1987 昭和62年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 71 45 14 .612 12(2)12 12(1)13 16(4)6 12(5)9 19(2)5
130 64 56 10 .533 9.0 12(2)12 17-9 12(2)12 11(5)10 12(1)13
130 63 60 7 .512 11.5 13(1)12 9-17 13(1)12 15(3)8 13(2)11
130 57 63 10 .475 16.0 6(4)16 12(2)12 12(1)13 15-11 12(3)11
130 51 65 14 .440 20.0 9(5)12 10(5)11 8(3)15 11-15 13(1)12
130 52 69 9 .430 21.5 5(2)19 13(1)12 11(2)13 11(3)12 12(1)13
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 76 43 11 .639 14(2)10 10(5)11 16(3)7 18(1)7 18-8
130 68 51 11 .571 8.0 10(2)14 13(2)11 14(3)9 13(3)10 18(1)7
130 65 55 10 .542 11.5 11(5)10 11(2)13 12(1)13 13-13 18(2)6
130 58 64 8 .475 19.5 7(3)16 9(3)14 13(1)12 13-13 16(1)9
130 56 68 6 .452 22.5 7(1)18 10(3)13 13-13 13-13 13(2)11
130 41 83 6 .331 37.5 8-18 7(1)18 6(2)18 9(1)16 11(2)13
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP東尾 修(西)山倉 和博(巨)
新人王阿波野 秀幸(近)荒井 幸雄(ヤ)
首位打者新井 宏昌(近).366篠塚 利夫(巨)
正田 耕三(広)
.333
本塁打王秋山 幸二(西)43本R.ランス(広)39本
打点王ブーマー.W(急)119点C.ポンセ(洋)98点
勝利打点王秋山 幸二(西)18個小早川毅彦(広)16個
盗塁王西村 徳文(ロ)
大石 大二郎(近)
41個屋鋪 要(洋)48個
最高出塁率門田 博光(南).428落合 博満(中).435
最多勝山沖 之彦(急)19勝小松 辰雄(中)17勝
最優秀防御率工藤 公康(西)2.41桑田 真澄(巨)2.17
最高勝率工藤 公康(西).789
最優秀救援牛島 和彦(ロ)26SP郭 源治(中)30SP
最優秀投手桑田 真澄(巨)
沢村賞桑田 真澄(巨)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手工藤 公康(西)桑田 真澄(巨)
捕手伊東 勤(西)山倉 和博(巨)
一塁手ブーマー.W(急)R.バース(神)
二塁手白井 一幸(日)篠塚 利夫(巨)
三塁手石毛 宏典(西)原 辰徳(巨)
遊撃手水上 善雄(ロ)宇野 勝(中)
外野手新井 宏昌(近)吉村 禎章(巨)
秋山 幸二(西)C.ポンセ(洋)
T.ブリューワ(日)W.クロマティ(巨)
指名打者石嶺 和彦(急)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手東尾 修(西)桑田 真澄(巨)
捕手伊東 勤(西)山倉 和博(巨)
一塁手ブーマー.W(急)中畑 清(巨)
二塁手白井 一幸(日)正田 耕三(広)
三塁手石毛 宏典(西)原 辰徳(巨)
遊撃手弓岡 敬二郎(急)平田 勝男(神)
外野手秋山 幸二(西)屋鋪 要(洋)
高沢 秀昭(ロ)山崎 隆造(広)
島田 誠(日)長嶋 清幸(広)
新井 宏昌(近)
3勝0敗
全パ 7-4 全セ西武MVP 高沢 秀昭(ロ)3ランを含む4打点
全パ 8-3 全セ横浜MVP 石毛 宏典(西)7回に勝ち越し3ラン
全パ 9-7 全セ甲子園MVP 清原 和博(西)先制2ランを含む3安打
4勝2敗
西武 3-7 巨人中畑決勝2ラン、駒田4安打で東尾をKO
西武 6-0 巨人石毛・秋山・清原の3発で快勝、工藤3安打完封
西武 2-1 巨人ブコビッチと石毛のソロで2点、巨人は4併殺でチャンス逃す
西武 0-4 巨人槙原が11奪三振で完封、原と篠塚がダメ押しの一発
西武 3-1 巨人初回に桑田から3点、東尾の好投と工藤のSで守り切る
西武 3-1 巨人クロマティの守備の隙を突いた好走塁、工藤完投で西武日本一
MVP 工藤 公康(西)
敢闘賞 篠塚 利夫(巨)
優秀選手 石毛 宏典(西)、秋山 幸二(西)、槙原 寛己(巨)