1966 昭和41年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
134 89 41 4 .685 20-6 19-7 14(2)12 21-5 15(2)11
132 76 54 2 .585 13.0 6-20 15-11 19(1)7 18-8 18(1)8
135 64 66 5 .492 25.0 7-19 11-15 18(3)8 13-13 15(2)11
136 57 73 6 .438 32.0 12(2)14 7(1)19 8(3)18 13-13 17-9
130 52 78 0 .400 37.0 5-21 8-18 13-13 13-13 13-13
135 52 78 5 .400 37.0 11(2)15 8(1)18 11(2)15 9-17 13-13
パ・リーグ順位表
試合 勝率
133 79 51 3 .608 14(2)12 15(1)11 16-10 15-11 19-7
138 75 55 8 .577 4.0 12(2)14 11(2)15 16(1)10 18(1)8 18(2)8
136 70 60 6 .538 9.0 11(1)15 15(2)11 14(2)12 14(1)12 16-10
134 61 69 4 .469 18.0 10-16 10(1)16 12(2)14 12(1)14 17-9
134 57 73 4 .438 22.0 11-15 8(1)18 12(1)14 14(1)12 12(1)14
133 48 82 3 .369 31.0 7-19 8(2)18 10-16 9-17 14(1)12
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP長嶋 茂雄(巨)野村 克也(南)
新人王堀内 恒夫(巨)該当者なし
首位打者長嶋 茂雄(巨).344榎本 喜八(東京).351
本塁打王王 貞治(巨)48本野村 克也(南)34本
打点王王 貞治(巨)116点野村 克也(南)97点
盗塁王柴田 勲(巨)46個山本 公士(急)32個
最高出塁率榎本 喜八(東京).439
最多勝村山 実(神)24勝米田 哲也(急)25勝
最優秀防御率堀内 恒夫(巨)1.39稲尾 和久(西)1.79
最高勝率堀内 恒夫(巨).889皆川 睦男(南).720
沢村賞村山 実(神)
堀内 恒夫(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手村山 実(神)田中 勉(西)
捕手森 昌彦(巨)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)榎本 喜八(東京)
二塁手高木 守道(中)国貞 泰汎(南)
三塁手長嶋 茂雄(巨)T.ロイ(西)
遊撃手一枝 修平(中)小池 兼司(南)
外野手江藤 慎一(中)張本 勲(映)
中 暁生(中)毒島 章一(映)
山本 一義(広)高倉 照幸(西)
指名打者
2勝1敗
全パ 6-2 全セ東京MVP 広瀬 叔功(南)試合を決定付ける3ラン
全パ 6-3 全セ甲子園MVP 榎本 喜八(京)4回に先制2ラン
全パ 1-5 全セ広島MVP 古葉 竹識(広)貴重な2ラン含む2安打
4勝2敗
巨人 12-5 南海長嶋4安打4打点、17安打の巨人が大勝
巨人 2-5 南海野村先制打、渡辺が粘りの完投勝利
巨人 3-2 南海王が勝ち越し弾、柴田2打点で投手戦を制する
巨人 8-1 南海打線が繋がり12安打で快勝、金田が完投
巨人 3-4 南海延長14回ハドリ逆転サヨナラ2ラン
巨人 4-0 南海左腕益田が5安打無四球完封、巨人が連続日本一
MVP 柴田 勲(巨)
打撃賞 柴田 勲(巨)
最優秀投手 城之内 邦雄(巨)
優秀選手 長嶋 茂雄(巨)
技能賞 王 貞治(巨)
敢闘賞 渡辺 泰輔(南)