2008 平成20年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
144 76 64 4 .543 14-10 14(1)9 13-11 14-10 11(3)10 3-1 1-3 1-3 1-3 2-2 2-2
144 75 68 1 .524 2.5 10-14 13-11 14-10 13(1)10 14-10 1-3 1-3 3-1 2-2 1-3 3-1
144 73 69 2 .514 4.0 9(1)14 11-13 12-12 10(1)13 17-7 1-3 2-2 3-1 2-2 3-1 3-1
144 73 70 1 .510 4.5 11-13 10-14 12-12 16(1)7 14-10 0-4 3-1 1-3 1-3 3-1 2-2
144 65 76 3 .461 11.5 10-14 10(1)13 13(1)10 7(1)16 12-12 2-2 1-3 2-2 2-2 2-2 4-0
144 64 77 3 .454 12.5 10(3)11 10-14 7-17 10-14 12-12 3-1 1-3 2-2 3-1 2-2 4-0
セ・リーグ順位表
試合 勝率
144 84 57 3 .596 14-10 10-14 10(2)12 18-6 18(1)5 1-3 3-1 3-1 4-0 2-2 1-3
144 82 59 3 .582 2.0 10-14 17(1)6 14-10 13(1)10 13(1)10 3-1 3-1 2-2 1-3 3-1 3-1
144 71 68 5 .511 12.0 14-10 6(1)17 13(2)9 9(2)13 17-7 3-1 1-3 1-3 3-1 2-2 2-2
144 69 70 5 .496 14.0 12(2)10 10-14 9(2)13 12(1)11 13-11 3-1 2-2 2-2 3-1 2-2 1-3
144 66 74 4 .471 17.5 6-18 10(1)13 13(2)9 11(1)12 15-9 2-2 3-1 1-3 1-3 2-2 2-2
144 48 94 2 .338 36.5 5(1)18 10(1)13 7-17 11-13 9-15 2-2 1-3 1-3 2-2 0-4 0-4
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP岩隈 久志(楽)A.ラミレス(巨)
新人王小松 聖(オ)山口 鉄也(巨)
首位打者リック.S(楽).332内川 聖一(横).378
本塁打王中村 剛也(西)46本村田 修一(横)46本
打点王T.ローズ(オ)118点A.ラミレス(巨)125点
盗塁王片岡 易之(西)50個福地 寿樹(ヤ)42個
最高出塁率中島 裕之(西).410内川 聖一(横).416
最多安打栗山 巧(西)
片岡 易之(西)
167本内川 聖一(横)189本
最多勝岩隈 久志(楽)21勝S.グライシンガー(巨)17勝
最優秀防御率岩隈 久志(楽)1.87石川 雅規(ヤ)2.68
最多奪三振杉内 俊哉(ソ)213個C.ルイス(広)183個
最多セーブ加藤 大輔(オ)33SM.クルーン(巨)41S
最優秀中継ぎ川崎 雄介(ロ)29HP久保田 智之(神)37HP
最優秀投手岩隈 久志(楽)S.グライシンガー(巨)
沢村賞岩隈 久志(楽)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手岩隈 久志(楽)S.グライシンガー(巨)
捕手細川 亨(西)阿部 慎之助(巨)
一塁手A.カブレラ(オ)内川 聖一(横)
二塁手片岡 易之(西)東出 輝裕(広)
三塁手中村 剛也(西)村田 修一(横)
遊撃手中島 裕之(西)鳥谷 敬(神)
外野手稲葉 篤紀(日)A.ラミレス(巨)
栗山 巧(西)青木 宣親(ヤ)
リック.S(楽)金本 知憲(神)
指名打者T.ローズ(オ)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手ダルビッシュ 有(日)石川 雅規(ヤ)
捕手細川 亨(西)阿部 慎之助(巨)
一塁手A.カブレラ(オ)新井 貴浩(神)
栗原 健太(広)
二塁手田中 賢介(日)荒木 雅博(中)
三塁手今江 敏晃(ロ)中村 紀洋(中)
遊撃手中島 裕之(西)井端 弘和(中)
外野手稲葉 篤紀(日)青木 宣親(ヤ)
森本 稀哲(日)赤星 憲広(神)
坂口 智隆(オ)鈴木 尚広(巨)
1勝1敗
全パ 5-4 全セ大阪ドームMVP 山崎 武司(楽)代打でサヨナラ適時打
全パ 6-11 全セ横浜MVP 荒木 雅博(中)3安打3打点
クライマックス・パ
第1ステージ(3試合制)
2勝0敗
日本ハム 4-1 オリックススレッジ先制弾、ダルビッシュが14奪三振で完投
日本ハム 7-2 オリックス13安打の日ハムが快勝で第2ステージへ
第2ステージ(変則7試合制)
4勝2敗
○西武 --- 日本ハム●(アドバンテージ)
西武 10-3 日本ハムグリン10失点、西武は中島の2発で序盤から打線が爆発
西武 0-5 日本ハム森本先制打、ダルビッシュが3安打完封
西武 4-7 日本ハムスレッジ3ランで帆足攻略、西武追撃も及ばず
西武 9-4 日本ハム石井一7回13奪三振の好投、序盤から大量点の西武が王手
西武 9-0 日本ハム後藤4打点、涌井が無四球完封でシリーズ進出
クライマックス・セ
第1ステージ(3試合制)
2勝1敗
中日 2-0 阪神ウッズ初回に先制打、川上が7回無失点の好投
中日 3-7 阪神鳥谷が初回に3ラン、JFK登板で阪神が逃げ切る
中日 2-0 阪神投手戦は9回にウッズの2ランで藤川を捕らえて決着
第2ステージ(変則7試合制)
3勝1敗1分
○巨人 --- 中日●(アドバンテージ)
巨人 3-4 中日中村紀が決勝打、巨人はクルーン投入が裏目
巨人 11-2 中日小笠原が2発6打点、上原好投で大勝
巨人 5-5 中日中日が執念で追いつくも引き分け、巨人がシリーズ進出に王手
巨人 6-2 中日ラミレス決勝2ラン、クルーンが締めてシリーズへ進出
4勝3敗
西武 2-1 巨人後藤と中島の一発で逆転、涌井が8回1安打の好投
西武 2-3 巨人連日の投手戦は9回ラミレスのサヨナラ本塁打で決着
西武 4-6 巨人鈴木尚3ラン、越智とクルーンの好救援で反撃を抑える
西武 5-0 巨人中村2発4打点、岸が4安打完封で快勝
西武 3-7 巨人7回に涌井攻略、5連続長短打で一気に逆転
西武 4-1 巨人平尾が満塁一掃の二塁打、4回途中から救援の岸が投げ切る
西武 3-2 巨人平尾決勝打、総力を集めた継投策が決まり西武が日本一
シリーズ個人成績
MVP 岸 孝之(西)
敢闘選手 A.ラミレス(巨)
優秀選手 平尾 博嗣(西)、中島 裕之(西)、鈴木 尚広(巨)