1997 平成9年 ←前年 翌年→

【セ・リーグ概況】
投打に充実したヤクルトが奪還V
開幕からヤクルトが抜け出すと、投打に厚みのある戦力で貯金を増やし、球宴時には2位に7.5ゲーム差の独走体勢を作った。8月には横浜が月間20勝で2.5差まで迫る猛追を見せるものの、9月に大きく勝ち越したヤクルトが逃げ切り2年ぶりのV。
開催期間4月4日〜10月13日
試合制度27回戦制(引き分け再試合)
延長規定15回まで
MVP古田 敦也(ヤクルト) 2度目 四番を打ち正捕手として全試合出場
備 考31年間続いた26回戦制が改められ、試合数が増加
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
137 83 52 2 .615 13-14 15-12 19-8 20(1)7 16(1)11
135 72 63 0 .533 11.0 14-13 16-11 13-14 10-17 19-8
135 66 69 0 .489 17.0 12-15 11-16 13-14 12-15 18-9
135 63 72 0 .467 20.0 8-19 14-13 14-13 14-13 13-14
136 62 73 1 .459 21.0 7(1)20 17-10 15-12 13-14 10-17
136 59 76 1 .437 24.0 11(1)16 8-19 9-18 14-13 17-10
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
1375390474267213092303013820136391235011338433376484410676.2760
13552364506572123122528105182754687541324251140458319778.2732
13552644594651118918421164190760811732922850837418409794.2588
135511844585501119181101501770532372710939462315092710074.2510
136513045465041110188291031665475382710219418224310009588.2442
13651284482510108818224115166349555309326486274089110969.2427
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13718127835238-1254.2523346191124134442448703455034553.264
1357117726343-1203.05088447611031374504610153075484953.703
1351256666922-1208.2532246391272146484438374946535964.438
1351767637228-1201.1504144251100121434418993355364923.686
1361372627331-1216.2525945821235114489427873975755003.699
136966597640-1212.25323458712121235196792531106445834.327
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
新しい戦力の西武が3年ぶり復活V
4月は6球団すべてが密集するダンゴ状態だったが、5月に西武が抜け出した。6月にはオリックスが10連勝などで首位に立つと、その後は西武との首位争いが続いた。若手が台頭した西武は8月後半に一気に首位に立つと、そのまま差を広げて3年ぶりのV。
開催期間4月5日〜10月12日
試合制度27回戦制
延長規定12回まで
MVP西口 文也(西武) 15勝で最多勝と奪三振のタイトルを獲得
備 考31年間続いた26回戦制が改められ、試合数が増加
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
135 76 56 3 .576 12(1)14 14(1)12 16-11 16-11 18(1)8
135 71 61 3 .538 5.0 14(1)12 14(1)12 15(1)11 14-13 14-13
135 68 63 4 .519 7.5 12(1)14 12(1)14 14-13 14(1)12 16(1)10
135 63 71 1 .470 14.0 11-16 11(1)15 13-14 16-11 12-15
135 63 71 1 .470 14.0 11-16 13-14 12(1)14 11-16 16-11
135 57 76 2 .429 19.5 8(1)18 13-14 10(1)16 15-12 11-16
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
135528545956561293231431101940610200561373247434467728476.2814
13552584521582119120821111177454870241303952329458489287.2634
135524945726031252223251121861580112531414145824378048585.2738
13551784543587120118821132182756494558441471203977110363.2644
13552154574572121322116128185053963346839484144987212066.2652
13550484458466111117129751565429117469441428212784410684.2492
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1352495765626-1210.0519845571203110471388922725544883.630
1351193716132-1206.2514445091172120447397883615444843.610
13513113686335-1215.153174542121192574468714045745123.792
1351487637135-1205.1523546231278103433318614826105704.256
1351652637123-1207.2523445271223127486676825626005614.181
13521615577630-1200.0510545051174116427228175265845123.840
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP古田 敦也(ヤ)西口 文也(西)
新人王澤崎 俊和(広)小坂 誠(ロ)
首位打者鈴木 尚典(横).335イチロー(オ).345
本塁打王D.ホージー(ヤ)38本N.ウィルソン(日)37本
打点王L.ロペス(広)112点小久保 裕紀(ダ)114点
勝利打点王鈴木 尚典(横)17
盗塁王緒方 孝市(広)49個松井 稼頭央(西)62個
最高出塁率R.ローズ(横).444鈴木 健(西).431
最多安打L.ロペス(広)170本イチロー(オ)185本
最多勝山本昌(中)18勝西口 文也(西)
小池 秀郎(近)
15勝
最優秀防御率大野 豊(広)2.85小宮山 悟(ロ)2.49
最高勝率西口 文也(西).750
最多奪三振山本昌(中)159個西口 文也(西)192個
最優秀救援佐々木 主浩(横)41SP赤堀 元之(近)33SP
最優秀中継ぎ島田 直也(横)24.75RP橋本 武広(西)25H
最優秀投手山本昌(中)
沢村賞西口 文也(西)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手山本昌(中)西口 文也(西)
捕手古田 敦也(ヤ)伊東 勤(西)
一塁手L.ロペス(広)P.クラーク(近)
二塁手R.ローズ(横)小久保 裕紀(ダ)
三塁手L.ゴメス(中)鈴木 健(西)
遊撃手石井 琢朗(横)松井 稼頭央(西)
外野手松井 秀喜(巨)イチロー(オ)
鈴木 尚典(横)T.ローズ(近)
D.ホージー(ヤ)佐々木 誠(西)
指名打者D.マルティネス(西)
ゴールデングラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手桑田 真澄(巨)西口 文也(西)
捕手古田 敦也(ヤ)伊東 勤(西)
一塁手駒田 徳広(横)高木 大成(西)
二塁手立浪 和義(中)大島 公一(オ)
三塁手進藤 達哉(横)片岡 篤史(日)
遊撃手宮本 慎也(ヤ)松井 稼頭央(西)
外野手飯田 哲也(ヤ)イチロー(オ)
緒方 孝市(広)田口 壮(オ)
新庄 剛志(神)井出 竜也(日)
1勝1敗
第1戦大阪ドMVP松井 稼頭央(西)5打数3安打0打点 3安打4盗塁
第2戦神宮MVP清原 和博(巨)4打数2安打4打点 先制2ラン含む2発
ファン投票結果

4勝1敗
第1戦石井一が12奪三振完封、8回にテータムが決勝HR
第2戦西武が初回に5点、追いつかれるも10回田辺サヨナラ打
第3戦救援の渡辺久から古田が決勝のHR
第4戦古田が逆転2点打、13安打のヤクルトが快勝
第5戦池山が先制2点打、豪華投手リレーでヤクルト日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP古田 敦也(ヤ).316 1本 第3戦と第4戦で決勝打
敢闘選手松井 稼頭央(西).273 0本 チーム最多の6安打
優秀選手稲葉 篤紀(ヤ)
石井 一久(ヤ)
池山 隆寛(ヤ)
.500 0本 両軍最多の10安打
2勝0敗 第1戦で完封勝利、第5戦も好救援
.313 0本 第5戦で決勝打