2008 平成20年 ←前年 翌年→

【パ・リーグ概況】
長打力で抜け出した西武が4年ぶりV
序盤は混戦模様となっていたが、強力な長打力を持つ西武が5月から抜け出した。調子の波があり、一時は日本ハムとの接戦となったが、8月には再び差を広げた。終盤はオリックスの追い上げを受けたものの、逃げ切って4年ぶりV。
開催期間3月20日〜10月7日
試合制度リーグ24回戦+交流戦4回戦制
延長規定12回まで
MVP岩隈 久志(楽) チームは5位ながら21勝で最多勝
球団の変遷西武ライオンズ→埼玉西武ライオンズ
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
144 76 64 4 .543 14-10 14(1)9 13-11 14-10 11(3)10 3-1 1-3 1-3 1-3 2-2 2-2
144 75 68 1 .524 2.5 10-14 13-11 14-10 13(1)10 14-10 1-3 1-3 3-1 2-2 1-3 3-1
144 73 69 2 .514 4.0 9(1)14 11-13 12-12 10(1)13 17-7 1-3 2-2 3-1 2-2 3-1 3-1
144 73 70 1 .510 4.5 11-13 10-14 12-12 16(1)7 14-10 0-4 3-1 1-3 1-3 3-1 2-2
144 65 76 3 .461 11.5 10-14 10(1)13 13(1)10 7(1)16 12-12 2-2 1-3 2-2 2-2 2-2 4-0
144 64 77 3 .454 12.5 10(3)11 10-14 7-17 10-14 12-12 3-1 1-3 2-2 3-1 2-2 4-0
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
144555049527151339270211982245693107469540378118310939898.2704
14454844817637126125825152202561363361244143523669929078.2618
14453644726533120622427821730516794017332380235310108563.2552
1445520489066213092803212720346407642783646314529559584.2677
144555648806271329232189418796041013813230439167577711790.2723
14455515016556133023932991930535923710534341185410578080.2652
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1441394766433781297.0561549231324114449689445606265563.858
1447314756834741281.1543749221320130329589232236055603.933
144141313736936581277.15359477611961473955188237145415033.544
14417614737033781277.0548148881326114363479153416485884.144
144161111657618571281.05540484912831044566410645436075533.885
14421616647727601295.25550490912951284205410875186415834.050
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【セ・リーグ概況】
後半戦で大差を逆転した巨人がV2
開幕から首位を走った阪神が着実に貯金を増やし、球宴時には2位に9.5ゲーム差の独走体勢を作った。しかし後半に入り強力打線の巨人が猛追し、9月の12連勝で一気に追いつくと、阪神との直接対決でも勝ち続け、大逆転で2連覇を達成。
開催期間3月28日〜10月12日
試合制度リーグ24回戦+交流戦4回戦制
延長規定12回まで
MVPA.ラミレス(巨人) 主に四番として45本塁打と打点王
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
144 84 57 3 .596 14-10 10-14 10(2)12 18-6 18(1)5 1-3 3-1 3-1 4-0 2-2 1-3
144 82 59 3 .582 2.0 10-14 17(1)6 14-10 13(1)10 13(1)10 3-1 3-1 2-2 1-3 3-1 3-1
144 71 68 5 .511 12.0 14-10 6(1)17 13(2)9 9(2)13 17-7 3-1 1-3 1-3 3-1 2-2 2-2
144 69 70 5 .496 14.0 12(2)10 10-14 9(2)13 12(1)11 13-11 3-1 2-2 2-2 3-1 2-2 1-3
144 66 74 4 .471 17.5 6-18 10(1)13 13(2)9 11(1)12 15-9 2-2 3-1 1-3 1-3 2-2 2-2
144 48 94 2 .338 36.5 5(1)18 10(1)13 7-17 11-13 9-15 2-2 1-3 1-3 2-2 0-4 0-4
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
14453914850631128923412177207861078381132034633629969383.2658
14455124802578128519929831791550622915646462194497410362.2676
144536247675351207215131401868514512211925427222498911175.2532
