2005 平成17年 ←前年 翌年→

【パ・リーグ概況】
POで勝ち抜いたロッテが31年ぶりV
ソフトバンクとロッテが首位争い。序盤はロッテがリードしたものの、ソフトバンクが6月からの15連勝などで一気に追い抜いた。そのまま逃げ切ったソフトバンクが4.5ゲーム差の首位でゴール。しかしPOでは第2ステージ3勝2敗のロッテが31年ぶりV。
開催期間3月26日〜9月28日
試合制度リーグ20回戦+交流戦6回戦制
延長規定12回まで
MVP杉内 俊哉(ソフトバンク) 18勝で最多勝と防御率のタイトルを獲得
球団の変遷東北楽天ゴールデンイーグルスが新加入
大阪近鉄バファローズ・オリックスブルーウェーブ(合併)→オリックスバファローズ
ダイエーホークス→ソフトバンクホークス
備 考セ・パ交流戦を創設
中継ぎ投手のホールドを公式記録とする
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
136 84 49 3 .632 10-10 12-8 13-7 11(1)8 14(1)5 3(1)2 5-1 4-2 2-4 5-1 5-1
136 89 45 2 .664 -4.5 10-10 11-9 13(1)6 15-5 17-3 4-2 3-3 5-1 4-2 4-2 3(1)2
136 67 69 0 .493 18.5 8-12 9-11 9-11 10-10 13-7 2-4 4-2 2-4 4-2 2-4 4-2
136 62 70 4 .470 21.5 7-13 6(1)13 11-9 7-13 14-6 1(1)4 3-3 4-2 2-4 2(2)2 5-1
136 62 71 3 .466 22.0 8(1)11 5-15 10-10 13-7 14-6 2-4 2-4 2-4 1-5 0(2)4 5-1
136 38 97 1 .281 47.0 5(1)14 3-17 7-13 6-14 6-14 1-5 4-2 0-6 3-3 1-5 2-4
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13653134730740133627834143211171310148563943813509029351.2825
13651814624658130022523172208763672428636356227781811460.2811
13652154611604124023418162199657270288826437355292611275.2689
136516646165271202202179717295094426973237610458359379.2604
13652034734605120320222165194458553245422349204411516570.2541
136506845775041166209168816714744134703034754491912479.2548
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
136281215844933551231.0504446171162131283448262914794393.210
13622147894542831222.15122458111331073806310622825044703.461
13622127676926501202.15206467412331473776510203526365714.274
1369116627031921213.2513446191231136357548553515875183.841
1369104627118501222.0530247011302136467477874156065403.977
1361825389713291190.1542347381447153451607715978127505.671
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【セ・リーグ概況】
投打に充実の阪神が大差で奪還V
序盤は中日が抜け出したものの長くは続かず、阪神とヤクルトが追いつき混戦模様。6月以降は投打のバランスの取れた阪神が抜け出した。後半は中日が追い上げて首位に迫ったものの追いつくには至らず、最後は独走で阪神が2年ぶりV。
開催期間4月1日〜10月14日
試合制度リーグ22回戦+交流戦6回戦制
延長規定12回まで
MVP金本 知憲(阪神) フルイニング四番として出場し40本塁打
備 考セ・パ交流戦を創設
中継ぎ投手の公式記録としてホールドを新設
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
146 87 54 5 .617 11-11 13(3)6 12-10 14-8 16-6 2(1)3 2-4 4-2 4(1)1 4-2 5-1
146 79 66 1 .545 10.0 11-11 13(1)8 12-10 14-8 14-8 1-5 3-3 2-4 3-3 4-2 2-4
146 69 70 7 .496 17.0 6(3)13 8(1)13 11(1)10 16-6 9(2)11 2-4 1-5 4-2 2-4 4-2 6-0
146 71 73 2 .493 17.5 10-12 10-12 10(1)11 10-12 11(1)10 4-2 2-4 2-4 4-2 5-1 3-3
146 62 80 4 .437 25.5 8-14 8-14 6-16 12-10 10-12 1-5 2-4 4-2 2(2)2 4(2)0 5-1
