1981 昭和56年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 73 48 9 .603 14-12 15(1)10 13(3)10 11(3)12 20(2)4
130 67 54 9 .554 6.0 12-14 9(2)15 14(5)7 13(1)12 19(1)6
130 67 58 5 .536 8.0 10(1)15 15(2)9 10(1)15 14-12 18(1)7
130 56 58 16 .491 13.5 10(3)13 7(5)14 15(1)10 13(3)10 11(4)11
130 58 65 7 .472 16.0 12(3)11 12(1)13 12-14 10(3)13 12-14
130 42 80 8 .344 31.5 4(2)20 6(1)19 7(1)18 11(4)11 14-12
パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 68 54 8 .557 14-12 7(3)16 13(1)12 18(4)4 16-10 4位 1位
130 68 58 4 .540 2.0 12-14 15(2)9 8(1)17 17(1)8 16-10 3位 2位
130 63 57 10 .525 4.0 16(3)7 9(2)15 12(2)12 12(2)12 14(1)11 1位 3位
130 61 61 8 .500 7.0 12(1)13 17(1)8 12(2)12 7(3)16 13(1)12 2位 5位
130 53 65 12 .449 13.0 4(4)18 8(1)17 12(2)12 16(3)7 13(2)11 5位 6位
130 54 72 4 .429 16.0 10-16 10-16 11(1)14 12(1)13 11(2)13 6位 4位
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP江川 卓(巨)江夏 豊(日)
新人王原 辰徳(巨)石毛 宏典(西)
首位打者藤田 平(神).358落合 博満(ロ).326
本塁打王山本 浩二(広)43本T.ソレイタ(日)
門田 博光(南)
44本
打点王山本 浩二(広)103点T.ソレイタ(日)108点
勝利打点王佐野 仙好(神)15T.ソレイタ(日)17
盗塁王青木 実(ヤ)34個福本 豊(急)54個
最高出塁率掛布 雅之(神)243門田 博光(南).434
最多勝江川 卓(巨)20勝今井 雄太郎(急)
村田 兆治(ロ)
19勝
最優秀防御率江川 卓(巨)2.29岡部 憲章(日)2.70
最高勝率間柴 茂有(日)1.000
最優秀救援角 三男(巨)28SP江夏 豊(日)28SP
最優秀投手江川 卓(巨)
沢村賞西本 聖(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手江川 卓(巨)村田 兆治(ロ)
捕手山倉 和博(巨)梨田 昌崇(近)
一塁手藤田 平(神)柏原 純一(日)
二塁手篠塚 利夫(巨)落合 博満(ロ)
三塁手掛布 雅之(神)有藤 道世(ロ)
遊撃手山下 大輔(洋)石毛 宏典(西)
外野手山本 浩二(広)島田 誠(日)
J.ライトル(広)テリー.W(西)
田尾 安志(中)福本 豊(急)
指名打者門田 博光(南)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手西本 聖(巨)山田 久志(急)
捕手山倉 和博(巨)梨田 昌崇(近)
一塁手藤田 平(神)柏原 純一(日)
二塁手篠塚 利夫(巨)山崎 裕之(西)
三塁手掛布 雅之(神)藤原 満(南)
遊撃手山下 大輔(洋)石毛 宏典(西)
外野手J.ライトル(広)島田 誠(日)
山本 浩二(広)福本 豊(急)
松本 匡史(巨)簑田 浩二(急)
2勝1敗
全セ 3-5 全パ甲子園MVP 藤原 満(南)決勝打を含む2安打
全セ 6-3 全パ横浜MVP 掛布 雅之(神)サヨナラ3ランを含む2発
全セ 6-0 全パ神宮MVP 山倉 和博(巨)3回に先制の一発
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝1敗1分
日本ハム 1-0 ロッテ柏原の一発を高橋一−江夏リレーで守る
日本ハム 5-5 ロッテ9回日ハムが2点差を追いつき引き分け
日本ハム 4-1 ロッテ間柴が完投勝利、代打加藤が決勝の2点打
日本ハム 6-11 ロッテ5回に落合が逆転3ラン、水上も3ランの猛攻
日本ハム 8-4 ロッテ仁科を2回途中でKO、11安打で日ハムがリーグ制覇
4勝2敗
巨人 5-6 日本ハム巨人が終盤4点差を追いつくも井上弘がサヨナラ打
巨人 2-1 日本ハム8回にホワイトが逆転2ラン、西本完投勝利
巨人 2-3 日本ハム鍵谷が逆転の2点二塁打、江夏セーブ
巨人 8-2 日本ハム河埜勝ち越し弾、7回に一挙6点で突き放す
巨人 9-0 日本ハム西本が13安打完封、巨人3発で快勝
巨人 6-3 日本ハム序盤で5点をリード、江川完投で巨人が日本一
MVP 西本 聖(巨)
敢闘賞 井上 弘昭(日)
優秀選手 平田 薫(巨)、江川 卓(巨)、河埜 和正(巨)