2016 平成28年 ←前年 翌年→

【パ・リーグ概況】
大差を逆転した日本ハムが4年ぶりV
前半はソフトバンクが順調に貯金を増やして抜け出したが、交流戦後に日本ハムが15連勝するなど猛追。11.5ゲーム差を8月に追いつくと、終盤まで僅差の競り合い。最後の直接対決で連勝した日本ハムが競り勝って4年ぶりV。
開催期間3月25日〜10月5日
試合制度リーグ25回戦+交流戦3回戦制
延長規定12回まで
MVP大谷 翔平(日本ハム) 二刀流で10勝と22本塁打を達成
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率
143 87 53 3 .621 15(1)9 15(1)9 14-11 17-8 16(1)8 1-2 1-2 3-0 2-1 2-1 1-2
143 83 54 6 .606 2.5 9(1)15 16(1)8 15(1)9 16(1)8 14(1)10 1(1)1 3-0 3-0 2-1 2-1 2-1
143 72 68 3 .514 15.0 9(1)15 8(1)16 13(1)11 16-9 14-11 2-1 2-1 0-3 3-0 2-1 3-0
143 64 76 3 .457 23.0 11-14 9(1)15 11(1)13 11(1)13 13-12 0-3 2-1 2-1 2-1 1-2 2-1
143 62 78 3 .443 25.0 8-17 8(1)16 9-16 13(1)11 13(1)11 2-1 1-2 3-0 1-2 2-1 2-1
143 57 83 3 .407 30.0 8(1)16 10(1)14 11-14 12-13 11(1)13 0-3 0-3 0-3 1-2 3-0 1-2
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
1435550479561912771791312118455851323917828496105310767974.2663
1435526474463712401883011418306091074314840537145795611067.2614
14354834810583123021630801746559772912034461145896410282.2557
14355364881619128721919128192859197378036493746107197101.2637
143544148065441234170321011771518563712226439104895211284.2568
14353824747499119920812841683475104501542539912579109389.2526
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
14391678753421201284.0534947101129894554810043944674363.056
1437146835446891291.05332474511141264014411583634794433.088
14312914726836971289.0551748671308104428438553555825243.659
143883647631661270.255314759124978524769566146185433.846
143385627830871279.05564489513241064525910263456545844.109
1437105578334821269.1554148221285113521359564836355894.176
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
【セ・リーグ概況】
6月から独走した広島が25年ぶりV
序盤は抜け出すチームが無いダンゴ状態。6月に広島が11連勝して抜け出すと、球宴時には2位に10ゲーム差をつける独走体勢を作った。投打に若手とベテランが噛み合い、厚い戦力の広島が後半も貯金を増やし、大差で25年ぶりのV。
開催期間3月25日〜10月1日
試合制度リーグ25回戦+交流戦3回戦制
延長規定12回まで
MVP新井 貴浩(広島) 3割100打点をクリアし優勝に貢献
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
143 89 52 2 .631 13-12 13-12 18-7 17-8 17(1)7 2-1 1(1)1 1-2 3-0 1-2 3-0
143 71 69 3 .507 17.5 12-13 10(1)14 15(1)9 14-11 11(1)13 2-1 0-3 1-2 1-2 2-1 3-0
143 69 71 3 .493 19.5 12-13 14(1)10 9(1)15 14-11 13(1)11 0-3 0-3 3-0 1-2 0-3 3-0
143 64 76 3 .457 24.5 7-18 9(1)15 15(1)9 12(1)12 14-11 1-2 1-2 0-3 1-2 2-1 2-1
143 64 78 1 .451 25.5 8-17 11-14 11-14 12(1)12 16-9 1-2 1-2 1-2 2-1 1-2 0-3
143 58 82 3 .414 30.5 7(1)17 13(1)11 11(1)13 11-14 9-16 2-1 1-2 0-3 1-2 1-2 2-1
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
143558249146841338203351532070649118529129500134710638567.2723
143535647975191203217191281842497622611223389113596110085.2508
1435364483857212051942114018615486734811837375410499273.2491
