1978 昭和53年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 68 46 16 .596 10(7)9 14(3)9 13(3)10 15(1)10 16(2)8
130 65 49 16 .570 3.0 9(7)10 10(5)11 13(2)11 15(2)9 18-8
130 62 50 18 .554 5.0 9(3)14 11(5)10 14(2)10 16(3)7 12(5)9
130 64 57 9 .529 7.5 10(3)13 11(2)13 10(2)14 14-12 19(2)5
130 53 71 6 .427 20.0 10(1)15 9(2)15 7(3)16 12-14 15-11
130 41 80 9 .339 30.5 8(2)16 8-18 9(5)12 5(2)19 11-15
パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 82 39 9 .678 10(2)14 19-7 17(3)6 17(2)7 19(2)5 1位 1位
130 71 46 13 .607 9.0 14(2)10 13(2)11 13(2)11 14(3)9 17(4)5 2位 2位
130 55 63 12 .466 25.5 7-19 11(2)13 13(7)6 12(2)12 12(1)13 3位 4位
130 53 62 15 .461 26.0 6(3)17 11(2)13 6(7)13 15(2)9 15(1)10 5位 3位
130 51 67 12 .432 29.5 7(2)17 9(3)14 12(2)12 9(2)15 14(3)9 4位 5位
130 42 77 11 .353 39.0 5(2)19 5(4)17 13(1)12 10(1)15 9(3)14 6位 6位
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP若松 勉(ヤ)山田 久志(急)
新人王角 三男(巨)村上 之宏(南)
首位打者水谷 実雄(広).348佐々木 恭介(近).354
本塁打王山本 浩二(広)44本B.ミッチェル(日)36本
打点王王 貞治(巨)118点B.マルカーノ(急)94点
盗塁王柴田 勲(巨)34個福本 豊(急)70個
最高出塁率
最多出塁数
王 貞治(巨)247佐々木 恭介(近).407
最多勝野村 収(洋)17勝鈴木 啓示(近)25勝
最優秀防御率新浦 寿夫(巨)2.81鈴木 啓示(近)2.02
最高勝率山田 久志(急).818
最優秀救援新浦 寿夫(巨)25SP山口 高志(急)26SP
最優秀投手新浦 寿夫(巨)
沢村賞松岡 弘(ヤ)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手新浦 寿夫(巨)鈴木 啓示(近)
捕手大矢 明彦(ヤ)中沢 伸二(急)
一塁手王 貞治(巨)柏原 純一(日)
二塁手D.ヒルトン(ヤ)B.マルカーノ(急)
三塁手掛布 雅之(神)島谷 金二(急)
遊撃手高橋 慶彦(広)真弓 明信(ク)
外野手山本 浩二(広)福本 豊(急)
若松 勉(ヤ)佐々木 恭介(近)
C.マニエル(ヤ)簑田 浩二(急)
指名打者土井 正博(ク)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手堀内 恒夫(巨)山田 久志(急)
捕手大矢 明彦(ヤ)中沢 伸二(急)
一塁手王 貞治(巨)柏原 純一(日)
二塁手土井 正三(巨)B.マルカーノ(急)
三塁手掛布 雅之(神)島谷 金二(急)
遊撃手山下 大輔(洋)大橋 穣(急)
外野手山本 浩二(広)福本 豊(急)
若松 勉(ヤ)簑田 浩二(急)
J.ライトル(広)B.ウイリアムス(急)
2勝1敗
全セ 7-5 全パ広島MVP A.ギャレット(広)史上初の3本塁打
全セ 0-9 全パ甲子園MVP 簑田 浩二(急)3安打4打点2盗塁
全セ 8-5 全パ後楽園MVP 掛布 雅之(神)3打席連続本塁打
4勝3敗
ヤクルト 5-6 阪急河村代打逆転2ラン、山田5失点も粘って完投勝利
ヤクルト 10-6 阪急今井雄KO、序盤から打線活発のヤクルトが3発で快勝
ヤクルト 0-5 阪急足立が完封、阪急は福本の盗塁から着実に加点
ヤクルト 6-5 阪急9回二死からヒルトン逆転2ラン、5点差を挽回
ヤクルト 7-3 阪急大杉5打点、山田に14安打を浴びせヤクルト王手
ヤクルト 3-12 阪急集中打で大量点、白石完投で最終決戦へ
ヤクルト 4-0 阪急大杉2発、上田監督の猛抗議実らず松岡完封でヤクルト悲願の日本一
シリーズ個人成績
MVP 大杉 勝男(ヤ)
打撃賞 島谷 金二(急)
最優秀投手 松岡 弘(ヤ)
優秀選手 若松 勉(ヤ)
技能賞 D.ヒルトン(ヤ)
敢闘賞 足立 光宏(急)