146 58 84 4 .408 29.5 6-16 8-14 11(2)9 10(1)11 12-10 1-5 2(1)3 2-4 1-5 1-5 4-2
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
146580651137311401242211402105703783185365232248107910470.2740
1465610492368013232322013920126551013282375242043104612360.2687
1465634499962113242271314320066013727119334252557103011466.2649
1465523503359113892211512820245656525103253111651101610651.2760
1465556499161713001786186204858738226934407955102112267.2605
146555650046151374218818421605865132105263571964978112114.2746
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1461113168754291041326.15557502112831403854912084715334783.244
146697796650721298.05602501513881344096010284366285954.126
14620811697030811317.15571498112801594294210432625965393.682
14631014717341701293.0544549301293151363429744135965754.002
146131215628030661301.25679508014271824104411064837376944.798
1461868588427491286.25746499813791715396010415797796864.798
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP杉内 俊哉(ソ)金本 知憲(神)
新人王久保 康友(ロ)青木 宣親(ヤ)
首位打者和田 一浩(西).322青木 宣親(ヤ).344
本塁打王松中 信彦(ソ)46本新井 貴浩(広)43本
打点王松中 信彦(ソ)121点今岡 誠(神)147点
盗塁王西岡 剛(ロ)41個赤星 憲広(神)60個
最高出塁率松中 信彦(ソ).412福留 孝介(中).430
最多安打和田 一浩(西)153本青木 宣親(ヤ)202本
最多勝杉内 俊哉(ソ)18勝下柳 剛(神)
黒田 博樹(広)
15勝
最優秀防御率杉内 俊哉(ソ)2.11三浦 大輔(横)2.52
最多奪三振松坂 大輔(西)226個三浦 大輔(横)
門倉 健(横)
177個
最多セーブ小林 雅英(ロ)29S岩瀬 仁紀(中)46S
最優秀中継ぎ菊地原 毅(オ)33HP藤川 球児(神)53HP
最優秀投手斉藤 和巳(ソ)黒田 博樹(広)
沢村賞杉内 俊哉(ソ)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手杉内 俊哉(ソ)黒田 博樹(広)
捕手城島 健司(ソ)矢野 輝弘(神)
一塁手J.ズレータ(ソ)新井 貴浩(広)
二塁手堀 幸一(ロ)荒木 雅博(中)
三塁手今江 敏晃(ロ)今岡 誠(神)
遊撃手西岡 剛(ロ)井端 弘和(中)
外野手和田 一浩(西)金本 知憲(神)
宮地 克彦(ソ)青木 宣親(ヤ)
M.フランコ(ロ)赤星 憲広(神)
指名打者松中 信彦(ソ)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手松坂 大輔(西)黒田 博樹(広)
捕手城島 健司(ソ)矢野 輝弘(神)
一塁手福浦 和也(ロ)A.シーツ(神)
二塁手西岡 剛(ロ)荒木 雅博(中)
三塁手今江 敏晃(ロ)岩村 明憲(ヤ)
遊撃手小坂 誠(ロ)井端 弘和(中)
外野手SHINJO(日)福留 孝介(中)
サブロー(ロ)赤星 憲広(神)
大村 直之(ソ)金城 龍彦(横)
2勝0敗
第1戦西武ドMVP金城 龍彦(横)5打数3安打3打点 逆転打を含む二塁打2本
第2戦甲子園MVP前田 智徳(広)4打数3安打2打点 前半で3安打2打点
ファン投票結果
第1ステージ(3試合制)
2勝0敗
第1戦 2 - 1 西武先制も、堀犠飛とフランコ決勝打でロッテ逆転
第2戦 3 - 1 小林宏が好投、小林雅連続セーブで第1ステージ突破
第2ステージ(5試合制)
3勝2敗
第1戦 4 - 2 ベニー決勝2点打、YFKの好救援で先勝
第2戦 3 - 2 フランコ逆転打、小林雅が4連続セーブ
第3戦 5 - 4 崖っぷち9回に一挙4点で追い付き、10回川崎サヨナラ打
第4戦 3 - 2 ズレータ2本塁打3打点で逆転、継投で反撃かわす
第5戦 3 - 2 8回里崎逆転2点打、YFK登板でロッテがリーグ制覇
4勝0敗
第1戦4本塁打で大量点、7回濃霧コールドでロッテ先勝
第2戦今江が2試合で8打数8安打、渡辺俊が完封
第3戦福浦満塁本塁打、7回に一挙7点で王手
第4戦李3打点で4連勝、記録的圧勝でロッテが日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP今江 敏晃(ロ).667 1本 第1戦の先制弾など15打数10安打
敢闘選手矢野 輝弘(神).417 0本 チーム最多の5安打
優秀選手渡辺 俊介(ロ)
李 承Y(ロ)
サブロー(ロ)
1勝0敗 第2戦で完封勝利
.545 3本 第4戦で決勝弾
.235 1本 第1戦と第2戦で効果的な4打点