1445433490453713301939100184150669491212633211498419687.2712
144544247565831264201328317785421485116838397208389510769.2658
14453664839552128521316145196552937301412131417499698961.2656
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1446139845744981279.25357481212101153515611156165324793.369
144610108259431131283.154114810126185386599944655214693.289
144101117716839861276.1541548521307114336579892435565013.533
1448106697044971281.25489484312861214434389736105945383.778
14441112667437891273.1539448031260140374578804825695303.746
144737489427711253.0548348121366168412808583857066604.741
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP岩隈 久志(楽)A.ラミレス(巨)
新人王小松 聖(オ)山口 鉄也(巨)
首位打者リック.S(楽).332内川 聖一(横).378
本塁打王中村 剛也(西)46本村田 修一(横)46本
打点王T.ローズ(オ)118点A.ラミレス(巨)125点
盗塁王片岡 易之(西)50個福地 寿樹(ヤ)42個
最高出塁率中島 裕之(西).410内川 聖一(横).416
最多安打栗山 巧(西)
片岡 易之(西)
167本内川 聖一(横)189本
最多勝岩隈 久志(楽)21勝S.グライシンガー(巨)17勝
最優秀防御率岩隈 久志(楽)1.87石川 雅規(ヤ)2.68
最多奪三振杉内 俊哉(ソ)213個C.ルイス(広)183個
最多セーブ加藤 大輔(オ)33SM.クルーン(巨)41S
最優秀中継ぎ川崎 雄介(ロ)29HP久保田 智之(神)37HP
最優秀投手岩隈 久志(楽)S.グライシンガー(巨)
沢村賞岩隈 久志(楽)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手岩隈 久志(楽)S.グライシンガー(巨)
捕手細川 亨(西)阿部 慎之助(巨)
一塁手A.カブレラ(オ)内川 聖一(横)
二塁手片岡 易之(西)東出 輝裕(広)
三塁手中村 剛也(西)村田 修一(横)
遊撃手中島 裕之(西)鳥谷 敬(神)
外野手稲葉 篤紀(日)A.ラミレス(巨)
栗山 巧(西)青木 宣親(ヤ)
リック.S(楽)金本 知憲(神)
指名打者T.ローズ(オ)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手ダルビッシュ 有(日)石川 雅規(ヤ)
捕手細川 亨(西)阿部 慎之助(巨)
一塁手A.カブレラ(オ)新井 貴浩(神)
栗原 健太(広)
二塁手田中 賢介(日)荒木 雅博(中)
三塁手今江 敏晃(ロ)中村 紀洋(中)
遊撃手中島 裕之(西)井端 弘和(中)
外野手稲葉 篤紀(日)青木 宣親(ヤ)
森本 稀哲(日)赤星 憲広(神)
坂口 智隆(オ)鈴木 尚広(巨)
1勝1敗
第1戦大阪MVP山崎 武司(楽)1打数1安打1打点 代打でサヨナラ打
第2戦横浜MVP荒木 雅博(中)4打数3安打3打点 決勝打を含む3打点
ファン投票結果
クライマックス・パ
第1ステージ(3試合制)
2勝0敗
第1戦 4 - 1 スレッジ先制弾、ダルビッシュが14奪三振で完投
第2戦 7 - 2 13安打の日ハムが快勝で第2ステージへ
第2ステージ(変則7試合制)
4勝2敗
--- (アドバンテージ)
第1戦 10 - 3 グリン10失点、西武は中島の2発で序盤から打線が爆発
第2戦 5 - 0 森本先制打、ダルビッシュが3安打完封
第3戦 7 - 4 スレッジ3ランで帆足攻略、西武追撃も及ばず
第4戦 9 - 4 石井一7回13奪三振の好投、序盤から大量点の西武が王手
第5戦 9 - 0 後藤4打点、涌井が無四球完封でシリーズ進出
クライマックス・セ
第1ステージ(3試合制)
2勝1敗
第1戦 2 - 0 ウッズ初回に先制打、川上が7回無失点の好投
第2戦 7 - 3 鳥谷が初回に3ラン、JFK登板で阪神が逃げ切る
第3戦 2 - 0 投手戦は9回にウッズの2ランで藤川を捕らえて決着
第2ステージ(変則7試合制)
3勝1敗1分
--- (アドバンテージ)
第1戦 4 - 3 中村紀が決勝打、巨人はクルーン投入が裏目
第2戦 11 - 2 小笠原が2発6打点、上原好投で大勝
第3戦 5 - 5中日が執念で追いつくも引き分け、巨人がシリーズ進出に王手
第4戦 6 - 2 ラミレス決勝2ラン、クルーンが締めてシリーズへ進出
4勝3敗
第1戦後藤と中島の一発で逆転、涌井が8回1安打の好投
第2戦連日の投手戦は9回ラミレスのサヨナラ本塁打で決着
第3戦鈴木尚3ラン、越智とクルーンの好救援で反撃を抑える
第4戦中村2発4打点、岸が4安打完封で快勝
第5戦7回に涌井攻略、5連続長短打で一気に逆転
第6戦平尾が満塁一掃の二塁打、4回途中から救援の岸が投げ切る
第7戦平尾決勝打、総力を集めた継投策が決まり西武が日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP岸 孝之(西)2勝0敗 第4戦の完封と第6戦の好救援で2勝
敢闘選手A.ラミレス(巨).286 2本 第2戦でサヨナラ弾
優秀選手平尾 博嗣(西)
中島 裕之(西)
鈴木 尚広(巨)
.571 2本 第6戦と第7戦で決勝打
.320 2本 第1戦で決勝弾
.276 1本 第3戦で3ラン