1969 昭和44年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 73 51 6 .589 13(2)11 13(2)11 17(1)8 16-10 14(1)11
130 68 59 3 .535 6.5 11(2)13 12-14 13(1)12 17-9 15-11
130 61 61 8 .500 11.0 11(2)13 14-12 11(2)13 9(1)16 16(3)7
130 59 65 6 .476 14.0 8(1)17 12(1)13 13(2)11 13(2)11 13-13
130 58 69 3 .457 16.5 10-16 9-17 16(1)9 11(2)13 12-14
130 56 70 4 .444 18.0 11(1)14 11-15 7(3)16 13-13 14-12
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 76 50 4 .603 15(1)10 15(2)9 15-11 15-11 16(1)9
130 73 51 6 .589 2.0 10(1)15 11(3)12 18(1)7 17(1)8 17-9
130 69 54 7 .561 5.5 9(2)15 12(3)11 17-9 12(2)12 19-7
130 57 70 3 .449 19.5 11-15 7(1)18 9-17 16-10 14(2)10
130 51 75 4 .405 25.0 11-15 8(1)17 12(2)12 10-16 10(1)15
130 50 76 4 .397 26.0 9(1)16 9-17 7-19 10(2)14 15(1)10
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP王 貞治(巨)長池 徳二(急)
新人王田淵 幸一(神)有藤 通世(ロ)
首位打者王 貞治(巨).345永淵 洋三(近)
張本 勲(映)
.333
本塁打王王 貞治(巨)44本長池 徳二(急)41本
打点王長嶋 茂雄(巨)115点長池 徳二(急)101点
盗塁王柴田 勲(巨)35個阪本 敏三(急)47個
最高出塁率(数)王 貞治(巨)272張本 勲(映).421
最多勝高橋 一三(巨)22勝鈴木 啓示(近)24勝
最優秀防御率江夏 豊(神)1.81木樽 正明(ロ)1.72
最高勝率高橋 一三(巨).815清 俊彦(近).720
最優秀投手高橋 一三(巨)
沢村賞高橋 一三(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手高橋 一三(巨)鈴木 啓示(近)
捕手木俣 達彦(中)岡村 浩二(急)
一塁手王 貞治(巨)大杉 勝男(映)
二塁手土井 正三(巨)山崎 裕之(ロ)
三塁手長嶋 茂雄(巨)有藤 通世(ロ)
遊撃手藤田 平(神)阪本 敏三(急)
外野手高田 繁(巨)長池 徳二(急)
D.ロバーツ(ア)永淵 洋三(近)
山本 一義(広)張本 勲(映)
2勝0敗1分
全パ 7-6 全セ東京MVP 土井 正博(近)代打で決勝の2ラン
全パ 6-3 全セ甲子園MVP 船田 和英(西)3安打と決勝点を奪う激走
全パ 4-4 全セ平和台MVP なし
4勝2敗
巨人 6-5 阪急終盤に阪急同点に追いつくも高田が決勝打
巨人 1-2 阪急宮本・足立が好投、延長10回長池サヨナラ安打
巨人 7-3 阪急長嶋2発で逆転、堀内の好救援で逃げ切る
巨人 9-4 阪急4回に土井の好走塁と連打で一挙6点、逆転勝ち
巨人 3-5 阪急ウインディ2発、長池の2ランで勝ち越す
巨人 9-2 阪急6回に王が満塁弾、長嶋・黒江も一発で続き巨人V5
MVP 長嶋 茂雄(巨)
打撃賞 長嶋 茂雄(巨)
最優秀投手 高橋 一三(巨)
優秀選手 足立 光宏(急)
技能賞 高田 繁(巨)
敢闘賞 長池 徳二(急)