1989 平成元年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 84 44 2 .656 14(1)11 12(1)13 19-7 18-8 21-5
130 73 51 6 .589 9.0 11(1)14 14(1)11 16(2)8 15(1)10 17(1)8
130 68 59 3 .535 15.5 13(1)12 11(1)14 12-14 17-9 15(1)10
130 55 72 3 .433 28.5 7-19 8(2)16 14-12 14-12 12(1)13
130 54 75 1 .419 30.5 8-18 10(1)15 9-17 12-14 15-11
130 47 80 3 .370 36.5 5-21 8(1)17 10(1)15 13(1)12 11-15
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 71 54 5 .568 13-13 12-14 11(2)13 17(2)7 18(1)7
130 72 55 3 .567 0.0 13-13 13(1)12 13(1)12 16-10 17(1)8
130 69 53 8 .566 0.5 14-12 12(1)13 13(2)11 16(1)9 14(4)8
130 59 64 7 .480 11.0 13(2)11 12(1)13 11(2)13 14-12 9(2)15
130 54 73 3 .425 18.0 7(2)17 10-16 9(1)16 12-14 16-10
130 48 74 8 .393 21.5 7(1)18 8(1)17 8(4)14 15(2)9 10-16
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVPW.クロマティ(巨)R.ブライアント(近)
新人王笘篠 賢治(ヤ)酒井 勉(オ)
首位打者W.クロマティ(巨).378ブーマー.W(オ).322
本塁打王L.パリッシュ(ヤ)42本R.ブライアント(近)49本
打点王落合 博満(中)116点ブーマー.W(オ)124点
勝利打点王落合 博満(中)16
盗塁王正田 耕三(広)34個西村 徳文(ロ)42個
最高出塁率W.クロマティ(巨).449松永 浩美(オ).431
最多勝斎藤 雅樹(巨)
西本 聖(中)
20勝阿波野 秀幸(近)19勝
最優秀防御率斎藤 雅樹(巨)1.62村田 兆治(ロ)2.50
最高勝率星野 伸之(オ).714
最多奪三振阿波野 秀幸(近)183個
最優秀救援津田 恒実(広)40SP井上 祐二(ダ)27SP
最優秀投手斎藤 雅樹(巨)
沢村賞斎藤 雅樹(巨)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手斎藤 雅樹(巨)阿波野 秀幸(近)
捕手中尾 孝義(巨)山下 和彦(近)
一塁手L.パリッシュ(ヤ)ブーマー.W(オ)
二塁手正田 耕三(広)辻 発彦(西)
三塁手落合 博満(中)松永 浩美(オ)
遊撃手池山 隆寛(ヤ)田辺 徳雄(西)
外野手W.クロマティ(巨)秋山 幸二(西)
山崎 賢一(洋)R.ブライアント(近)
彦野 利勝(中)藤井 康雄(オ)
指名打者門田 博光(オ)
ゴールデングラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手西本 聖(中)阿波野 秀幸(近)
捕手中尾 孝義(巨)中嶋 聡(オ)
一塁手駒田 徳広(巨)愛甲 猛(ロ)
二塁手正田 耕三(広)辻 発彦(西)
三塁手W.ロードン(広)松永 浩美(オ)
遊撃手川相 昌弘(巨)田辺 徳雄(西)
外野手彦野 利勝(中)秋山 幸二(西)
山崎 賢一(洋)平野 謙(西)
栗山 英樹(ヤ)本西 厚博(オ)
1勝1敗
全セ 0-6 全パ神宮MVP 村田 兆治(ロ)3回無失点で勝利投手
全セ 4-1 全パ藤井寺MVP 彦野 利勝(中)先制弾を含む2安打
4勝3敗
巨人 3-4 近鉄新井決勝打、阿波野が完投勝利
巨人 3-6 近鉄リベラが決勝の満塁一掃二塁打
巨人 0-3 近鉄光山2ラン、加藤哲が好投で近鉄王手
巨人 5-0 近鉄香田3安打完封、駒田が2打点
巨人 6-1 近鉄シリーズ無安打の原が満塁弾、斎藤完投
巨人 3-1 近鉄篠塚逆転2点打、桑田が好投
巨人 8-5 近鉄本塁打攻勢で巨人が4連勝、日本一
MVP 駒田 徳広(巨)
敢闘賞 新井 宏昌(近)
優秀選手 岡崎 郁(巨)、香田 勲男(巨)、阿波野 秀幸(近)