1965 昭和40年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
140 91 47 2 .659 17-11 16(1)11 20-8 17(1)10 21-7
140 77 59 4 .566 13.0 11-17 13(1)14 12-16 19-9 22(3)3
140 71 66 3 .518 19.5 11(1)16 14(1)13 15-13 15(1)12 16-12
140 68 70 2 .493 23.0 8-20 16-12 13-15 15(1)12 16(1)11
140 59 77 4 .434 31.0 10(1)17 9-19 12(1)15 12(1)15 16(1)11
140 44 91 5 .326 45.5 7-21 3(3)22 12-16 11(1)16 11(1)16
パ・リーグ順位表
試合 勝率
140 88 49 3 .642 14(1)13 16(1)11 18-10 20(1)7 20-8
140 76 61 3 .555 12.0 13(1)14 15(1)12 15-13 14(1)13 19-9
140 72 64 4 .529 15.5 11(1)16 12(1)15 18(1)9 15-13 16(1)11
140 67 71 2 .486 21.5 10-18 13-15 9(1)18 14(1)13 21-7
140 62 74 4 .456 25.5 7(1)20 13(1)14 13-15 13(1)14 16(1)11
140 46 92 2 .333 42.5 8-20 9-19 11(1)16 7-21 11(1)16
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP王 貞治(巨)野村 克也(南)
新人王該当者なし池永 正明(西)
首位打者江藤 慎一(中).336野村 克也(南).320
本塁打王王 貞治(巨)42本野村 克也(南)42本
打点王王 貞治(巨)104点野村 克也(南)110点
盗塁王高木 守道(中)44個広瀬 叔功(南)39個
最高出塁率D.スペンサー(急).424
最多勝村山 実(神)25勝尾崎 行雄(映)27勝
最優秀防御率金田 正一(巨)1.84三浦 清弘(南)1.57
最高勝率山中 巽(中).857林 俊彦(南).850
沢村賞村山 実(神)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手村山 実(神)尾崎 行雄(映)
捕手森 昌彦(巨)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)高木 喬(近)
二塁手高木 守道(中)D.スペンサー(急)
三塁手長嶋 茂雄(巨)小玉 明利(近)
遊撃手吉田 義男(神)小池 兼司(南)
外野手江藤 慎一(中)広瀬 叔功(南)
近藤 和彦(洋)張本 勲(映)
中 暁生(中)堀込 基明(南)
2勝0敗1分
全パ 5-2 全セ後楽園MVP D.スペンサー(急)一発を含む2打点
全パ 6-3 全セ西宮MVP 高倉 照幸(西)決勝二塁打を含む2安打
全パ 1-1 全セ平和台MVP 江藤 慎一(中)投手戦のなか3安打
4勝1敗
巨人 4-2 南海王が先制弾を含む2発、金田が完投で逃げ切る
巨人 6-4 南海7回に代打攻勢で4点差を追い付き、10回長嶋の決勝2ラン
巨人 9-3 南海国松が逆転打、終盤の集中打で巨人が一気に突き放す
巨人 2-4 南海6回に南海の連打で一挙4点、林が好投して完投勝利
巨人 3-2 南海長嶋同点打、土井のサヨナラヒットで巨人が日本一
MVP 長嶋 茂雄(巨)
打撃賞 森 昌彦(巨)
最優秀投手 宮田 征典(巨)
優秀選手 林 俊彦(南)
技能賞 王 貞治(巨)
敢闘賞 森下 整鎮(南)