1977 昭和52年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 69 51 10 .575 12(3)11 12(3)11 18(2)6 12(2)12 15-11 1位 2位
130 63 55 12 .534 5.0 11(3)12 13(3)10 8(2)16 14(2)10 17(2)7 2位 3位
130 60 57 13 .513 7.5 11(3)12 10(3)13 13(1)12 11(3)12 15(3)8 5位 1位
130 59 61 10 .492 10.0 6(2)18 16(2)8 12(1)13 15(3)8 10(2)14 3位 6位
130 58 61 11 .487 10.5 12(2)12 10(2)14 12(3)11 8(3)15 16(1)9 4位 4位
130 49 73 8 .402 21.0 11-15 7(2)17 8(3)15 14(2)10 9(1)16 6位 5位
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 80 46 4 .635 19-7 17(1)8 13(2)11 15(1)10 16-10
130 62 58 10 .517 15.0 7-19 13(2)11 15(1)10 15(5)6 12(2)12
130 64 61 5 .512 15.5 8(1)17 11(2)13 18-8 13(1)12 14(1)11
130 55 63 12 .466 21.0 11(2)13 10(1)15 8-18 14(3)9 12(6)8
130 51 67 12 .432 25.0 10(1)15 6(5)15 12(1)13 9(3)14 14(2)10
130 51 68 11 .429 25.5 10-16 12(2)12 11(1)14 8(6)12 10(2)14
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP山田 久志(急)王 貞治(巨)
新人王佐藤 義則(急)斉藤 明雄(洋)
首位打者有藤 道世(ロ).329若松 勉(ヤ).358
本塁打王L.リー(ロ)34本王 貞治(巨)50本
打点王L.リー(ロ)109点王 貞治(巨)124点
盗塁王福本 豊(急)61個柴田 勲(巨)34個
最高出塁率
最多出塁数
加藤 秀司(急).405王 貞治(巨)272
最多勝鈴木 啓示(近)20勝高橋 里志(広)20勝
最優秀防御率山田 久志(急)2.28新浦 寿夫(巨)2.32
最高勝率稲葉 光雄(急).739
最優秀救援江夏 豊(南)22SP鈴木 孝政(中)23SP
最優秀投手小林 繁(巨)
沢村賞小林 繁(巨)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手山田 久志(急)小林 繁(巨)
捕手加藤 俊夫(日)木俣 達彦(中)
一塁手加藤 秀司(急)王 貞治(巨)
二塁手B.マルカーノ(急)高木 守道(中)
三塁手有藤 道世(ロ)掛布 雅之(神)
遊撃手石渡 茂(近)河埜 和正(巨)
外野手福本 豊(急)若松 勉(ヤ)
門田 博光(南)山本 浩二(広)
L.リー(ロ)張本 勲(巨)
指名打者高井 保弘(急)
ダイヤモンドグラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手山田 久志(急)堀内 恒夫(巨)
捕手加藤 俊夫(日)大矢 明彦(ヤ)
一塁手加藤 秀司(急)王 貞治(巨)
二塁手山崎 裕之(ロ)高木 守道(中)
三塁手島谷 金二(急)高田 繁(巨)
遊撃手大橋 穣(急)山下 大輔(洋)
外野手福本 豊(急)山本 浩二(広)
弘田 澄男(ロ)柴田 勲(巨)
大熊 忠義(急)若松 勉(ヤ)
2勝1敗
全セ 2-1 全パ平和台MVP 若松 勉(ヤ)先制点につなげる3安打
全セ 0-4 全パ西宮MVP 野村 克也(南)2回に先制の適時打
全セ 4-3 全パ神宮MVP 王 貞治(巨)同点2ランで逆転につなげる
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝2敗
阪急 18-1 ロッテ5回に10点、6回に7点の大量得点で大勝
阪急 0-3 ロッテリー先制2点打、三井の好救援で阪急打線を完封
阪急 1-3 ロッテロッテが初回に2点、ベテラン金田が8回1失点
阪急 4-2 ロッテリリーフ村田から加藤秀が決勝HR、山田完投
阪急 7-0 ロッテ13安打と足立の完封で阪急がリーグ制覇
4勝1敗
阪急 7-2 巨人山田完投、打線も繋がり阪急先勝
阪急 3-0 巨人福本が好走塁で3得点、足立完封
阪急 2-5 巨人延長12回、河埜サヨナラ3ラン
阪急 5-2 巨人9回二死無走者から逆転、山田が決勝打
阪急 6-3 巨人加藤秀逆転2ラン、巨人打線不発で阪急が日本一
シリーズ個人成績
MVP 山田 久志(急)
打撃賞 張本 勲(巨)
最優秀投手 足立 光宏(急)
優秀選手 福本 豊(急)
技能賞 大熊 忠義(急)
敢闘賞 河埜 和正(巨)