1980 昭和55年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 73 44 13 .624 15(4)7 11(2)13 14(2)10 13(3)10 20(2)4
130 68 52 10 .567 6.5 7(4)15 15(3)8 15-11 16(2)8 15(1)10
130 61 60 9 .504 14.0 13(2)11 8(3)15 10-16 15(3)8 15(1)10
130 59 62 9 .488 16.0 10(2)14 11-15 16-10 9(2)15 13(5)8
130 54 66 10 .450 20.5 10(3)13 8(2)16 8(3)15 15(2)9 13-13
130 45 76 9 .372 30.0 4(2)20 10(1)15 10(1)15 8(5)13 13-13
パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 68 54 8 .557 14(3)9 12(2)12 12(1)13 15(1)10 15(1)10 2位 1位
130 64 51 15 .557 0.5 9(3)14 13(6)7 12(1)13 13(3)10 17(2)7 1位 3位
130 66 53 11 .555 0.5 12(2)12 7(6)13 14(1)11 16(1)9 17(1)8 2位 2位
130 62 64 4 .492 8.0 13(1)12 13(1)12 11(1)14 11-15 14(1)11 6位 4位
130 58 67 5 .464 11.5 10(1)15 10(3)13 9(1)16 15-11 14-12 4位 5位
130 48 77 5 .384 21.5 10(1)15 7(2)17 8(1)17 11(1)14 12-14 5位 6位
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP山本 浩二(広)木田 勇(日)
新人王岡田 彰布(神)木田 勇(日)
首位打者谷沢 健一(中).369L.リー(ロ).358
本塁打王山本 浩二(広)44本C.マニエル(近)48本
打点王山本 浩二(広)112点C.マニエル(近)129点
盗塁王高橋 慶彦(広)38個福本 豊(急)54個
最高出塁率(数)山本 浩二(広)240栗橋 茂(近).412
最多勝江川 卓(巨)16勝木田 勇(日)22勝
最優秀防御率松岡 弘(ヤ)2.35木田 勇(日)2.28
最高勝率木田 勇(日).733
最優秀救援江夏 豊(広)30SP金城 基泰(南)19SP
最優秀投手江川 卓(巨)
沢村賞該当者なし
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手江川 卓(巨)木田 勇(日)
捕手大矢 明彦(ヤ)梨田 昌崇(近)
一塁手谷沢 健一(中)レオン.L(ロ)
二塁手基 満男(洋)山崎 裕之(西)
三塁手衣笠 祥雄(広)有藤 道世(ロ)
遊撃手高橋 慶彦(広)高代 延博(日)
外野手山本 浩二(広)L.リー(ロ)
若松 勉(ヤ)福本 豊(急)
杉浦 亨(ヤ)栗橋 茂(近)
指名打者C.マニエル(近)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手西本 聖(巨)木田 勇(日)
捕手大矢 明彦(ヤ)梨田 昌崇(近)
一塁手王 貞治(巨)小川 亨(近)
二塁手基 満男(洋)山崎 裕之(西)
三塁手衣笠 祥雄(広)羽田 耕一(近)
遊撃手山下 大輔(洋)水上 善雄(ロ)
外野手山本 浩二(広)福本 豊(急)
J.ライトル(広)平野 光泰(近)
J.スコット(ヤ)簑田 浩二(急)
2勝1敗
全セ 7-6 全パ西宮MVP 岡田 彰布(神)代打で貴重な3ラン
全セ 1-3 全パ川崎MVP 平野 光泰(近)8回に決勝2ラン
全セ 2-1 全パ後楽園MVP 江夏 豊(広)3連続奪三振で火消し
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝0敗
近鉄 4-1 ロッテ平野・羽田・栗橋に一発、井本が完投勝利
近鉄 4-2 ロッテマニエルのスクイズで先制、鈴木完投で王手
近鉄 13-4 ロッテ平野逆転3ラン、4発で大勝の近鉄がリーグ連覇
4勝3敗
広島 4-6 近鉄12回羽田が決勝2ラン、柳田が好リリーフ
広島 2-9 近鉄吹石逆転3ラン、マニエル3ランで池谷をKO
広島 4-3 近鉄9回水沼が決勝二塁打、江夏が締める
広島 2-0 近鉄初回にライトル2ラン、山根が2安打完封で守りきる
広島 2-6 近鉄小川が3打点、鈴木完投勝利で近鉄が王手
広島 6-2 近鉄水谷が初回に満塁弾、福士完投で最終決戦へ
広島 8-3 近鉄終盤に打線爆発の広島がV2を達成
MVP J.ライトル(広)
敢闘賞 小川 亨(近)
優秀選手 木下 富雄(広)、山根 和夫(広)、平野 光泰(近)