1435401478950611712041790167947559258838435175111499997.2445
14355094828594123421020113182356582248533524103990711760.2556
14354054813500118020921891698473602810828410746100110366.2452
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1437196895237991284.0539648071194101418429663024974573.203
14381213716941921282.15422486312481193954910613155434923.453
1439127697135971274.05438487012531434193110593925885323.758
1438153647631811274.25436477511391004984111665035464793.382
143733647831701260.2554148341333147476758723816946634.733
1438105588225911281.1546848151222115469489804415735193.645
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP大谷 翔平(日)新井 貴浩(広)
新人王高梨 裕稔(日)高山 俊(神)
首位打者角中 勝也(ロ).339坂本 勇人(巨).344
本塁打王B.レアード(日)39本筒香 嘉智(D)44本
打点王中田 翔(日)110点筒香 嘉智(D)110点
盗塁王糸井 嘉男(オ)
金子 侑司(西)
53個山田 哲人(ヤ)30個
最高出塁率柳田 悠岐(ソ).446坂本 勇人(巨).433
最多安打角中 勝也(ロ)178本菊池 涼介(広)181本
最多勝和田 毅(ソ)15勝野村 祐輔(広)16勝
最優秀防御率石川 歩(ロ)2.16菅野 智之(巨)2.01
最高勝率和田 毅(ソ).750野村 祐輔(広).842
最多奪三振則本 昂大(楽)216個菅野 智之(巨)189個
最優秀救援D.サファテ(ソ)43S澤村 拓一(巨)37S
最優秀中継ぎ宮西 尚生(日)42HPS.マシソン(巨)49HP
沢村賞K.ジョンソン(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手大谷 翔平(日)野村 祐輔(広)
捕手田村 龍弘(ロ)石原 慶幸(広)
一塁手中田 翔(日)新井 貴浩(広)
二塁手浅村 栄斗(西)山田 哲人(ヤ)
三塁手B.レアード(日)村田 修一(巨)
遊撃手鈴木 大地(ロ)坂本 勇人(巨)
外野手角中 勝也(ロ)鈴木 誠也(広)
糸井 嘉男(オ)筒香 嘉智(D)
西川 遥輝(日)丸 佳浩(広)
指名打者大谷 翔平(日)
ゴールデングラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手涌井 秀章(ロ)菅野 智之(巨)
捕手大野 奨太(日)石原 慶幸(広)
一塁手中田 翔(日)J.ロペス(D)
二塁手藤田 一也(楽)菊池 涼介(広)
三塁手松田 宣浩(ソ)村田 修一(巨)
遊撃手今宮 健太(ソ)坂本 勇人(巨)
外野手秋山 翔吾(西)丸 佳浩(広)
陽 岱鋼(日)大島 洋平(中)
糸井 嘉男(オ)鈴木 誠也(広)
1勝0敗1分
第1戦福岡ドMVP筒香 嘉智(D)3打数2安打1打点 一発を含む2安打
第2戦横浜MVP大谷 翔平(日)4打数3安打2打点 一発と同点打で2打点
ファン投票結果
クライマックス・パ
ファーストステージ(3試合制)
2勝0敗
第1戦 4 - 3 ロッテ初回2発で先制も内川2打点と今宮の決勝打で逆転
第2戦 4 - 1 本多が勝ち越し打、2試合連続の逆転でソフトバンクが進出
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝2敗
--- (アドバンテージ)
第1戦 6 - 0 5回に集中打で一挙6点、大谷が7回を1安打に抑える
第2戦 6 - 4 9回にマーティンから3点を挙げて逆転、柳田が決勝打
第3戦 4 - 1 初回に近藤先制打とレアード3ラン、有原が7回1失点
第4戦 5 - 2 長谷川、今宮、松田の3発を含む12安打で快勝
第5戦 7 - 4 初回4失点も打線の繋がりで逆転、日本ハムが進出
クライマックス・セ
ファーストステージ(3試合制)
2勝1敗
第1戦 5 - 3 6回に筒香が逆転2ラン、効果的な3発でDeNAが先勝
第2戦 2 - 1 坂本同点弾と長野決勝打、マシソンが8回から抑えきる
第3戦 4 - 3 11回嶺井の決勝打で初出場のDeNAがファイナル進出
ファイナルステージ(変則7試合制)
4勝1敗
--- (アドバンテージ)
第1戦 5 - 0 ジョンソンが3安打完封、5本の適時打で広島が快勝
第2戦 3 - 0 丸2打点、野村6回無失点と継投で2試合連続の完封
第3戦 3 - 0 エリアン先制2ラン、井納7回無失点でDeNAが意地の1勝
第4戦 8 - 7 初回にエルドレッド3ラン含む6点、反撃及ばず広島が進出
4勝2敗
第1戦重盗で先制、松山とエルドレッドの一発で大谷を攻略
第2戦8回に一挙4点、菊池の決勝打と得意の継投が決まる
第3戦中田が3打点、広島粘るも10回に大谷がサヨナラ打
第4戦中田同点弾、8回レアードの2ランで勝負を決める
第5戦7回に犠飛で追いつき9回西川がサヨナラ満塁弾
第6戦レアード満塁弾、8回一挙6点で日本ハムが10年ぶり日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVPB.レアード(日).273 3本 第4戦の決勝弾など両軍最多の7打点
敢闘選手B.エルドレッド(広).318 3本 本塁打と打点のチーム二冠王
優秀選手中田 翔(日)
西川 遥輝(日)
A.バース(日)
.250 1本 効果的な5打点
.231 1本 第5戦でサヨナラ弾
3勝0敗 5試合救援で3勝