1979 昭和54年 ←前年 翌年→

【セ・リーグ概況】
夏場に抜け出した広島が4年ぶりV
前半は大洋や巨人が好調だったものの長続きせず、抜け出すチームがないダンゴ状態。球宴時は中日が首位に立ったものの後半は失速。ここから広島が長打力と機動力を発揮して一気に抜け出した。独走となった広島が4年ぶりのV。
開催期間4月7日〜10月25日
試合制度26回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP江夏 豊(広島) 22S、31SPで最優秀救援を獲得
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 67 50 13 .573 16(2)8 14(4)8 10(2)14 9(2)15 18(3)5
130 59 54 17 .522 6.0 8(2)16 11(4)11 17(2)7 9(6)11 14(3)9
130 59 57 14 .509 7.5 8(4)14 11(4)11 14(1)11 13(2)11 13(3)10
130 61 60 9 .504 8.0 14(2)10 7(2)17 11(1)14 17-9 12(4)10
130 58 62 10 .483 10.5 15(2)9 11(6)9 11(2)13 9-17 12-14
130 48 69 13 .410 19.0 5(3)18 9(3)14 10(3)13 10(4)12 14-12
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
130489442936011103154171721807567143536825460344875610477.2569
1304942436559511622061813518095696939883042931307928682.2662
1304924439458911771911515518635703842962635730517509597.2679
130486543895591178157211721893534704854263682128764112103.2684
1304850434155411231711615417885327239732837738317019089.2587
1304845431355010851599157173353163391001936917448047494.2516
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
130291211675027-1148.2480743551116151310377911305234773.736
13031105595420-1148.1489643481121156415297701515625174.053
13016105595731-1154.0491543771180163398346821715665093.970
13027114616026-1145.1493743601126157402607732536025284.150
1302795586222-1142.0482742801063145423328491535494883.846
1301464486917-1136.1493843751222173412407021216465804.595
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【パ・リーグ概況】
近鉄がPO全勝で30年目の初V
前期は打線好調の近鉄が5月まで独走だったが、6月に阪急が猛追。最後は近鉄が僅差で逃げ切り前期V。後期は阪急が序盤から抜け出すと、そのまま独走となり後期V。POでは継投に成功した近鉄が3連勝して球団30年目の初Vとなった。
開催期間前期:4月7日〜7月4日、後期:7月6日〜10月20日
試合制度各期13回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVPC.マニエル(近) 死球による長期離脱を乗り越えて本塁打王を獲得
球団の変遷クラウンライターライオンズ→西武ライオンズ(福岡→埼玉に移転)
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率 前期 後期
130 74 45 11 .622 11(2)13 9(4)13 16-10 19(3)4 19(2)5 1位 2位
130 75 44 11 .630 -1.0 13(2)11 15(2)9 14(3)9 17(1)8 16(3)7 2位 1位
130 63 60 7 .512 13.0 13(4)9 9(2)15 13(1)12 14-12 14-12 3位 4位
130 55 63 12 .466 18.5 10-16 9(3)14 12(1)13 10(4)12 14(4)8 4位 3位
130 46 73 11 .387 28.0 4(3)19 8(1)17 12-14 12(4)10 10(3)13 5位 6位
130 45 73 12 .381 28.5 5(2)19 7(3)16 12-14 8(4)14 13(3)10 6位 5位
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
13049844423672126018511195205264114052704040532445298480.2849
130497343646951228209351932086667167656543448195364693116.2814
13048834361592116220421131180156418565633138414416047559.2665
130482444075761208199181501893547725271212862439518111100.2741
130488144205581222183191251818534100466438309105061395120.2765
1304815435852511281781614017585016146602931755157094132.2588
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
130471012744517-1149.0477043661167174277355761525314723.697
1306486754415-1142.0489443601158143388435941225464873.838
13048623636017-1144.0483044251223151280415251415695204.091
1304376556313-1139.1494143661205138400656771715975444.299
13023510467319-1132.2497944211251170422474711016896124.861
1303239457317-1134.2494643951204158382476371316865804.599
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts

表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP江夏 豊(広)C.マニエル(近)
新人王藤沢 公也(中)松沼 博久(西)
首位打者F.ミヤーン(洋).346加藤 英司(急).364
本塁打王掛布 雅之(神)48本C.マニエル(近)37本
打点王山本 浩二(広)113点加藤 英司(急)104点
盗塁王高橋 慶彦(広)55個福本 豊(急)60個
最高出塁率(数)山本 浩二(広)220加藤 英司(急).443
最多勝小林 繁(神)22勝山田 久志(急)21勝
最優秀防御率平松 政次(洋)2.39山口 哲治(近)2.49
最高勝率山田 久志(急).808
最優秀救援江夏 豊(広)31SP金城 基泰(南)20SP
最優秀投手小林 繁(神)
沢村賞小林 繁(神)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手小林 繁(神)山田 久志(急)
捕手木俣 達彦(中)梨田 昌崇(近)
一塁手王 貞治(巨)加藤 英司(急)
二塁手F.ミヤーン(洋)B.マルカーノ(急)
三塁手掛布 雅之(神)島谷 金二(急)
遊撃手高橋 慶彦(広)石渡 茂(近)
外野手山本 浩二(広)福本 豊(急)
若松 勉(ヤ)栗橋 茂(近)
M.ラインバック(神)新井 宏昌(南)
指名打者C.マニエル(近)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手西本 聖(巨)山田 久志(急)
捕手若菜 嘉晴(神)梨田 昌崇(近)
一塁手王 貞治(巨)柏原 純一(日)
二塁手高木 守道(中)B.マルカーノ(急)
三塁手掛布 雅之(神)島谷 金二(急)
遊撃手山下 大輔(洋)高代 延博(日)
外野手山本 浩二(広)福本 豊(急)
J.スコット(ヤ)簑田 浩二(急)
J.ライトル(広)平野 光泰(近)
2勝1敗
第1戦大阪MVP王 貞治(巨)4打数2安打3打点 先制3ラン含む2安打
第2戦ナゴヤMVPB.マルカーノ(急)4打数1安打2打点 貴重な2点二塁打
第3戦神宮MVP山本 浩二(広)4打数2安打3打点 サヨナラ2ランを含む2発
ファン投票結果
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝0敗
第1戦 5 - 1 永尾が先制三塁打、井本−山口の好リレー決まる
第2戦 7 - 4 有田3ランで突き放し、平野がダメ押し2ラン
第3戦 2 - 1 延長10回失策で決勝点、山口3連投で近鉄が初優勝
4勝3敗
第1戦羽田が先制2点打を含む3安打、井本が完投勝利
第2戦6回まで無安打の近鉄が7回に一挙4点、鈴木が完封
第3戦内田・ギャレットの適時打で逆転、江夏がS
第4戦水谷逆転2ラン、高橋慶がダメ押し2ラン
第5戦三村が6回に適時二塁打、山根2安打完封
第6戦マニエル適時打と梨田2ランで勝ち越し、井本完投で2勝目
第7戦水沼決勝2ラン、江夏が9回無死満塁をしのぎ広島が日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP高橋 慶彦(広).444 1本 全試合安打で高打率
打撃賞高橋 慶彦(広).444 1本 両軍最多の12安打
最優秀投手山根 和夫(広)2勝1敗 先発で2勝、うち1完封
優秀選手水谷 実雄(広).261 2本 第4戦で逆転2ラン
技能賞三村 敏之(広).304 1本 第5戦で決勝打
敢闘賞井本 隆(近)2勝1敗 2完投勝利