1982 昭和57年 ←前年 翌年→

【パ・リーグ概況】
前期優勝の西武が19年ぶり復活V
前期は西武が首位に立ち、6月に阪急が追い付くものの、最終盤で連勝した西武が逃げ切り前期V。後期は打線好調の日本ハムが抜け出して独走体勢となり、そのまま後期V。POは3勝1敗で西武が勝ち、西鉄時代以来19年ぶりV。
開催期間前期:4月3日〜6月29日、後期:7月2日〜10月12日
試合制度各期13回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP落合 博満(ロッテ) チームは5位ながら三冠王を獲得
【パ・リーグ順位表】
試合 勝率 前期 後期
130 68 58 4 .540 11(1)14 14(1)11 12(1)13 15-11 16(1)9 1位 3位
130 67 52 11 .563 -2.5 14(1)11 17(2)7 10(5)11 15(1)10 11(2)13 4位 1位
130 63 57 10 .525 2.0 11(1)14 7(2)17 15(1)10 15(4)7 15(2)9 3位 2位
130 62 60 8 .508 4.0 13(1)12 11(5)10 10(1)15 11(1)14 17-9 2位 5位
130 54 69 7 .439 12.5 11-15 10(1)15 7(4)15 14(1)11 12(1)13 6位 4位
130 53 71 6 .427 14.0 9(1)16 13(2)11 9(2)15 9-17 13(1)12 5位 6位
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
1304822422652910701641513116575047057963041715535908564.2532
13048364278551113722227127179453185469027382245845111683.2658
13049164299594110817514151176456712645703447019426518892.2577
13048604213596107817624150175255914263874249113276069168.2559
13048124287531112919015123171851484459727369193058210895.2634
1304771426745210881841390156842672488836339294157711095.2550
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
13038144685819-1142.146854182100010635642648934614203.310
1303184675233-1146.2486142201060116470316861615184623.625
1307171163579-1146.2480843121131162350345231005775244.112
13046713626019-1144.2486142571080120439505721935224753.734
1305562546911-1137.2498742851163142505695811636005364.239
13034916537122-1139.048154314117612634825447815755134.054
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts

【セ・リーグ概況】
最終盤の逆転で中日が8年ぶりV
前半は巨人、大洋、広島が首位を争う混戦模様。後半は巨人と中日が抜け出した。巨人が常にリードしていたものの、最終盤に中日が追い上げ、巨人の日程が終了した後に試合を残していた中日が最終戦で逆転、8年ぶりのVを決めた。
開催期間4月3日〜10月18日
試合制度26回戦制
延長規定開始から3時間まで(ダブルヘッダー第1試合は9回)
MVP中尾 孝義(中日) 正捕手として攻守でリーグ優勝に貢献
【セ・リーグ順位表】
試合 勝率
130 64 47 19 .577 11(5)10 14(2)10 9(6)11 17(4)5 13(2)11
130 66 50 14 .569 0.5 10(5)11 13(3)10 15(1)10 14(3)9 14(2)10
130 65 57 8 .533 4.5 10(2)14 10(3)13 14(1)11 15-11 16(2)8
130 59 58 13 .504 8.0 11(6)9 10(1)15 11(1)14 13(3)10 14(2)10
130 53 65 12 .449 14.5 5(4)17 9(3)14 11-15 10(3)13 18(2)6
130 45 75 10 .375 23.5 11(2)13 10(2)14 8(2)16 10(2)14 6(2)18
【チーム打撃成績】
試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球死球三振併打失策打率
