1966 昭和41年 ←前年 翌年→

【セ・リーグ概況】
機動力を増した巨人が大差のV2
前半は中日、広島、巨人による三つ巴の展開。安定した投手陣を持ち、機動力も増した巨人が6月から徐々に抜け出した。後半も勢いの衰えない巨人は8月の11連勝で独走体勢を作り、そのままリーグ2連覇を達成した。
開催期間4月9日〜10月12日
試合制度26回戦制(引き分け再試合)
延長規定デーゲーム18時30分まで、ナイター22時15分まで(ダブルヘッダー第1試合は11回)
MVP長嶋 茂雄(巨人) 3度目 四番または三番として首位打者を獲得
球団の変遷サンケイスワローズ→サンケイアトムズ
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
134 89 41 4 .685 20-6 19-7 14(2)12 21-5 15(2)11
132 76 54 2 .585 13.0 6-20 15-11 19(1)7 18-8 18(1)8
135 64 66 5 .492 25.0 7-19 11-15 18(3)8 13-13 15(2)11
136 57 73 6 .438 32.0 12(2)14 7(1)19 8(3)18 13-13 17-9
130 52 78 0 .400 37.0 5-21 8-18 13-13 13-13 13-13
135 52 78 5 .400 37.0 11(2)15 8(1)18 11(2)15 9-17 13-13
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
134498543525591058152271141606529148741003246170406388080.2431
13248504435521112417726123172249780557725283352756764102.2534
1354832440138610241572081146436548457620308342763092119.2327
1364952446542010441362078145439544526720352194855510183.2338
13047054347428107217717116163141059437427231242560691110.2466
135480343593649351323186138733952529721285184172187106.2145
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1345422158941--1211.04782437695991302306381013353012.237
1323612117654--1181.24753428397194327276391334003332.536
1355421186466--1200.04827437610147029945672823993362.520
1363514175773--1208.0493244911116105294276361105124633.450
130256105278--1151.2485043331118127356485831445574793.742
135351275278--1208.049834500107911134231549424754243.159
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
後半抜け出た南海が逃げ切りV3
序盤は西鉄と南海が首位を争い、5月には南海が抜け出すものの、西鉄が追い上げを見せて何度も首位に迫る展開。リーグ全体が打低傾向の中で、投打のバランスが整った南海がリードを保ち、追い上げを振り切って3連覇を達成した。
開催期間4月9日〜10月13日
試合制度26回戦制(引き分け再試合)
延長規定デーゲーム日没まで、ナイター22時15分まで(ダブルヘッダー第1試合は11回)
MVP野村 克也(南海) 2年連続4度目 四番捕手で本塁打と打点の二冠を獲得
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
133 79 51 3 .608 14(2)12 15(1)11 16-10 15-11 19-7
138 75 55 8 .577 4.0 12(2)14 11(2)15 16(1)10 18(1)8 18(2)8
136 70 60 6 .538 9.0 11(1)15 15(2)11 14(2)12 14(1)12 16-10
134 61 69 4 .469 18.0 10-16 10(1)16 12(2)14 12(1)14 17-9
134 57 73 4 .438 22.0 11-15 8(1)18 12(1)14 14(1)12 12(1)14
133 48 82 3 .369 31.0 7-19 8(2)18 10-16 9-17 14(1)12
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
1334858437447710731552010815924528536732435426336797794.2453
138497444974261038175251251638407825811427301183586057112.2308
13649864521480115716633911662451693795262992844538112120.2559
13448414424462106115921112159843275486924288143660688114.2398
1344793435044799717927891497411102557431304193471387114.2292
1334706436538899717917100151036868485117250152366187115.2284
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1333219127951--1181.147244282102010327542650803943402.591
1383219227555--1245.0485644599426925433767523542952.133
1364914217060--1209.1489544951051101269236591534433702.754
1344415136169--1183.248484434108513728530653824603862.934
134431075773--1184.048884445111811432243672854914353.307
133211074882--1175.1494744161107101391346561235384703.600
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP長嶋 茂雄(巨)野村 克也(南)
新人王堀内 恒夫(巨)該当者なし
首位打者長嶋 茂雄(巨).344榎本 喜八(東京).351
本塁打王王 貞治(巨)48本野村 克也(南)34本
打点王王 貞治(巨)116点野村 克也(南)97点
盗塁王柴田 勲(巨)46個山本 公士(急)32個
最高出塁率榎本 喜八(東京).439
最多勝村山 実(神)24勝米田 哲也(急)25勝
最優秀防御率堀内 恒夫(巨)1.39稲尾 和久(西)1.79
最高勝率堀内 恒夫(巨).889皆川 睦男(南).720
沢村賞村山 実(神)
堀内 恒夫(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手村山 実(神)田中 勉(西)
捕手森 昌彦(巨)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)榎本 喜八(東京)
二塁手高木 守道(中)国貞 泰汎(南)
三塁手長嶋 茂雄(巨)T.ロイ(西)
遊撃手一枝 修平(中)小池 兼司(南)
外野手江藤 慎一(中)張本 勲(映)
中 暁生(中)毒島 章一(映)
山本 一義(広)高倉 照幸(西)
2勝1敗
第1戦東京MVP広瀬 叔功(南)3打数1安打3打点 試合を決定付ける3ラン
第2戦甲子園MVP榎本 喜八(東京)3打数1安打2打点 4回に先制2ラン
第3戦広島MVP古葉 竹識(広)4打数2安打2打点 貴重な2ラン含む2安打
ファン投票結果
4勝2敗
第1戦長嶋4安打4打点、17安打の巨人が大勝
第2戦野村先制打、渡辺が粘りの完投勝利
第3戦王が勝ち越し弾、柴田2打点で投手戦を制する
第4戦打線が繋がり12安打で快勝、金田が完投
第5戦延長14回ハドリ逆転サヨナラ2ラン
第6戦左腕益田が5安打無四球完封、巨人が連続日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP柴田 勲(巨).565 2本 第4戦と第6戦で先制打
打撃賞柴田 勲(巨).565 2本 両軍最多の13安打
最優秀投手城之内 邦雄(巨)2勝1敗 先発で2勝、うち1完投
優秀選手長嶋 茂雄(巨).440 2本 両軍最多の9打点
技能賞王 貞治(巨).318 2本 第3戦で決勝弾
敢闘賞渡辺 泰輔(南)1勝2敗 4先発、第2戦で完投勝利