1969 昭和44年 ←前年 翌年→

【セ・リーグ概況】
充実した打線の巨人が大差でV5
序盤から抜け出すチームがなく、阪神、大洋、広島、巨人のダンゴ状態となっていたが、6月から巨人が抜け出した。8月には阪神が追い上げる体勢を見せたが首位に迫るには至らず、充実した得点力を持つ巨人が後半も差を広げて5連覇を達成した。
開催期間4月12日〜10月21日
試合制度26回戦制
延長規定デーゲーム18時30分まで、ナイター22時30分まで(ダブルヘッダー第1試合は12回)
MVP王 貞治(巨人) 4度目 三番として首位打者と本塁打王の二冠を獲得
球団の変遷サンケイアトムズ→アトムズ
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 73 51 6 .589 13(2)11 13(2)11 17(1)8 16-10 14(1)11
130 68 59 3 .535 6.5 11(2)13 12-14 13(1)12 17-9 15-11
130 61 61 8 .500 11.0 11(2)13 14-12 11(2)13 9(1)16 16(3)7
130 59 65 6 .476 14.0 8(1)17 12(1)13 13(2)11 13(2)11 13-13
130 58 69 3 .457 16.5 10-16 9-17 16(1)9 11(2)13 12-14
130 56 70 4 .444 18.0 11(1)14 11-15 7(3)16 13-13 14-12
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
1304996442559911631811514718155708945743341423496869683.2628
130469342834029521411411414633853445461530812418619984.2223
1304766433144410341751512516144243947712530915307418797.2387
1304772435646310081632314516524385651642329620338108695.2314
1304812430449510501759139166047545429222347194676788139.2440
13046974235414938117612114303831015376133101863783101101.2215
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13048997351--1170.248014314991146369398051844724303.305
1304719156859--1174.046534235953104284348471003533142.407
1302814106161--1169.0480642911008130365508272034704143.187
1302713125965--1180.148094353103915232543741754704083.112
13022275869--1157.2487043591113138350536941625694773.707
1303310125670--1170.1479743821041121291437341124834213.238
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
デッドヒートの末に逃げ切り阪急V3
阪急が序盤から抜け出したものの、5月に入って近鉄が10連勝などで猛追。7月に首位に立つなど、閉幕まで阪急と近鉄の激しい首位争いが続いた。最後の直接対決4連戦をゲーム差なしで迎えたが、ここで阪急が勝ち越して3連覇を達成。
開催期間4月12日〜10月20日
試合制度26回戦制
延長規定デーゲーム18時30分まで、ナイター22時20分まで(ダブルヘッダー第1試合は12回)
MVP長池 徳二(阪急) 本塁打と打点の二冠を獲得して強力打線を引っ張った
球団の変遷東京オリオンズ→ロッテオリオンズ
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 76 50 4 .603 15(1)10 15(2)9 15-11 15-11 16(1)9
130 73 51 6 .589 2.0 10(1)15 11(3)12 18(1)7 17(1)8 17-9
130 69 54 7 .561 5.5 9(2)15 12(3)11 17-9 12(2)12 19-7
130 57 70 3 .449 19.5 11-15 7(1)18 9-17 16-10 14(2)10
130 51 75 4 .405 25.0 11-15 8(1)17 12(2)12 10-16 10(1)15
130 50 76 4 .397 26.0 9(1)16 9-17 7-19 10(2)14 15(1)10
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
130476243025431091170141541751513128346124344193161495101.2536
1304753426148210351372711815804551205010525324323659375109.2429
130485144005551146161231421779529112566842297174266778112.2605
13048654434488112516026116168545984318017290364461091101.2537
1304678425041895714713119148740555376723284115470986113.2252
13047304303409103512220851452380973965322981732574105121.2405
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
130427117650--1148.147084272103612330233558614634053.175
1305516157351--1159.2472942941003100291467361204183582.778
130391796954--1170.2482543451034125337436851214754053.113
130307135770--1165.2478544001097128251396881015024343.350
1303511105175--1155.148014285107211335848604905074363.397
130388105076--1153.0479143541147145298304961115304563.559
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP王 貞治(巨)長池 徳二(急)
新人王田淵 幸一(神)有藤 通世(ロ)
首位打者王 貞治(巨).345永淵 洋三(近)
張本 勲(映)
.333
本塁打王王 貞治(巨)44本長池 徳二(急)41本
打点王長嶋 茂雄(巨)115点長池 徳二(急)101点
盗塁王柴田 勲(巨)35個阪本 敏三(急)47個
最高出塁率(数)王 貞治(巨)272張本 勲(映).421
最多勝高橋 一三(巨)22勝鈴木 啓示(近)24勝
最優秀防御率江夏 豊(神)1.81木樽 正明(ロ)1.72
最高勝率高橋 一三(巨).815清 俊彦(近).720
最優秀投手高橋 一三(巨)
沢村賞高橋 一三(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手高橋 一三(巨)鈴木 啓示(近)
捕手木俣 達彦(中)岡村 浩二(急)
一塁手王 貞治(巨)大杉 勝男(映)
二塁手土井 正三(巨)山崎 裕之(ロ)
三塁手長嶋 茂雄(巨)有藤 通世(ロ)
遊撃手藤田 平(神)阪本 敏三(急)
外野手高田 繁(巨)長池 徳二(急)
D.ロバーツ(ア)永淵 洋三(近)
山本 一義(広)張本 勲(映)
2勝0敗1分
第1戦東京MVP土井 正博(近)2打数1安打2打点 代打で決勝の2ラン
第2戦甲子園MVP船田 和英(西)3打数3安打0打点 3安打と決勝点を奪う激走
第3戦平和台MVPなし
ファン投票結果
4勝2敗
第1戦終盤に阪急同点に追いつくも高田が決勝打
第2戦宮本・足立が好投、延長10回長池サヨナラ安打
第3戦長嶋2発で逆転、堀内の好救援で逃げ切る
第4戦4回に土井の好走塁と連打で一挙6点、逆転勝ち
第5戦ウインディ2発、長池の2ランで勝ち越す
第6戦6回に王が満塁弾、長嶋・黒江も一発で続き巨人V5
シリーズ個人成績(打・投)
MVP長嶋 茂雄(巨).409 4本 第3戦の逆転2ランなど6打点
打撃賞長嶋 茂雄(巨).409 4本 打率、本塁打トップ
最優秀投手高橋 一三(巨)1勝1敗 第6戦で完投勝利
優秀選手足立 光宏(急)2勝0敗 第5戦で完投勝利
技能賞高田 繁(巨).375 1本 第1戦で決勝打
敢闘賞長池 徳二(急).261 2本 第2戦と第5戦で決勝打