1968 昭和43年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
134 77 53 4 .592 14-12 15(1)11 17(2)9 14-12 17(1)9
133 72 58 3 .554 5.0 12-14 14(1)12 14-12 15(1)11 17(1)9
134 68 62 4 .523 9.0 11(1)15 12(1)14 15(1)11 16(1)10 14-12
134 64 66 4 .492 13.0 9(2)17 12-14 11(1)15 18-8 14(1)12
133 59 71 3 .454 18.0 12-14 11(1)15 10(1)16 8-18 18(1)8
134 50 80 4 .385 27.0 9(1)17 9(1)17 12-14 12(1)14 8(1)18
パ・リーグ順位表
試合 勝率
134 80 50 4 .615 11(1)15 18(1)8 17(1)9 14-12 20(1)6
136 79 51 6 .608 1.0 15(1)11 14(1)12 13(1)13 18(2)8 19(1)7
139 67 63 9 .515 13.0 8(1)18 12(1)14 16(3)10 18(1)8 13(3)13
135 57 73 5 .438 23.0 9(1)17 13(1)13 10(3)16 11-15 14-12
133 56 74 3 .431 24.0 12-14 8(2)18 8(1)18 15-11 13-13
135 51 79 5 .392 29.0 6(1)20 7(1)19 13(3)13 12-14 13-13
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP長嶋 茂雄(巨)米田 哲也(急)
新人王高田 繁(巨)該当者なし
首位打者王 貞治(巨).326張本 勲(映).336
本塁打王王 貞治(巨)49本野村 克也(南)38本
打点王長嶋 茂雄(巨)125点G.アルトマン(東京)100点
盗塁王古葉 竹識(広)39個安井 智規(近)54個
最高出塁率(数)王 貞治(巨)275張本 勲(映).437
最多勝江夏 豊(神)25勝皆川 睦男(南)31勝
最優秀防御率外木場 義郎(広)1.94皆川 睦男(南)1.61
最高勝率島田 源太郎(洋).700村上 雅則(南).818
最優秀投手江夏 豊(神)
沢村賞江夏 豊(神)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手江夏 豊(神)皆川 睦男(南)
捕手森 昌彦(巨)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)榎本 喜八(東京)
二塁手土井 正三(巨)D.ブレイザー(南)
三塁手長嶋 茂雄(巨)国貞 泰汎(南)
遊撃手黒江 透修(巨)阪本 敏三(急)
外野手山内 一弘(広)G.アルトマン(東京)
江藤 慎一(中)土井 正博(近)
D.ロバーツ(サ)張本 勲(映)
2勝1敗
全セ 2-1 全パ川崎MVP 江藤 慎一(中)延長でサヨナラ本塁打
全セ 8-3 全パ後楽園MVP 柴田 勲(巨)貴重な2ラン含む3安打
全セ 4-5 全パ西宮MVP 小池 兼司(南)逆転3ランと延長サヨナラ打
4勝2敗
巨人 4-5 阪急矢野2ラン、終盤には巨人が失策連発で決勝点
巨人 6-1 阪急柴田先制2ラン、城之内が5安打完投勝利
巨人 9-4 阪急王2発を含む効果的な4発で逆転、金田が好リリーフ
巨人 6-5 阪急長池2発で追い上げるも9回に長嶋の決勝打
巨人 4-6 阪急終盤に猛反撃、森本3打点とスペンサーの2点打で逆転
巨人 7-5 阪急王が勝ち越し3ラン、堀内完投で巨人がV4を達成
MVP 高田 繁(巨)
打撃賞 D.スペンサー(急)
最優秀投手 金田 正一(巨)
優秀選手 柴田 勲(巨)
技能賞 王 貞治(巨)
敢闘賞 長池 徳二(急)