1988 昭和63年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 73 51 6 .589 12(1)13 14(3)9 12(2)12 16-10 19-7
130 74 52 4 .587 0.0 13(1)12 16-10 15-11 12(1)13 18(2)6
130 62 65 3 .488 12.5 9(3)14 10-16 13-13 17-9 13-13
130 60 68 2 .469 15.0 12(2)12 11-15 13-13 13-13 11-15
130 58 71 1 .450 17.5 10-16 13(1)12 9-17 13-13 13-13
130 54 74 2 .422 21.0 7-19 6(2)18 13-13 15-11 13-13
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 79 46 5 .632 12-14 17(2)7 14(2)10 19-7 17(1)8
130 68 59 3 .535 12.0 14-12 12(1)13 17-9 12(1)13 13(1)12
130 65 62 3 .512 15.0 7(2)17 13(1)12 14-12 14-12 17-9
130 59 67 4 .468 20.5 10(2)14 9-17 12-14 16(2)8 12-14
130 58 69 3 .457 22.0 7-19 13(1)12 12-14 8(2)16 18-8
130 51 77 2 .398 29.5 8(1)17 12(1)13 9-17 14-12 8-18
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP門田 博光(南)郭 源治(中)
新人王森山 良二(西)立浪 和義(中)
首位打者高沢 秀昭(ロ).327正田 耕三(広).340
本塁打王門田 博光(南)44本C.ポンセ(洋)33本
打点王門田 博光(南)125点C.ポンセ(洋)102点
勝利打点王清原 和博(西)15個落合 博満(中)19個
盗塁王西村 徳文(ロ)55個屋鋪 要(洋)33個
最高出塁率門田 博光(南).429落合 博満(中).418
最多勝渡辺 久信(西)
西崎 幸広(日)
松浦 宏明(日)
15勝小野 和幸(中)
伊東 昭光(ヤ)
18勝
最優秀防御率河野 博文(日)2.38大野 豊(広)1.70
最高勝率郭 泰源(西).813
最優秀救援吉井 理人(近)34SP郭 源治(中)44SP
最優秀投手小野 和幸(中)
沢村賞大野 豊(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手西崎 幸広(日)小野 和幸(中)
捕手伊東 勤(西)達川 光男(広)
一塁手清原 和博(西)落合 博満(中)
二塁手福良 淳一(急)正田 耕三(広)
三塁手松永 浩美(急)原 辰徳(巨)
遊撃手田中 幸雄(日)池山 隆寛(ヤ)
外野手高沢 秀昭(ロ)C.ポンセ(洋)
秋山 幸二(西)広沢 克己(ヤ)
平野 謙(西)J.パチョレック(洋)
指名打者門田 博光(南)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手西崎 幸広(日)桑田 真澄(巨)
捕手伊東 勤(西)達川 光男(広)
一塁手清原 和博(西)中畑 清(巨)
二塁手辻 発彦(西)正田 耕三(広)
三塁手石毛 宏典(西)原 辰徳(巨)
遊撃手田中 幸雄(日)立浪 和義(中)
外野手秋山 幸二(西)屋鋪 要(洋)
平野 謙(西)山崎 隆造(広)
高沢 秀昭(ロ)彦野 利勝(中)
2勝1敗
全セ 1-3 全パ西宮MVP ブーマー.W(急)同点弾を含む2安打
全セ 4-1 全パナゴヤMVP 岡田 彰布(神)6回に逆転2ラン
全セ 4-3 全パ東京ドームMVP 正田 耕三(広)3安打1打点
4勝1敗
西武 5-1 中日清原が先制の場外弾、中日は4併殺で反撃ならず
西武 3-7 中日8回に宇野押し出し死球と仁村徹スクイズで勝ち越し
西武 4-3 中日山本が6回に乱れ3失点、宇野2ランで反撃も届かず
西武 6-0 中日西武が3発で着実に加点、森山2安打完封
西武 7-6 中日打撃戦は11回に伊東のサヨナラ打で西武日本一
MVP 石毛 宏典(西)
敢闘賞 宇野 勝(中)
優秀選手 清原 和博(西)、森山 良二(西)、郭 源治(中)