1986 昭和61年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 68 49 13 .581 11(4)11 11(3)12 13(4)9 19-7 14(2)10
130 66 52 12 .559 2.5 11(4)11 11(2)13 12(2)12 17(2)7 15(2)9
130 63 57 10 .525 6.5 12(3)11 13(2)11 12(2)12 12(2)12 14(1)11
130 57 64 9 .471 13.0 9(4)13 12(2)12 12(2)12 9(1)16 15-11
130 57 65 8 .467 13.5 7-19 7(2)17 12(2)12 16(1)9 15(3)8
130 49 73 8 .402 21.5 10(2)14 9(2)15 11(1)14 11-15 8(3)15
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 73 46 11 .613 14(1)11 12(6)8 18(1)7 15(3)8 14-12
130 75 48 7 .610 0.0 11(1)14 13(2)11 18(1)7 17(2)7 16(1)9
130 60 60 10 .500 13.5 8(6)12 11(2)13 9(1)16 16-10 16(1)9
130 56 69 5 .448 20.0 7(1)18 7(1)18 16(1)9 11(2)13 15-11
130 54 67 9 .446 20.0 8(3)15 7(2)17 10-16 13(2)11 16(2)8
130 49 77 4 .389 27.5 12-14 9(1)16 9(1)16 11-15 8(2)16
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP石毛 宏典(西)北別府 学(広)
新人王清原 和博(西)長冨 浩志(広)
首位打者落合 博満(ロ).360R.バース(神).389
本塁打王落合 博満(ロ)50本R.バース(神)47本
打点王落合 博満(ロ)116点R.バース(神)109点
勝利打点王P.パットナム(日)17個W.クロマティ(巨)18個
盗塁王西村 徳文(ロ)36個平野 謙(中)
屋鋪 要(洋)
48個
最高出塁率落合 博満(ロ).487R.バース(神).481
最多勝渡辺 久信(西)16勝北別府 学(広)18勝
最優秀防御率佐藤 義則(急)2.83北別府 学(広)2.43
最高勝率渡辺 久信(西).727
最優秀救援石本 貴昭(近)40SP斉藤 明夫(洋)28SP
最優秀投手北別府 学(広)
沢村賞北別府 学(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手渡辺 久信(西)北別府 学(広)
捕手伊東 勤(西)達川 光男(広)
一塁手ブーマー.W(急)R.バース(神)
二塁手辻 発彦(西)篠塚 利夫(巨)
三塁手落合 博満(ロ)レオン.L(ヤ)
遊撃手石毛 宏典(西)高橋 慶彦(広)
外野手秋山 幸二(西)W.クロマティ(巨)
横田 真之(ロ)吉村 禎章(巨)
新井 宏昌(近)山本 浩二(広)
指名打者石嶺 和彦(急)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手東尾 修(西)北別府 学(広)
捕手伊東 勤(西)達川 光男(広)
一塁手ブーマー.W(急)中畑 清(巨)
二塁手辻 発彦(西)篠塚 利夫(巨)
三塁手古屋 英夫(日)衣笠 祥雄(広)
遊撃手石毛 宏典(西)平田 勝男(神)
外野手山本 和範(南)平野 謙(中)
西岡 良洋(西)屋鋪 要(洋)
山森 雅文(急)長嶋 清幸(広)
2勝1敗
全パ 6-4 全セ後楽園MVP 山本 和範(南)勝ち越し打を含む2安打
全パ 4-3 全セ大阪MVP 清原 和博(西)高卒新人が同点の一発
全パ 3-5 全セ広島MVP 吉村 禎章(巨)サヨナラ2ランを含む2発
4勝3敗1分
西武 2-2 広島広島が9回に2発で同点、延長14回引き分け
西武 1-2 広島正田の2点二塁打で逆転、大野完投勝利
西武 4-7 広島達川決勝打、機動力でチャンス作り郭をKO
西武 1-3 広島9回に押し出しと犠飛で決勝の2点を奪う
西武 2-1 広島10回から救援の工藤が延長12回サヨナラ打
西武 3-1 広島大田と清原に一発、渡辺−工藤のリレーで守り切る
西武 3-1 広島清原先制打と秋山2点打、松沼博−郭のリレーで守る
西武 3-2 広島秋山同点2ランでバック宙、ブコビッチ決勝打で西武日本一
MVP 工藤 公康(西)
敢闘賞 達川 光男(広)
優秀選手 清原 和博(西)、石毛 宏典(西)、津田 恒実(広)