2015 平成27年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率
143 90 49 4 .647 15(1)9 15-10 16(2)7 16-9 16(1)8 2-1 3-0 2-1 1-2 2-1 2-1
143 79 62 2 .560 12.0 9(1)15 13-12 17-8 15-10 14-11 1(1)1 2-1 0-3 3-0 2-1 3-0
143 73 69 1 .514 18.5 10-15 12-13 13(1)11 15-10 13-12 1-2 3-0 1-2 2-1 1-2 2-1
143 69 69 5 .500 20.5 7(2)16 8-17 11(1)13 15-10 18-7 2-1 1-2 2-1 2-1 1(1)1 2(1)0
143 61 80 2 .433 30.0 9-16 10-15 10-15 10-15 14(2)9 1-2 0-3 3-0 0-3 2-1 2-1
143 57 83 3 .407 33.5 8(1)16 11-14 12-13 7-18 9(2)14 2-1 2-1 0-3 1-2 2-1 3-0
セ・リーグ順位表
試合 勝率
143 76 65 2 .539 12-13 12-13 14-11 13(1)11 17-8 1-2 1(1)1 2-1 1-2 2-1 1-2
143 75 67 1 .528 1.5 13-12 16-9 10-15 14(1)10 15-10 0-3 1-2 0-3 2-1 3-0 1-2
143 70 71 2 .496 6.0 13-12 9-16 8(2)15 16-9 14-11 1-2 3-0 2-1 1-2 0-3 3-0
143 69 71 3 .493 6.5 11-14 15-10 15(2)8 9(1)15 10-15 2-1 0-3 1-2 1-2 3-0 2-1
143 62 77 4 .446 13.0 11(1)13 10(1)14 9-16 15(1)9 10-15 1-2 1-2 2-1 1(1)1 1-2 1-2
143 62 80 1 .437 14.5 8-17 10-15 11-14 15-10 15-10 1-2 0-3 1-2 0(1)2 1-2 0-3
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP柳田 悠岐(ソ)山田 哲人(ヤ)
新人王有原 航平(日)山崎 康晃(D)
首位打者柳田 悠岐(ソ).363川端 慎吾(ヤ).336
本塁打王中村 剛也(西)37本山田 哲人(ヤ)38本
打点王中村 剛也(西)124点畠山 和洋(ヤ)105点
盗塁王中島 卓也(日)34個山田 哲人(ヤ)34個
最高出塁率柳田 悠岐(ソ).469山田 哲人(ヤ).416
最多安打秋山 翔吾(西)216本川端 慎吾(ヤ)195本
最多勝大谷 翔平(日)
涌井 秀章(ロ)
15勝前田 健太(広)15勝
最優秀防御率大谷 翔平(日)2.24K.ジョンソン(広)1.85
最高勝率大谷 翔平(日).750M.マイコラス(巨).813
最多奪三振則本 昂大(楽)215個藤浪 晋太郎(神)221個
最優秀救援D.サファテ(ソ)41ST.バーネット(ヤ)
呉 昇桓(神)
41S
最優秀中継ぎ増田 達至(西)42HP福原 忍(神)39HP
沢村賞前田 健太(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手大谷 翔平(日)前田 健太(広)
捕手炭谷 銀仁朗(西)中村 悠平(ヤ)
一塁手中田 翔(日)畠山 和洋(ヤ)
二塁手田中 賢介(日)山田 哲人(ヤ)
三塁手中村 剛也(西)川端 慎吾(ヤ)
遊撃手中島 卓也(日)鳥谷 敬(神)
外野手秋山 翔吾(西)筒香 嘉智(D)
柳田 悠岐(ソ)福留 孝介(神)
清田 育宏(ロ)平田 良介(中)
指名打者李 大浩(ソ)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手涌井 秀章(ロ)前田 健太(広)
捕手炭谷 銀仁朗(西)中村 悠平(ヤ)
一塁手中田 翔(日)畠山 和洋(ヤ)
二塁手L.クルーズ(ロ)菊池 涼介(広)
三塁手松田 宣浩(ソ)川端 慎吾(ヤ)
遊撃手今宮 健太(ソ)鳥谷 敬(神)
外野手柳田 悠岐(ソ)福留 孝介(神)
秋山 翔吾(西)丸 佳浩(広)
清田 育宏(ロ)大島 洋平(中)
2勝0敗
全セ 8-6 全パ東京ドームMVP 藤浪 晋太郎(神)中継ぎで3回を完全投球
全セ 8-3 全パマツダMVP 會澤 翼(広)3回に先制の一発
クライマックス・パ
ファーストステージ(3試合制)
2勝1敗
ロッテ 9-3 日本ハム今江の満塁一掃二塁打で逆転、序盤で大谷をKOしたロッテが先勝
ロッテ 2-4 日本ハム8回にレアード同点打、矢野が決勝2点打で一気に逆転
ロッテ 2-1 日本ハム井口とデスパイネの一発で逆転、内が好リリーフでロッテ進出
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝0敗
○ソフトバンク --- ロッテ●(アドバンテージ)
ソフトバンク 3-2 ロッテ柳田同点2ラン、両軍の好継投の末に10回内川がサヨナラ打
ソフトバンク 6-1 ロッテ6回二死からの連打で一挙5点、内川が決勝の2点打
ソフトバンク 3-1 ロッテ内川先制打と李大浩2ラン、中田が6回まで抑え無傷のCS突破
クライマックス・セ
ファーストステージ(3試合制)
2勝1敗
巨人 3-2 阪神マイコラスが好投と先制打、10回に4四球でサヨナラ押し出し
巨人 2-4 阪神初回に菅野から2発で3点を先制、メッセンジャーが7回2失点
巨人 3-1 阪神阿部2打点、ポレダが6回まで無失点に抑え巨人が進出
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝1敗
○ヤクルト --- 巨人●(アドバンテージ)
ヤクルト 1-4 巨人坂本2ランとアンダーソン2点打、救援陣が好投し逃げ切る
ヤクルト 4-0 巨人中軸の連打でマイコラスをKO、小川が8回無失点の好投
ヤクルト 2-0 巨人併殺打の間に先制、館山6回無失点の好投と得意の継投が決まる
ヤクルト 3-2 巨人相手守備の乱れを突き序盤に得点、ヤクルトが初のCS突破
4勝1敗
ソフトバンク 4-2 ヤクルト武田4安打完投、松田先制弾など打線活発のソフトバンクが先勝
ソフトバンク 4-0 ヤクルトバンデンハークが8回無失点、李大浩先制2ランと中村晃にも一発
ソフトバンク 4-8 ヤクルト山田が3打席連続HRのシリーズ記録で5打点、中盤に逆転して突き放す
ソフトバンク 6-4 ヤクルト李大浩4打点と細川が一発含む2打点、反撃を許すも継投で逃げ切る
ソフトバンク 5-0 ヤクルト李大浩先制2ラン、投打の噛み合ったソフトバンクがV2達成
MVP 李 大浩(ソ)
敢闘選手 山田 哲人(ヤ)
優秀選手 明石 健志(ソ)、武田 翔太(ソ)、R.バンデンハーク(ソ)