1973 昭和48年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 66 60 4 .524 13(2)11 10-16 16-10 12(1)13 15(1)10
130 64 59 7 .520 0.5 11(2)13 13(4)9 9-17 14(1)11 17-9
130 64 61 5 .512 1.5 16-10 9(4)13 15-11 12(1)13 12-14
130 62 65 3 .488 4.5 10-16 17-9 11-15 13(2)11 11(1)14
130 60 64 6 .484 5.0 13(1)12 11(1)14 13(1)12 11(2)13 12(1)13
130 60 67 3 .472 6.5 10(1)15 9-17 14-12 14(1)11 13(1)12
パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 68 58 4 .540 8(1)17 12(1)13 15(1)10 18(1)7 15-11 1位 3位
130 77 48 5 .616 -9.5 17(1)8 10(1)15 15(1)10 14(1)11 21(1)4 3位 1位
130 70 49 11 .588 -5.5 13(1)12 15(1)10 11(4)11 12(3)11 19(2)5 2位 2位
130 59 64 7 .480 7.5 10(1)15 10(1)15 11(4)11 13-13 15(1)10 4位 5位
130 55 69 6 .444 12.0 7(1)18 11(1)14 11(3)12 13-13 13(1)12 5位 3位
130 42 83 5 .336 25.5 11-15 4(1)21 5(2)19 10(1)15 12(1)13 6位 6位
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP王 貞治(巨)野村 克也(南)
新人王該当者なし新美 敏(日)
首位打者王 貞治(巨).355加藤 秀司(急).337
本塁打王王 貞治(巨)51本長池 徳二(急)43本
打点王王 貞治(巨)114点長池 徳二(急)109点
盗塁王高木 守道(中)28個福本 豊(急)95個
最高出塁率(数)王 貞治(巨)280張本 勲(日).448
最多勝江夏 豊(神)24勝成田 文男(ロ)21勝
最優秀防御率安田 猛(ヤ)2.02米田 哲也(急)2.47
最高勝率八木沢 荘六(ロ).875
最優秀投手高橋 一三(巨)
沢村賞高橋 一三(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手高橋 一三(巨)成田 文男(ロ)
捕手田淵 幸一(神)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)加藤 秀司(急)
二塁手J.シピン(洋)桜井 輝秀(南)
三塁手長嶋 茂雄(巨)有藤 通世(ロ)
遊撃手藤田 平(神)大橋 穣(急)
外野手若松 勉(ヤ)長池 徳二(急)
柴田 勲(巨)張本 勲(日)
江尻 亮(洋)福本 豊(急)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手堀内 恒夫(巨)成田 文男(ロ)
捕手田淵 幸一(神)野村 克也(南)
一塁手王 貞治(巨)C.ジョーンズ(南)
二塁手J.シピン(洋)桜井 輝秀(南)
三塁手長嶋 茂雄(巨)
C.ボイヤー(洋)
有藤 通世(ロ)
遊撃手藤田 平(神)大橋 穣(急)
外野手高田 繁(巨)福本 豊(急)
山本 浩司(広)島野 育夫(南)
柴田 勲(巨)弘田 澄男(ロ)
2勝1敗
全パ 3-9 全セ神宮MVP 若松 勉(ヤ)代打で逆転の2点適時打
全パ 1-0 全セ大阪MVP 福本 豊(急)3出塁2盗塁、決勝のホーム踏む
全パ 2-1 全セ平和台MVP 山崎 裕之(ロ)二死満塁からサヨナラ安打
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝2敗
南海 4-2 阪急代打相羽が逆転2点打、継投策で逃げ切る
南海 7-9 阪急住友の2発と南海の拙守で大量点、南海反撃及ばず
南海 6-3 阪急野村先制2ランとジョーンズ2発、江本が完投勝利
南海 1-13 阪急米田完投、16安打の阪急が序盤から猛打で圧勝
南海 2-1 阪急9回二死からスミス、広瀬の連続弾で南海がリーグ制覇
4勝1敗
巨人 3-4 南海8回藤原の2点打で逆転、江本完投勝利
巨人 3-2 南海堀内がロングリリーフで好投、11回に決勝打を放つ
巨人 8-2 南海堀内完投、打っても2発で南海を圧倒
巨人 6-2 南海初回から相手のミスを突いて3点、高橋一が完投
巨人 5-1 南海王が逆転2ラン、堀内が締めて巨人V9を達成
シリーズ個人成績
MVP 堀内 恒夫(巨)
打撃賞 末次 民夫(巨)
最優秀投手 堀内 恒夫(巨)
優秀選手 高田 繁(巨)
技能賞 王 貞治(巨)
敢闘賞 野村 克也(南)