1982 昭和57年 ←前年 翌年→

パ・リーグ順位表
試合 勝率 前期 後期
130 68 58 4 .540 11(1)14 14(1)11 12(1)13 15-11 16(1)9 1位 3位
130 67 52 11 .563 -2.5 14(1)11 17(2)7 10(5)11 15(1)10 11(2)13 4位 1位
130 63 57 10 .525 2.0 11(1)14 7(2)17 15(1)10 15(4)7 15(2)9 3位 2位
130 62 60 8 .508 4.0 13(1)12 11(5)10 10(1)15 11(1)14 17-9 2位 5位
130 54 69 7 .439 12.5 11-15 10(1)15 7(4)15 14(1)11 12(1)13 6位 4位
130 53 71 6 .427 14.0 9(1)16 13(2)11 9(2)15 9-17 13(1)12 5位 6位
セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 64 47 19 .577 11(5)10 14(2)10 9(6)11 17(4)5 13(2)11
130 66 50 14 .569 0.5 10(5)11 13(3)10 15(1)10 14(3)9 14(2)10
130 65 57 8 .533 4.5 10(2)14 10(3)13 14(1)11 15-11 16(2)8
130 59 58 13 .504 8.0 11(6)9 10(1)15 11(1)14 13(3)10 14(2)10
130 53 65 12 .449 14.5 5(4)17 9(3)14 11-15 10(3)13 18(2)6
130 45 75 10 .375 23.5 11(2)13 10(2)14 8(2)16 10(2)14 6(2)18
表彰選手
パ・リーグセ・リーグ
MVP落合 博満(ロ)中尾 孝義(中)
新人王大石 大二郎(近)津田 恒美(広)
首位打者落合 博満(ロ).325長崎 啓二(洋).351
本塁打王落合 博満(ロ)32本掛布 雅之(神)35本
打点王落合 博満(ロ)99点掛布 雅之(神)95点
勝利打点王落合 博満(ロ)13原 辰徳(巨)14
盗塁王福本 豊(急)54個松本 匡史(巨)61個
最高出塁率(数)落合 博満(ロ).431掛布 雅之(神)
田尾 安志(中)
232
最多勝工藤 幹夫(日)20勝北別府 学(広)20勝
最優秀防御率高橋 里志(日)1.84斉藤 明夫(洋)2.07
最高勝率工藤 幹夫(日).833
最優秀救援江夏 豊(日)37SP山本 和行(神)40SP
最優秀投手北別府 学(広)
沢村賞北別府 学(広)
ベストナインパ・リーグセ・リーグ
投手工藤 幹夫(日)北別府 学(広)
捕手中沢 伸二(急)中尾 孝義(中)
一塁手柏原 純一(日)谷沢 健一(中)
二塁手落合 博満(ロ)篠塚 利夫(巨)
三塁手スティーブ.O(西)掛布 雅之(神)
遊撃手石毛 宏典(西)宇野 勝(中)
外野手福本 豊(急)田尾 安志(中)
栗橋 茂(近)長崎 啓二(洋)
新井 宏昌(南)山本 浩二(広)
指名打者T.ソレイタ(日)
ダイヤモンドグラブ賞パ・リーグセ・リーグ
投手山田 久志(急)西本 聖(巨)
捕手大宮 龍男(日)中尾 孝義(中)
一塁手柏原 純一(日)中畑 清(巨)
二塁手大石 大二郎(近)篠塚 利夫(巨)
三塁手古屋 英夫(日)掛布 雅之(神)
遊撃手石毛 宏典(西)山下 大輔(洋)
外野手福本 豊(急)平野 謙(中)
簑田 浩二(急)松本 匡史(巨)
島田 誠(日)北村 照文(神)
1勝1敗1分
全パ 7-2 全セ後楽園MVP 福本 豊(急)4安打1四球2盗塁
全パ 5-5 全セ西武MVP 柏原 純一(日)一発を含む4安打
全パ 2-3 全セ大阪MVP 掛布 雅之(神)先制2ラン含む2安打
パ・リーグ プレーオフ(5試合制)
3勝1敗
西武 6-0 日本ハム8回に江夏を攻めて一気6点の猛攻
西武 3-2 日本ハム代打大田が逆転の2点打、森が締める
西武 1-2 日本ハム怪我の工藤が完投勝利、島田誠が勝ち越し打
西武 7-5 日本ハムテリー逆転満塁弾を含む2発で西武がリーグ制覇
4勝2敗
西武 7-3 中日序盤の集中打で小松をKO、東尾が好救援
西武 7-1 中日またも序盤の大量点で快勝、小林も好救援
西武 3-4 中日上川3ラン、9回スティーブの失策で決勝点
西武 3-5 中日9回に谷沢が決勝弾、牛島がS
西武 3-1 中日7回スティーブ決勝打、東尾が救援で2勝目
西武 9-4 中日片平、テリーの連弾で勝ち越し西武が日本一
MVP 東尾 修(西)
敢闘賞 上川 誠二(中)
優秀選手 大田 卓司(西)、スティーブ.O(西)、中尾 孝義(中)