1955 昭和30年 ←前年 翌年→

パ・リーグ各試合ページのうち、投手の対戦打者数、自責点はデータが集まり次第補完します。

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 92 37 1 .713 17-9 16(1)9 20-6 17-9 22-4
130 77 52 1 .597 15.0 9-17 13-13 17-9 15(1)10 23-3
130 71 57 2 .555 20.5 9(1)16 13-13 15(1)10 15-11 19-7
130 58 70 2 .453 33.5 6-20 9-17 10(1)15 12(1)13 21-5
130 57 71 2 .445 34.5 9-17 10(1)15 11-15 13(1)12 14-12
130 31 99 0 .238 61.5 4-22 3-23 7-19 5-21 12-14
パ・リーグ順位表
試合 勝率
143 99 41 3 .707 13(2)7 12-8 10-10 13(1)7 18-2 16-4 17-3
144 90 50 4 .643 9.0 7(2)13 12(1)8 9-11 17-3 16-4 15(1)5 14-6
142 85 55 2 .607 14.0 8-12 8(1)12 15(1)5 14-6 13-7 11-9 16-4
142 80 60 2 .571 19.0 10-10 11-9 5(1)15 15-5 13(1)7 12-8 14-6
142 60 80 2 .429 39.0 7(1)13 3-17 6-14 5-15 13-7 14(1)6 12-8
141 53 87 1 .379 46.0 2-18 4-16 7-13 7(1)13 7-13 14-6 12-8
143 51 89 3 .364 48.0 4-16 5(1)15 9-11 8-12 6(1)14 6-14 13(1)7
141 42 98 1 .300 57.0 3-17 6-14 4-16 6-14 8-12 8-12 7(1)13
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP川上 哲治(巨)飯田 徳治(南)
新人王西村 一孔(大阪)榎本 喜八(毎)
首位打者川上 哲治(巨).338中西 太(西).332
本塁打王町田 行彦(国)31本中西 太(西)35本
打点王川上 哲治(巨)79点山内 和弘(毎)99点
盗塁王本多 逸郎(中)42個森下 正弘(南)59個
最多勝長谷川 良平(広)
大友 工(巨)
30勝宅和 本司(南)24勝
最優秀防御率別所 毅彦(巨)1.33中川 隆(毎)2.08
最高勝率大友 工(巨).833中村 大成(南).852
最優秀投手中村 大成(南)
沢村賞別所 毅彦(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手別所 毅彦(巨)中村 大成(南)
捕手広田 順(巨)C.ルイス(毎)
一塁手川上 哲治(巨)杉山 光平(南)
二塁手井上 登(中)岡本 伊三美(南)
三塁手児玉 利一(中)中西 太(西)
遊撃手吉田 義男(大)木塚 忠助(南)
外野手渡辺 博之(大)山内 和弘(毎)
与那嶺 要(巨)飯田 徳治(南)
町田 行彦(国)戸倉 勝城(急)
1勝1敗
全セ 0-2 全パ大阪MVP 山内 和弘(毎)先制弾を含む2打点
全セ 9-4 全パ甲子園MVP 西沢 道夫(中)2打席連発で4打点
4勝3敗
巨人 4-1 南海延長10回に川上決勝2ラン、別所が完投勝利
巨人 0-2 南海飯田先制弾と小畑−中村の完封リレーで抑えきる
巨人 0-2 南海森下先制打、宅和−戸川が完封リレー
巨人 2-5 南海8回に木塚、杉山、飯田の適時打で一挙4点
巨人 9-5 南海打撃戦は7回に広岡、岩本、加倉井の適時打で勝ち越す
巨人 3-1 南海初回に守備の乱れを突いて先制、中尾が好リリーフ
巨人 4-0 南海南村2打点、別所4安打完封で巨人日本一
シリーズ個人成績
MVP 別所 毅彦(巨)
首位打者 飯田 徳治(南)
最優秀投手 別所 毅彦(巨)
技能賞 木塚 忠助(南)
敢闘賞 戸川 一郎(南)