人 1-4 西鉄敵失で逆転、救援の安部が6回無失点の好投
巨人 3-1 西鉄長嶋の2発と王の1発、高橋が完投で逃げ切る
巨人 0-6 西鉄バーマ先制2ランと中西2打点、稲尾が2安打完封
巨人 18-4 西鉄稲尾をKOした巨人が5本塁打で日本一奪還
シリーズ個人成績
MVP 長嶋 茂雄(巨)
首位打者 城戸 則文(西)
最優秀投手 高橋 明(巨)
優秀選手 王 貞治(巨)
技能賞 広岡 達朗(巨)
敢闘賞 稲尾 和久(西)