130480543105291147156141431760500635611932324402066777110.2661
130482343165111095162321331720489112421033034533297147094.2537
13048474356517114315624118170149410343903234451246189171.2624
1304820431251310971711313917114999952843034627477049290.2544
1304845433547310841742412516814513922882436823308018690.2501
130477442914371031135239514974188746943032042396876574.2403
【チーム投手成績】※完封、無四球は継投によるものを含む。
試合完投完封無四勝利敗戦投回打者打数被安被本四球死球奪三失点自責防率
1302088644730-1148.1483743341106125365317441744784173.269
130551116665013-1156.247344290104311729428751824393772.933
13011147655732-1149.2479143201092121315316681854964393.436
130431013595814-1154.0483243381094127335347452124934233.299
1301582536532-1145.1491443711169120385236541915554993.922
13027611457517-1145.2480642671093143353426291435194643.644
【貯金グラフ】powered by XML/SWF Charts
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP落合 博満(ロ)中尾 孝義(中)
新人王大石 大二郎(近)津田 恒美(広)
首位打者落合 博満(ロ).325長崎 啓二(洋).351
本塁打王落合 博満(ロ)32本掛布 雅之(神)35本
打点王落合 博満(ロ)99点掛布 雅之(神)95点
勝利打点王落合 博満(ロ)13原 辰徳(巨)14
盗塁王福本 豊(急)54個松本 匡史(巨)61個
最高出塁率(数)落合 博満(ロ).431掛布 雅之(神)
田尾 安志(中)
232
最多勝工藤 幹夫(日)20勝北別府 学(広)20勝
最優秀防御率高橋 里志(日)1.84斉藤 明夫(洋)2.07
最高勝率工藤 幹夫(日).833
最優秀救援江夏 豊(日)37SP山本 和行(神)40SP
最優秀投手北別府 学(広)
沢村賞北別府 学(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手工藤 幹夫(日)北別府 学(広)
捕手中沢 伸二(急)中尾 孝義(中)
一塁手柏原 純一(日)谷沢 健一(中)
二塁手落合 博満(ロ)篠塚 利夫(巨)
三塁手スティーブ.O(西)掛布 雅之(神)
遊撃手石毛 宏典(西)宇野 勝(中)
外野手福本 豊(急)田尾 安志(中)
栗橋 茂(近)長崎 啓二(洋)
新井 宏昌(南)山本 浩二(広)
指名打者T.ソレイタ(日)
ダイヤモンドグラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手山田 久志(急)西本 聖(巨)
捕手大宮 龍男(日)中尾 孝義(中)
一塁手柏原 純一(日)中畑 清(巨)
二塁手大石 大二郎(近)篠塚 利夫(巨)
三塁手古屋 英夫(日)掛布 雅之(神)
遊撃手石毛 宏典(西)山下 大輔(洋)
外野手福本 豊(急)平野 謙(中)
簑田 浩二(急)松本 匡史(巨)
島田 誠(日)北村 照文(神)
1勝1敗1分
第1戦後楽園MVP福本 豊(急)4打数4安打1打点 4安打1四球2盗塁
第2戦西武MVP柏原 純一(日)5打数4安打1打点 一発を含む4安打
第3戦大阪MVP掛布 雅之(神)3打数2安打2打点 先制2ラン含む2安打
ファン投票結果
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝1敗
第1戦 6 - 0 8回に江夏を攻めて一気6点の猛攻
第2戦 3 - 2 代打大田が逆転の2点打、森が締める
第3戦 2 - 1 怪我の工藤が完投勝利、島田誠が勝ち越し打
第4戦 7 - 5 テリー逆転満塁弾を含む2発で西武がリーグ制覇
4勝2敗
第1戦序盤の集中打で小松をKO、東尾が好救援
第2戦またも序盤の大量点で快勝、小林も好救援
第3戦上川3ラン、9回スティーブの失策で決勝点
第4戦9回に谷沢が決勝弾、牛島がS
第5戦7回スティーブ決勝打、東尾が救援で2勝目
第6戦片平、テリーの連弾で勝ち越し西武が日本一
シリーズ個人成績(打・投)
MVP東尾 修(西)2勝1敗1S 救援で2勝1S、胴上げ投手
敢闘選手上川 誠二(中).286 1本 第3戦の3ランなど6打点
優秀選手大田 卓司(西)
スティーブ.O(西)
中尾 孝義(中)
.417 2本 両軍最多の10安打
.320 1本 第5戦の決勝打など7打点
.375 0本 チーム最多の9安打