1964 昭和39年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
150 84 63 3 .571 17-13 14(1)15 14(1)15 20(1)9 19-11
150 79 65 6 .549 3.5 13-17 14-16 16(2)12 15(3)12 21(1)8
150 78 68 4 .534 5.5 15(1)14 16-14 16-14 16(2)12 15(1)14
150 77 68 5 .531 6.0 15(1)14 12(2)16 14-16 18-12 18(2)10
150 63 81 6 .438 19.5 9(1)20 12(3)15 12(2)16 12-18 18-12
150 55 91 4 .377 28.5 11-19 8(1)21 14(1)15 10(2)18 12-18
セ・リーグ順位表
試合 勝率
140 80 56 4 .588 14(2)12 13-15 16-12 17(2)9 20-8
140 80 58 2 .580 1.0 12(2)14 16-12 18-10 19-9 15-13
140 71 69 0 .507 11.0 15-13 12-16 11-17 16-12 17-11
140 64 73 3 .467 16.5 12-16 10-18 17-11 11(3)14 14-14
140 61 74 5 .452 18.5 9(2)17 9-19 12-16 14(3)11 17-11
140 57 83 0 .407 25.0 8-20 13-15 11-17 14-14 11-17
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVPJ.スタンカ(南)王 貞治(巨)
新人王該当者なし高橋 重行(洋)
首位打者広瀬 叔功(南).366江藤 慎一(中).323
本塁打王野村 克也(南)41本王 貞治(巨)55本
打点王野村 克也(南)115点王 貞治(巨)119点
盗塁王広瀬 叔功(南)72個古葉 竹識(広)57個
最高出塁率張本 勲(映).426
最多勝小山 正明(東京)30勝G.バッキー(神)29勝
最優秀防御率妻島 芳郎(東京)2.15G.バッキー(神)1.89
最高勝率J.スタンカ(南).788石川 緑(神).769
沢村賞G.バッキー(神)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手J.スタンカ(南)G.バッキー(神)
捕手野村 克也(南)森 昌彦(巨)
一塁手榎本 喜八(東京)王 貞治(巨)
二塁手D.スペンサー(急)高木 守道(中)
三塁手小玉 明利(近)長嶋 茂雄(巨)
遊撃手小池 兼司(南)吉田 義男(神)
外野手広瀬 叔功(南)江藤 慎一(中)
張本 勲(映)重松 省三(洋)
高倉 照幸(西)近藤 和彦(洋)
2勝1敗
全セ 1-0 全パ川崎MVP 金田 正一(国)3回7奪三振で勝利投手
全セ 5-1 全パ中日MVP J.マーシャル(中)逆転の2点二塁打含む2安打
全セ 2-10 全パ大阪MVP J.スタンカ(南)3回1失点、打でも2打点
4勝3敗
南海 2-0 阪神スタンカ3安打完封、南海が2つの犠飛で先勝
南海 2-5 阪神バッキー完投、阪神が効果的な安打と好走で勝利
南海 4-5 阪神藤井が先制弾と3ランの2発、バッキー救援で逃げ切る
南海 4-3 阪神杉浦と村山の投げ合いはハドリのサヨナラ弾で決着
南海 3-6 阪神バーンサイド好投、12安打の阪神が打ち勝つ
南海 4-0 阪神スタンカ2安打完封、国貞3打点で最終決戦へ
南海 3-0 阪神初回に3連打で2点を先制、スタンカ5安打完封で南海V
シリーズ個人成績
MVP J.スタンカ(南)
打撃賞 山内 一弘(神)
最優秀投手 J.スタンカ(南)
優秀選手 K.ハドリ(南)
技能賞 小池 兼司(南)
敢闘賞 山内 一弘(神)