1972 昭和47年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 74 52 4 .587 16(2)8 11-15 17(1)8 13-13 17(1)8
130 71 56 3 .559 3.5 8(2)16 12-14 18-8 17(1)8 16-10
130 67 59 4 .532 7.0 15-11 14-12 12(1)13 11(1)14 15(2)9
130 60 67 3 .472 14.5 8(1)17 8-18 13(1)12 17-9 14(1)11
130 57 69 4 .452 17.0 13-13 8(1)17 14(1)11 9-17 13(2)11
130 49 75 6 .395 24.0 8(1)17 10-16 9(2)15 11(1)14 11(2)13
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 80 48 2 .625 13(1)12 16-10 17-9 20-6 14(1)11
130 64 60 6 .516 14.0 12(1)13 10(1)15 11(4)11 13-13 18-8
130 65 61 4 .516 14.0 10-16 15(1)10 16-10 11(2)13 13(1)12
130 63 61 6 .508 15.0 9-17 11(4)11 10-16 15(1)10 18(1)7
130 59 68 3 .465 20.5 6-20 13-13 13(2)11 10(1)15 17-9
130 47 80 3 .370 32.5 11(1)14 8-18 12(1)13 7(1)18 9-17
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP堀内 恒夫(巨)福本 豊(急)
新人王安田 猛(ヤ)加藤 初(西)
首位打者若松 勉(ヤ).329張本 勲(映).358
本塁打王王 貞治(巨)48本長池 徳二(急)41本
打点王王 貞治(巨)120点大杉 勝男(映)
野村 克也(南)
101点
盗塁王柴田 勲(巨)45個福本 豊(急)106個
最高出塁率(数)王 貞治(巨)249張本 勲(映).443
最多勝堀内 恒夫(巨)26勝山田 久志(急)
金田 留広(映)
20勝
最優秀防御率安田 猛(ヤ)2.08清 俊彦(近)2.36
最高勝率堀内 恒夫(巨).743佐藤 道郎(南).750
最優秀投手堀内 恒夫(巨)
沢村賞堀内 恒夫(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手堀内 恒夫(巨)山田 久志(急)
捕手田淵 幸一(神)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)大杉 勝男(映)
二塁手J.シピン(洋)基 満男(西)
三塁手長嶋 茂雄(巨)有藤 通世(ロ)
遊撃手三村 敏之(広)大橋 穣(急)
外野手高田 繁(巨)張本 勲(映)
若松 勉(ヤ)福本 豊(急)
柴田 勲(巨)長池 徳二(急)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手堀内 恒夫(巨)足立 光宏(急)
捕手大矢 明彦(ヤ)種茂 雅之(急)
一塁手王 貞治(巨)大杉 勝男(映)
二塁手J.シピン(洋)大下 剛史(映)
三塁手長嶋 茂雄(巨)有藤 通世(ロ)
遊撃手バート.S(中)大橋 穣(急)
外野手高田 繁(巨)福本 豊(急)
山本 浩司(広)池辺 巌(ロ)
柴田 勲(巨)広瀬 叔功(南)
2勝1敗
全パ 5-2 全セ東京MVP 野村 克也(南)決勝2ラン含む3打点
全パ 4-0 全セ川崎MVP 阪本 敏三(映)貴重な2ラン含む2安打
全パ 0-1 全セ甲子園MVP 池田 祥浩(神)先制適時打を含む2安打
4勝1敗
巨人 5-3 阪急末次が貴重な2発で3打点、堀内完投勝利
巨人 6-4 阪急阪急4失策、救援の堀内が決勝の2点二塁打を放つ
巨人 3-5 阪急中盤に加藤の2発で逆転、足立が完投
巨人 3-1 阪急長嶋犠飛と末次2点打、好継投で阪急の反撃を断つ
巨人 8-3 阪急前半に4発で大量点、高橋一完投で巨人V8
シリーズ個人成績
MVP 堀内 恒夫(巨)
打撃賞 王 貞治(巨)
最優秀投手 堀内 恒夫(巨)
優秀選手 長嶋 茂雄(巨)
技能賞 末次 民夫(巨)
敢闘賞 足立 光宏(急)