1981 昭和56年 ←前年 翌年→

【セ・リーグ概況】
投手力の巨人が独走で4年ぶりV
序盤は中日が首位を走ったが長くは続かず、5月に巨人が首位に立つと追い上げるチームもなく、球宴時には2位に8ゲーム差をつける独走体勢となった。若手が育ち、投手陣も安定した巨人が後半も貯金を増やして4年ぶりのV。
開催期間4月4日〜10月14日
試合制度26回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP江川 卓(巨人) 20勝で最多勝と防御率のタイトルを獲得
備 考勝利打点を新設
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 73 48 9 .603 14-12 15(1)10 13(3)10 11(3)12 20(2)4
130 67 54 9 .554 6.0 12-14 9(2)15 14(5)7 13(1)12 19(1)6
130 67 58 5 .536 8.0 10(1)15 15(2)9 10(1)15 14-12 18(1)7
130 56 58 16 .491 13.5 10(3)13 7(5)14 15(1)10 13(3)10 11(4)11
130 58 65 7 .472 16.0 12(3)11 12(1)13 12-14 10(3)13 12-14
130 42 80 8 .344 31.5 4(2)20 6(1)19 7(1)18 11(4)11 14-12
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13048624370517117117425135180049211955873433841327517379.2680
13048634360605119417112181193258254578231354363664710284.2739
13048534352523118417417114173450371429527349603060894100.2721
13047484279520109217025120167249210563883230436457108675.2552
1304853434154511631702715118405226247106363404030753101106.2679
1304816430844410861831910516224227064773236925307669175.2521
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
130471411734822-1161.24686424198312531923833824183722.881
13043820675417-1146.0478643521161135282326601715194663.660
13038612675822-1147.0475942951074118314337791644804233.319
1302427565824-1146.0492543811214145378466712075915484.304
1301922586526-1147.1488443351155152386416641425374733.711
13021110428020-1136.0495544061303131375286281836095574.413
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
後期優勝の日本ハムが19年ぶりV
前期はロッテが首位を走り、阪急が追いついたものの、6月に再び抜け出したロッテが前期V。後期は日本ハム、ロッテ、阪急の争いとなったが、投手力の充実した日本ハムが逃げ切り後期V。POは3勝1敗1分で日本ハムが東映時代以来19年ぶりのV。
開催期間前期:4月4日〜7月1日(未消化2試合を10月に実施)、後期:7月4日〜10月4日
試合制度各期13回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP江夏 豊(日本ハム) 2度目 抑えの切り札としてピンチを救い25S
備 考勝利打点を新設
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率 前期 後期
130 68 54 8 .557 14-12 7(3)16 13(1)12 18(4)4 16-10 4位 1位
130 68 58 4 .540 2.0 12-14 15(2)9 8(1)17 17(1)8 16-10 3位 2位
130 63 57 10 .525 4.0 16(3)7 9(2)15 12(2)12 12(2)12 14(1)11 1位 3位
130 61 61 8 .500 7.0 12(1)13 17(1)8 12(2)12 7(3)16 13(1)12 2位 5位
130 53 65 12 .449 13.0 4(4)18 8(1)17 12(2)12 16(3)7 13(2)11 5位 6位
130 54 72 4 .429 16.0 10-16 10-16 11(1)14 12(1)13 11(2)13 6位 4位
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
130496043386101199197231261820591118439436431215950210180.2764
130485243175791151181241401800551140618228397182859893102.2666
130492743715671210173191261799547994110137378183948790105.2768
13048864306599115118329143182157472518838393156157910574.2673
130490944035441201175221281804524853554373761439521129106.2728
13048334324557109516619149174652812160413239154450910284.2532
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1304488685428-1140.2485543381133106370436312125544833.810
1304886685817-1146.049304370119615240856438935975104.005
1302945635723-1143.2499343221153126491615631735975294.162
13046911616117-1146.148294315109613736236569935134613.620
13041613536519-1136.149074377125813537430452626195524.373
13041138547217-1133.248534337117115636144543705765164.095
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts

表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP江川 卓(巨)江夏 豊(日)
新人王原 辰徳(巨)石毛 宏典(西)
首位打者藤田 平(神).358落合 博満(ロ).326
本塁打王山本 浩二(広)43本T.ソレイタ(日)
門田 博光(南)
44本
打点王山本 浩二(広)103点T.ソレイタ(日)108点
勝利打点王佐野 仙好(神)15T.ソレイタ(日)17
盗塁王青木 実(ヤ)34個福本 豊(急)54個
最高出塁率掛布 雅之(神)243門田 博光(南).434
最多勝江川 卓(巨)20勝今井 雄太郎(急)
村田 兆治(ロ)
19勝
最優秀防御率江川 卓(巨)2.29岡部 憲章(日)2.70
最高勝率間柴 茂有(日)1.000
最優秀救援角 三男(巨)28SP江夏 豊(日)28SP
最優秀投手江川 卓(巨)
沢村賞西本 聖(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手江川 卓(巨)村田 兆治(ロ)
捕手山倉 和博(巨)梨田 昌崇(近)
一塁手藤田 平(神)柏原 純一(日)
二塁手篠塚 利夫(巨)落合 博満(ロ)
三塁手掛布 雅之(神)有藤 道世(ロ)
遊撃手山下 大輔(洋)石毛 宏典(西)
外野手山本 浩二(広)島田 誠(日)
J.ライトル(広)テリー.W(西)
田尾 安志(中)福本 豊(急)
指名打者門田 博光(南)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手西本 聖(巨)山田 久志(急)
捕手山倉 和博(巨)梨田 昌崇(近)
一塁手藤田 平(神)柏原 純一(日)
二塁手篠塚 利夫(巨)山崎 裕之(西)
三塁手掛布 雅之(神)藤原 満(南)
遊撃手山下 大輔(洋)石毛 宏典(西)
外野手J.ライトル(広)島田 誠(日)
山本 浩二(広)福本 豊(急)
松本 匡史(巨)簑田 浩二(急)
2勝1敗
第1戦甲子園MVP藤原 満(南)4打数2安打1打点 決勝打を含む2安打
第2戦横浜MVP掛布 雅之(神)5打数2安打4打点 サヨナラ3ランを含む2発
第3戦神宮MVP山倉 和博(巨)3打数1安打1打点 3回に先制の一発
ファン投票結果
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝1敗1分
第1戦 1 - 0 柏原の一発を高橋一−江夏リレーで守る
第2戦 5 - 59回日ハムが2点差を追いつき引き分け
第3戦 4 - 1 間柴が完投勝利、代打加藤が決勝の2点打
第4戦 11 - 6 5回に落合が逆転3ラン、水上も3ランの猛攻
第5戦 8 - 4 仁科を2回途中でKO、11安打で日ハムがリーグ制覇
4勝2敗
第1戦巨人が終盤4点差を追いつくも井上弘がサヨナラ打
第2戦8回にホワイトが逆転2ラン、西本完投勝利
第3戦鍵谷が逆転の2点二塁打、江夏セーブ
第4戦河埜勝ち越し弾、7回に一挙6点で突き放す
第5戦西本が13安打完封、巨人3発で快勝
第6戦序盤で5点をリード、江川完投で巨人が日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP西本 聖(巨)2勝0敗 2完投勝利、うち1完封
敢闘選手井上 弘昭(日).375 1本 第1戦でサヨナラ打
優秀選手平田 薫(巨)
江川 卓(巨)
河埜 和正(巨)
.667 2本 左投手を打ち12打数8安打
2勝0敗 2完投勝利、胴上げ投手
.429 2本 両軍最多の9安打