2011 平成23年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
144 88 46 10 .657 16(1)7 15(4)5 13(1)10 13(1)10 13(1)10 3-1 2(1)1 4-0 3-1 3(1)0 3-1
144 72 65 7 .526 17.5 7(1)16 12(1)11 13(2)9 14-10 10(3)11 3-1 2-2 3-1 2-2 3-1 3-1
144 68 67 9 .504 20.5 5(4)15 11(1)12 15-9 14(1)9 11(2)11 2-2 3-1 1-3 2-2 2(1)1 2-2
144 69 68 7 .504 20.5 10(1)13 9(2)13 9-15 11(1)12 15(1)8 1-3 2(1)1 3-1 3-1 3-1 3(1)0
144 66 71 7 .482 23.5 10(1)13 10-14 9(1)14 12(1)11 16(2)6 1-3 2-2 0-4 2-2 3-1 1(2)1
144 54 79 11 .406 33.5 10(1)13 11(3)10 11(2)11 8(1)15 6(2)16 0-4 1-3 2(1)1 2-2 2-2 1(1)2
セ・リーグ順位表
試合 勝率
144 75 59 10 .560 11(3)10 10(2)12 13(2)9 12(2)10 15(1)8 1-3 1-3 2-2 3-1 3-1 4-0
144 70 59 15 .543 2.5 10(3)11 12(4)8 10-14 13(2)9 15(4)5 1(1)2 2-2 1-3 1(1)2 2-2 3-1
144 71 62 11 .534 3.5 12(2)10 8(4)12 11(2)11 16(2)6 14-10 0-4 1-3 3-1 1-3 4-0 1(1)2
144 68 70 6 .493 9.0 9(2)13 14-10 11(2)11 12-12 12(2)10 1-3 2-2 2-2 1-3 2-2 2-2
144 60 76 8 .441 16.0 10(2)12 9(2)13 6(2)16 12-12 17-7 0(1)3 1-3 1(1)2 1-3 1-3 2-2
144 47 86 11 .353 27.5 8(1)15 5(4)15 10-14 10(2)12 7-17 1-3 1-3 2-2 0(1)3 1(2)1 2(1)1
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP内川 聖一(ソ)浅尾 拓也(中)
新人王牧田 和久(西)澤村 拓一(巨)
首位打者内川 聖一(ソ).338長野 久義(巨).316
本塁打王中村 剛也(西)48本W.バレンティン(ヤ)31本
打点王中村 剛也(西)116点新井 貴浩(神)93点
盗塁王本多 雄一(ソ)60個藤村 大介(巨)28個
最高出塁率糸井 嘉男(日).411鳥谷 敬(神).395
最多安打坂口 智隆(オ)175本M.マートン(神)180本
最多勝田中 将大(楽)
D.J.ホールトン(ソ)
19勝吉見 一起(中)
内海 哲也(巨)
18勝
最優秀防御率田中 将大(楽)1.27吉見 一起(中)1.65
最多奪三振ダルビッシュ 有(日)276個前田 健太(広)192個
最多セーブ武田 久(日)37S藤川 球児(神)41S
最優秀中継ぎ平野 佳寿(オ)49HP浅尾 拓也(中)52HP
最優秀投手田中 将大(楽)吉見 一起(中)
沢村賞田中 将大(楽)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手田中 将大(楽)吉見 一起(中)
捕手細川 亨(ソ)阿部 慎之助(巨)
一塁手小久保 裕紀(ソ)栗原 健太(広)
二塁手本多 雄一(ソ)平野 恵一(神)
三塁手中村 剛也(西)宮本 慎也(ヤ)
遊撃手中島 裕之(西)鳥谷 敬(神)
外野手糸井 嘉男(日)長野 久義(巨)
内川 聖一(ソ)M.マートン(神)
栗山 巧(西)青木 宣親(ヤ)
指名打者J.フェルナンデス(西)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手田中 将大(楽)浅尾 拓也(中)
捕手細川 亨(ソ)谷繁 元信(中)
一塁手小久保 裕紀(ソ)栗原 健太(広)
二塁手本多 雄一(ソ)平野 恵一(神)
三塁手松田 宣浩(ソ)宮本 慎也(ヤ)
遊撃手中島 裕之(西)鳥谷 敬(神)
外野手岡田 幸文(ロ)長野 久義(巨)
糸井 嘉男(日)青木 宣親(ヤ)
坂口 智隆(オ)大島 洋平(中)
2勝1敗
全パ 4-9 全セナゴヤドームMVP 畠山 和洋(ヤ)5回に決勝3ラン
全パ 4-3 全セQVCマリンMVP 中村 剛也(西)先制2ランを含む2発
全パ 5-0 全セKスタ宮城MVP 稲葉 篤紀(日)先制2ラン含む3安打3打点
クライマックス・パ
ファーストステージ(3試合制)
2勝0敗
西武 5-2 日本ハム9回に追い付き、11回フェルナンデス決勝打
西武 8-1 日本ハム終盤まで投手戦も、9回一挙6点の西武が進出決定
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝0敗
○ソフトバンク --- 西武●(アドバンテージ)
ソフトバンク 4-2 西武内川が先制の2点三塁打、和田が7回1失点の好投
ソフトバンク 7-2 西武6回松田勝ち越し弾、8回代打松中のダメ押し満塁弾
ソフトバンク 2-1 西武長谷川が10回同点打と12回サヨナラ打でシリーズ進出
クライマックス・セ
ファーストステージ(3試合制)
2勝1敗
ヤクルト 3-2 巨人宮本決勝の犠飛、村中のロングリリーフが成功
ヤクルト 2-6 巨人阿部先制弾、9回代打高橋由が満塁一掃二塁打で突き放す
ヤクルト 3-1 巨人赤川7回途中まで無失点、終盤に追加点のヤクルトが進出
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝2敗
○中日 --- ヤクルト●(アドバンテージ)
中日 2-1 ヤクルト序盤に森野が2本の適時打、吉見−浅尾−岩瀬リレーで守る
中日 1-3 ヤクルト8回に代打飯原が先制本塁打、石川7回無失点と館山S
中日 1-2 ヤクルト5回青木の適時打で勝ち越し、中日は拙攻で同点機を逃す
中日 5-1 ヤクルト初回にブランコ適時打と平田満塁一掃の二塁打で一気に4点
中日 2-1 ヤクルト井端2ラン、吉見8回無失点の好投で中日がシリーズ進出
4勝3敗
ソフトバンク 1-2 中日中日6回まで無安打も、和田同点弾と10回小池の決勝弾
ソフトバンク 1-2 中日連日の延長戦は10回二死から森野決勝打、岩瀬S
ソフトバンク 4-2 中日攝津7回1失点、多村2ランと細川ソロで効果的な追加点
ソフトバンク 2-1 中日小久保先制打、森福が無死満塁のピンチを切り抜けて逃げ切る
ソフトバンク 5-0 中日山田が6回無失点の好投、8回に3点追加のソフトバンクが王手
ソフトバンク 1-2 中日初回に和田が2点三塁打、吉見−岩瀬−浅尾で逃げ切る
ソフトバンク 3-0 中日杉内が7回無失点、ソフトバンクが着実に加点して日本一
シリーズ個人成績
MVP 小久保 裕紀(ソ)
敢闘選手 吉見 一起(中)
優秀選手 和田 一浩(中)、B.ファルケンボーグ(ソ)、杉内 俊哉(ソ)